FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

演奏会の夜

2014.01.19 (Sun)

おとといの夜。
寝室のベッドの上で、
パパと二人でごろごろテレビを見ていました。
BS-TBSのクルーズ旅行の番組です。
いいですよね、あんな素敵な豪華客船で旅行できるなんて、
パパ、いつか連れて行ってね、
楽しみにしてるわ。

TBSE6A5B5E4B88AE381AEE382AFE383ABE383BCE382BAE7B480E8A18C2385_w3.jpg

突然耳元で、「ピアノの発表会があるんだ」って、
えぇ! パパとピアノの発表会?
それも、私が昔出場していたピアノコンテストの入賞者だけでの演奏会。
まあ、行きたいわ、当時習っていた先生が、
今も審査員をされていることは聞いていたから、是非お会いしたいし。
主人も小さい頃ピアノ習っていたから、
今でもたまに、家で、ピアノ弾くんですよ。
それも、ショパンを。ふふ。
でも、娘たち、そんな主人の演奏、すごく、喜んで聞くんです、
自分たちのほうが、遥かに上手だって言うのに。
去年の暮れ、ノクターン、主人が弾いたとき、
娘たち、本当に、真面目に聞いていました。
おかしいですけどね。
演奏会、まあ、いいかなぁ。主人には少し退屈かもしれないけど、
二人で仲良く座って、生徒さんたちの一生懸命な演奏聞くの、
楽しいかもしれないわ。

nok_1.gif

週末の夕刻、久しぶりの音楽会会場での待ち合わせ。
「綺麗にしておいでよ」って、主人から言われ、
頑張って着飾ってきました。
こんな装いです。ちょっと、カジュアルっぽいかなぁ。
でも、ある意味微妙な年頃なので、若作りしました。
ふふ。

s-DFL104144128.jpg

それに、演奏会後の、ラブラブを期待して、
セクシーな下着を選びました。
こんな下着、ちょっと、恥ずかしいけど。

2726947_1.jpg

けれど、約束していた音楽堂コンサートホールのカフェで、
私の席の前に座ったのは、
なぜ! どうして! あきらさんなのかしら。

b4febbd1.jpg

「先輩から、先日の診察のお礼にって言われたんだけど、
あれ、先輩は来ないの」
その時になって、主人からのメールに気づきました。

「抱かれておいで、食事も予約してあるから」
私、きっと青ざめたと思います。

思ってもいなかった成り行きに、身体と言葉が震えました。
あの診察の日から、彼のこと、
もう、思い出さないようにって努めてきたのに、
その人が、目の前に座っている。
それも、主人の計らいで。

そんな私の心情を、察したのかどうかわからないけど、
あきらさん、目の前の紅茶を飲み干すと、
自然な振る舞いで、私を会場に誘ったのです。

imagesCAHLCE1C.jpg

当時、二人が習っていた先生に、ご挨拶に行きました。
もう、随分と経つのに、先生変わりなくお綺麗。
「まあ、嬉しいわ。私の生徒さんの中で、一番出来の良かった二人だったから、
 でも、なんだか、二人、お似合いね」って、
残念ながら、今は、聞きたくないようなお話。

imagesCAO0A3YS.jpg

生徒さんたちの演奏は、たいへん良かったですよ。
ピアノの他にも、各部門で優秀な成績を修められた立派な演奏を、
十二分に楽しむことができました。
けど、ちょっと、困ったのは、
演奏が始まると同時に、肘掛けに置かれた私の手、
彼の、白い掌が包んだことでした。
薄暗い会場ではありましたが、誰かに見られたら、たいへん。
それでなくても、よく知っている人たちが、たくさんいるのに。
でも、とうとう最後まで、
なぜだか私、その手を払うことはできませんでした。
温かい彼に、演奏会の最後まで私は包まれていたんです。

imagesCA1V8QR3.jpg



関連記事
15:21  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。