FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

初めての人2

2014.02.25 (Tue)

その後のことは、よく、覚えていません。
後で、友達に聞いたところ、特に心配な様子ではなかったみたいなんですが、
私自身は、先輩の部屋のベッドの上まで、記憶飛んでるんです。

parkaxis-utsubokouen14.jpg

端正な顔立ちの先輩、
さっき、乾杯の音頭をとった、系列大学の部長さんです。
その唇が、私の胸元にあって、そして、乳首を吸ってるんだから。
私は、声も出せませんでした。
18歳になって暫くしか経たない張りのある乳房。
薄い桜色の乳首は、自分が鏡で見ても、美しい色でした。
その乳首を熱心に吸ってた先輩、
与えられる快感のあまりの気持ちの良さに、見事に反応していた自分の身体にも、
私自信、ひどく驚いていたのは、当たり前ですよね。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

「初めてなんです」
抱きしめられながら、やっとの掠れた声が、私の精一杯の言葉でした。
「わかってるよ」
と、優しくそう言ってくれると、先輩の広い男の人の身体が、被さってきて、
その逞しい腰が私の両太ももを、ゆっくりと開き始めたんです。

5366.jpg

当然、身体を裂くような、するどい痛みがありました。
けれど、春先に花々たちが、
蕾を柔らかくして、ゆっくりとその花びらを開くように、
私自身の身体も、男の人を受け入れる時を待ってた、
そんな、季節だったんでしょうね。
溢れるほどに潤った私の身体は、思っていたよりすんなりと、
先輩のもの、迎え入れることができたんです。
そして、痛みに耐えながら、しっかりと目を閉じた私に、
身体の中にこんなにも奥深いところがあること、
先輩のものがしっかりと教えてくれたんです。

ゆるやかな動きではありましたが、
それまで経験したことのない快感が、私を包んだんですよ。
自分でも驚くような艶っぽい喘ぎ声を、生まれて始めて漏らしながら、
教えられてもいないのに、白い両足で彼の腰を引き寄せてました。

97e7023bfc8c3eaedd717125a68bdf28-630x472.jpg

暫くは、そんな私の姿と身体を楽しんでた先輩でしたが、
その動きもだんだん早くなり、
そして、唸るような声を上げると、
私を抱きしめながら、腰を強く押し付けてきたんです。

自分の身体の中にあった彼のものが、それまで以上に大きく太く膨らみ、
二度三度、それまで以上の突き上げを、身体の奥に感じると、
息が詰まるほど、強く抱きしめられました。

やがて、二人の息遣いが穏やかになると、
「かわいい顔してるのに、おっきなおっぱいなんだね。」
って、優しく胸を揉みながら、言ってくれたんです。
自分の身体を、男の人が喜んでくれたこと、
女として、とても、嬉しかったの覚えています。

594.jpg


関連記事
21:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
PREV  | HOME |  NEXT