FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

演奏会の夜3

2014.01.21 (Tue)


間違いなくワインの酔いではないものから、
熱く霞がかかったような意識に誘われていました。
お互いが交換した唾液のため、
しとどに濡れた唇を、やっと彼が解放してくれると、
私はうっすらと開いたその隙間から、
熱い掠れたような喘ぎ声を漏らしたのです。

全身から力が抜けるような気がして、
彼にもたれ掛るしか仕方ありませんでした。
彼は、そんな私を抱きしめると、
耳元に唇と寄せ、熱い息の中で呟いたのです。
「待っていたんだ、この時間を」

今、改めて、お互いの唾液を啜りながら、
そして、お互いの理性を溶かし合っていったのです。
もう随分と昔の恋人なのに、
彼の匂いも、唇の形も、背中の広さも、
永い時間を超えて、瞬時に私に思い出させたのでした。
「私がいけなかったの、あなたのこと待てなかったから」

私の身体から、身に着けるものすべてが、脱がされ、
懐かしい彼のものが、
少しずつ、身体の奥にまで入り込んでくる間、
私たちは何も言わないのに、お互いの目から視線を逸らしませんでした。
今、身体を繋げている相手が誰なのかを、
しっかりと、わかっていたかったのだと思います。

97e7023bfc8c3eaedd717125a68bdf28-630x472.jpg

申し訳のないことをした気持ちが、私にはあったのでしょうね、
彼が私に望むことを、拒むことなくすべて受け入れました。
後ろから身体を合わせ、
彼のなすがままに両胸を揉まれ続けながら愛されました。

819b70e9-s.jpg

誘われるがままに彼の逞しい腰に跨って、
下から強く突かれ続けながら愛されました。

無題6

そして、最後にはとうとう、彼の名前を叫びながら、
彼のおびただしい量の温かい精液を、
躊躇することなく身体の一番奥に、そのまま迎え入れたのです。
大丈夫な日ではなかったというのに。

後悔はありませんでした。
そして、主人が画策したことだからと、言い訳はしません。
大好きだった彼への僅かな償いが、今夜できたと思えたのです。
引き止める彼の腕からやっと抜け出すと、
私は裸のまま、窓際に佇みました。
さっき、食事をしていたときと同じ、見事な街の灯りが見えましたが、
今しがた、彼が私の奥に注いだ温かな男の人のしるしが、
秘唇から、僅かに滴り伝い始めてもいました。
後戻りのできない夜だったことは間違いありません。
人妻として、取り返しのできない時間だったことも間違いありません。
けれど、それは彼のせいではありませんでした。
償いをしなければならなかったと思っていた、私の過ちだったと思えたのです。
そう、今夜の自分を、納得させるしかなかったのです。

ishikawa02.jpg

エレベーターのドアが開くと、
ホテルの一階にあるロビーの眩い明るさが私を迎えました。
誘われた部屋での、彼との逢瀬は、
ロビーに降りるまでの、ほんの僅かな時間に、
私が垣間見た夢だったのでしょう。

2014010616541139.jpg

「ごめんなさい。今夜、あなたに抱かれるわけにいかないわ」
部屋で待っているだろう彼への電話での沈黙が、私のこころを痛めました。
「別の夜に、きっと、順子のことを」
そんな返事に、私はひとりで髪を揺らして、そっと、目を閉じたのです。

タクシーのドアがゆっくりと閉まると、
私にとって、思いがけない時間になった夜が、
やっと、少しずつ幕を下ろし始めたのでした。


関連記事
20:52  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。