FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

夜の兼六園5

2014.02.09 (Sun)


それは、ゆっくりと身体の中を伝い流れるような気がしました。
その感触を感じながら、諦めたように立ち上がった私に、
「上手なんだね、すごくよかったよ」
そう言うと、Tさんは嬉しそうに私を抱きしめたのです。
それって、私のこと、褒めているつもりなんでしょうね。
涙で霞んで見える、Tさんが言った言葉、私にはひどく辛く聞こえたのです。

10ede1c5-s.jpg

その時、聞きなれた主人の笑い声が聞こえました。
私は、はっと、いつもの妻の顔に戻り、
酔いも、性感も、見事に覚めきったのです。
私はTさんの胸を押して身体を離すと、慌てて身づくろいをして道に戻りました。
少し先の方を、葵さんと腕を組んで歩く主人が見えました。
たった今、暗がりで私の身に起こった、取り返しのつかない時間を、
主人、もちろん、知るはずもなかったのです。

imagesCA3IBN4H.jpg

Tさん、私の腕に自分の腕を絡めようとしましが、私はやっぱり嫌がりました。
なのにTさんたら、私の耳元で、
「いいだろう。僕のものが、順子の身体の中に……」
私、身体が震えました。
そして、彼の求めるがままに、腕を絡められるしかなかったのです。

c1631842-s.jpg

この夜の出来事、主人に話してないんですよ。
叱られるでしょうね。
自分以外の男の人の精液が、妻の身体の中にあるってことを知ったら。

Tさんのもの飲まされた新年会の夜。
そして、昨夜は、あきらさんから、私のこと抱きたいとの誘い。
新年早々、どうして、こうなっちゃうんでしょう。
今年一年、妻としての貞操を守る自信、なんだか、無くなってしまった私でした。

imagesCATQP1VW.jpg



 
関連記事
10:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。