FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

睦月 二日

2014.01.02 (Thu)


薄墨色の生暖かい空気の中に、
自分の裸の身体が包まれていることが分かりました。
その身体を、間違いなく主人ではない男の人に、
息が止まるほど強く、抱きしめられていました。
そして、既に、男の人のものは、
抵抗することを許すことなく私の奥に届いていました。
それは、太く、長く、張り裂けるようにして、私のものを満たしていたのです。
間違いなく、主人ひとりのものであったはずの私の身体は、
今その緩やかな動きの中で、男の人にしっかりと蹂躙されていたのでした。

263-3.jpg

身体だけではありませんでした。
男の人の逞しい腰を、両手で懸命に自分のものに抱き寄せていた私は、
早く、沢山、出してもらえるように、激しく腰を擦り付けていたのです。
驚いたことに、
こころさえ、その動きの中で、移ろい始めていることを感じていました。
「早く、ください。私の奥に、たくさん」
そう言うと、
主人との営みの中では、
経験のないような強い高まりの中に、登り詰めていったのです。

穏やかな息遣いが、聞こえています。
私は、お正月二日目の朝を、
いつもと同じように、主人の腕の中で目を覚ましたのでした。
だけど、どうして?
大好きな主人の腕の中に眠りながら、
他の男の人に抱かれ、狂おしく登り詰める夢を見たのでしょうか。
恥ずかしいけど、身体はしっとりと濡れていました。
それって、主人のため、それとも、夢の中の男性のため。

imagesCAMKIF97.jpg

一 富士  二 鷹  三 茄子
初夢、皆さんはどんな夢だったのでしょうね。


関連記事
20:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。