FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

新年会の夜3

2014.01.29 (Wed)


桐子さんのこと、心配をしている余裕ありませんでした。
だって、セーターの中で、Tさんの手、私の乳房をゆっくりと楽しみ始めていたのです。
それに、その動きに反応して、硬くとがり始めた乳首が、
全身に甘い快感を送り込んできたのですから。

248ff508e4e09538bdd415f3a3561c26-630x804.jpg

主人から見られちゃうって心配して、虚ろになりかけた目をあげると、
やだ、葵さんを腰に乗せ、向かい合って抱き合っているのです。
それに、後ろ姿からも、彼女のブラウスの前ボタンが、外されていることが分かりました。
パパったら、葵さんの胸に顔を埋めていたんですよ。

e2410159db7e53e459de91ec6e34e42c-630x821.jpg

二本の指に乳首を挟まれ、私は小さな声を上げていました。
気持ちとは裏腹に、男の人を迎える準備のため、
身体の奥から、蜜液がにじみ始めようとしていることが感じられたその時、
Tさん私の両手を万歳させ、上手にセーターを脱がせたのです。

無題2

ブラを外されていた胸を、両手で隠す時間を与えてはくれませんでした。
あっと、言う間もなく、Tさんの唇に硬くなった乳首を吸われてしまったのです。
「だめぇ、それって、パパだけのものよ」

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

弱い力ですが、Tさんの顔を胸から、離そうとしてみましが、
そうしながら、思わず私、甘い声を出していました。
だって、Tさん、舌を使い、唇を使い、充分に私の乳首を楽しみ始めていたんですよ。
どうして、乳首ってこんなに、素敵に感じるんでしょうね。
それに、乳首と子宮って、繋がっているみたいで、
僅かの間に、身体の奥から、Tさんの舌先に誘われたような新しい蜜液が、
じんわりと湧き出したような気がしたのです。


関連記事
20:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。