FC2ブログ

新年会の夜2

2014.01.27 (Mon)

「ああ、なんだかいい気持ち」って、
桐子さんさっき飲んだ日本酒が、効いたみたいだわ。
Sさんにしなだれかかって、甘え始めました。

私はうつむいて、
スパークリングワインの注がれていたグラスに唇をつけたのですが、
なんだか、落ち着かない気分。
変な雰囲気にならなければいいけどって、心配していたんです。
それでなくても、危なっかしい桐子さんのブラ、
Sさん、とうとうブラの横から手のひらを滑り込ませたのでした。
桐子さん、目を閉じ可愛らしい口を小さく開けて、気持ちよさそうな表情。
やだぁ、旦那さまのTさんがいるのに、いいの?

cae834a60627d94a32037ef3fdcdd358.jpg

その様子を見ていたTさん、苦笑しながら、
「我々も、少しくらいいいよね」って、主人に目配せするのです。
主人たら、それどころではなかったみたい、
だって、Sさんの奥様である葵さんのセーター、
脱がせようとしていたんですもの。
それを見ていたTさん、安心したように私の髪に唇を寄せて、
私の肩を抱き寄せたのです。
「順子も脱いで」、そう、言いいながら、
私の返事を聞くこともなく、カーディガンのボタンを外したのです。

imagesCAEHB4C9.jpg

年末の別荘のジャグジーのお湯の中で、
お互いの性器を触れ合わせて、
危なく他人でなくなろうとしたTさん、
ちょっと、油断もあったのでしょうね。
薄いセーターだったので、胸が強調されて恥ずかしいです。

20111216_1.jpg

けど、そんな胸を、Tさん、嬉しいそうに見ると、
改めて、私の肩を抱き寄せ、セーターの下から手を滑り込ませたのです。
「駄目だったら、困るわ」
でも、その手、セーターの中で、上手にホックを外し、
ブラの隙間から、直接私の乳房に、手のひらを被せてきたのでした。

私、主人を見る勇気はありませんでした。
なのに、主人たら、テーブルの上にあったリモコンを使って、
部屋の明かりを、暗くしたのです。

それと同時に、桐子さんの口から、甘い声が聞こえました。
私が目を閉じている間に、Sさん、彼女の胸に、顔を寄せていたんですね。
やだ、乳首吸われているのかしら。

594643adfbc482e7aee3edb63c48235d-630x840.jpg


関連記事
20:56  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |