FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

夜の兼六園4

2014.02.07 (Fri)


ほんの僅かに残っていた貞操の意識に、寸前で呼び戻されました。
私は柔らかな下草に膝を着くと、
目の前にある、怒ったようなTさんのものに唇を寄せたのです。
彼が、私と身体を繋ごうとする欲望を治めるためには、
その時の私には、こうするしか思いつきませんでした。
そして、ためらう余裕はありませんでした。
Tさんの腰を両手で寄せると、
彼のおっきなもの、ゆっくりとお口に含んだのでした。

81dce1c554719508086adeaa23ed7199-630x819.jpg

喉の奥にまで、それは入ってきました。
私が髪を揺らすまでもなく、彼の腰は、浅く深く、ゆっくりと前後に動き、
私のお口の中で、大きさと硬さを、さらに増したような気がしました。
ああ、すごいわ。こんなに、大きくなっちゃって。

imagesCAEPH5NX.jpg

月の内の数日、主人を迎えられない時は、
お口で満足してもらうことが、私たち夫婦のお約束になっていて、
主人にも、とっても上手だって喜んでもらっています。
女の人が一生懸命に舌と唇と指を使えば、
男の人が気持ちよくなってくれることを知っている私は、
とにかく、早くTさんにそれを出しきってもらって、
私の身体への欲望を、鎮めてもらいたかったのでした。

お口を犯されながら、
その行為は、本当にTさんのものを、
秘唇に受け入れたのと同じような心持がしました。
その証拠に、秘唇からは、それまで以上に、溢れるほどの蜜液が滴っていたのです。

無題2


「全部、飲んで」
むせるほどに私の口の奥まで自分のものを差し入れると、
そう、Tさんは慌てた掠れた声で呟きました。
その時になって、お口に出された後の彼の液を、どうすればいいのかと狼狽えました。
けれど、その答えを見つけだす前に、
私の舌と唇と指の動きに応えて、
とうとう、彼の唸りと同時に射精が始まったのです。

それは、驚く程の量でした。
喉の奥に、最初の塊がはじき出された後も、二度、三度と、
むせる私を無視するかのように、何度も、何度も射精は続きました。
お口の中を、精液が満たしたとき、
もちろん、そのまま、吐き出そうとも思いましたが、
けれど、やっぱり、この場所ではできませんでした。
私は、仕方なく、その粘り気の強い彼の液を、
飲み下すことしかできなかったのです。



関連記事
21:03  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |