FC2ブログ

午後の浴室2

2014.01.18 (Sat)


ベッドルームに行って、もう一度、
主人の大っきなもの、お口に含んであげました。
髪を揺らし舌を使うたびに、
私自身が愛撫されているように、秘唇が濡れてくるのが分かります。

bf801a14-s.jpg

我慢できなくなったのは、主人も一緒だったようです。
寝室のベッドに私を優しく横にすると、
自分の腰で私の太股を大きく押し広げました。
二人ともお互いの身体を繋げる準備は、上手に出来ていたのですね。
「あきらのものだと思って、感じてごらん」
そう言うと、自分の硬くなったものの先で、
私の濡れた秘唇を、ゆっくりと押し開き始めました。
「彼のことは、もう、言わないで」って、
私は仰け反りながらそう言って、髪を揺らしましたが、
広い背中にかじりついて瞼を閉じると、
パパが誘ったように、彼のことがだんだん蘇ってきたのでした。

0454ceb6.jpg

昔、数え切れないくらい、私の身体の中に入ってきた彼のもの、
当時、お互いが最も喜ぶ部分を、お互いが見事に知っていました。
どのように動けば、どのように受け入れれば、
お互いが、深く、早く、何度も、
喜びに達することが出来るかを知っていました。
彼とのそんな時間を思い出そうとしたその途端に、
今 身体の奥まで届いた男の人のものは、
間違いなく彼のものであるように感じたのです。

彼に突かれながら、胸を反らせながら、喜びの声を上げていました。
「彼に抱かれて、そんな可愛い声を聞かせてたのかい」
いやって、言うつもりだったのに、
口から漏れたのは、同じような恥ずかしい声だったのです。

「あきらの名前をいいながら、良くなってごらん」
そう、いわれるまでもなく、
彼に抱かれながら、思わずあきらさんの名前を呼びながら、
喜びに至ることを、告げる声を聞かせていました。
それは、恥ずかしいけど、叫び声と言ってもよいもので、
目の前が、真っ白になるほどの、強い喜びだったのです。
ごめんなさい、その時、パパのことは、こころにありませんでした。
その時だけは、主人ではないあきらさんのもので、
激しく、登り詰めていったのです。

1879-11s.jpg

きっとその時、ひどく私の身体は締まったのでしょう、
慌てるようにして抜かれた男の人のものは、
その先から、おびただしい精液を、
私の乳房に向けて、噴出しはじめたのでした。
それは、強い匂いを放ちながら、驚くような量でもあったのです。

20120828_p010.jpg

「いいんだよ、順子が選んだ人に、抱かれるんだったら」
荒い息の中で瞳を閉じている私に、主人はそう言うと、
今しがた私の乳房に撒いた温かい精液を掬うと、何回も乳首に擦り付けたのでした。

最近は、そんなことばっかり言って、私を困らせる主人。
でも、そう言って、一番元気になってくれるのはパパなんだから、
お薬の代わりに、時々、心配なブログ、書くことにしましょうね。


関連記事
13:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |