FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

夜の兼六園2

2014.02.04 (Tue)


Tさん私のコートの重ねから、手を差し入れると、セーターの下から、
冷たい手を差し入れたのです。

2008_0212LL0070.jpg

「だめよ、こんなこところで、お願い、許して」って言ったのに、
さっきのお家での興奮、まだ、鎮まっていなかったのかなぁ。
下着の隙間から差し込まれた左手で、乳房を覆いながら、
タイツの中にちょっと強引に右手を潜り込ませたのです。
流石に、慌てましたが、Tさんの興奮治まりそうもありません、
膝を上手に使って、私の足を少し開かせると、
あっと言う間に、彼の指先は、
私の薄い体毛を分けて、秘唇まで届いていたのです。
「だめ、かんにん」って、
息を荒らくしてるTさんにそう言ったのに、
もう、彼の二本の指は、私の秘唇を分けようとしていたのでした。
恥ずかしいけど、お家でいたずらされていたし、
ここに着いてからも、ずっと、身体を寄せ合っていたせいでしょうか、
きっと彼にもわかるくらいに、蜜液が滲んでいました。
彼の指先が、秘唇を開こうとする前から、
もう、その指を歓迎するように潤っていたことは、嘘ではありません。
それでも、そのことを知られたくなくて、
彼の手を握って、拒もうとしました。
けれど、その二本の指の先が、僅かに私の中に滑り込んだ瞬間、
小さく仰け反った私は、諦めたように、彼の肩に顔を埋めるしかなかったのでした。

i_20130724171729.jpg

二本の指が秘唇を少しずつ開いて、
そして、別の指が熱く濡れた私の中にゆっくりと入ってきました。
それだけで、私は短い声を漏らしながら、はっきりと感じて始めていたのです。
太い指が、私の一番恥ずかしい身体の奥を進み、
蜜液の中を、戻り、そして、もう一度進み、
そんな動きを続けながら、さらに、別の指が柔芽を擦りだしたと感じたとき、
もう、今彼が望むようにするしかないのかなぁって、
熱く燃え上がった頭の中で、思い始めていたのでした。

通いなれたこの素晴らしい公園の、その暗がりで、
近くに、大好きな主人もいるというのに、
人妻であるはずの私には、
昔からの友人とは言え、その人の太い指を秘唇に挿し入れられて、
声を殺しながら喘いでいる自分の姿が、信じられませんでした。

imagesCAEPH5NX.jpg

けれど、そんな恥ずかしいことをされているというのに、
女である私の身体は正直に反応し、燃え上がり、
Tさんの思うがままに、そして、その指の誘いのままに、
「だめぇ、いっちゃう」と、Tさんに告げると、
怖いほどの快感に大きな声を出しそうになった私は、
唇に指を当てながら、驚くほどあっという間に、鋭く強い頂点に登り詰めたのでした。
パパ ごめんなさい いかされちゃったわ。Tさん、上手なんだもん。

無題21


関連記事
21:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |