FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

別荘での忘年会8

2013.12.29 (Sun)

けれど、Tさんは自分の奥様である桐子の手をとると、
ふらつく彼女を抱きかかえるようにして、
「素敵な夜の最後は、大切な奥様で」と、
隣の和室に入って行ったのでした。

ph_plan_hachimantai01.jpg

二人の部屋に戻った私たち、
その途端、私の身に着けていたものすべてを大事に脱がせてくれた主人、
私をベッドに座らせると、自分のものを突き出しました。
愛しなれたものを、お口に含みながら、伸ばした手で両方の乳房を揉まれ、
なぜだか、涙が流れていたのです。
Tさんのものを、受け入れるという過ちを犯そうとしましたが、
幸いなことに、そのことを後悔することにはなりませんでした。
私は、今まで通りの貞操な妻として、
主人だけのためにおびただしい愛液を流しながら、
懸命に髪を揺らしていたのです。

bf801a14-s.jpg

大好きな主人に抱かれながら、
別荘最後の幸せな夜は更けて行くのでした。

冬の別荘での忘年会、今日は最終日。
皆、早起きして、女性はお部屋の中の後片付け。
男性は別荘の建物の周辺点検と補修。
お掃除が終わったところで、女性三人は最後のお風呂。

buner1-4.jpg

透き通るような二人の綺麗な裸体を、ほれぼれと眺めていたら、
逆に私の身体を見ていた葵が、
「あら、順子。右のおっぱいのそれって、キスマークじゃないの」
えっ、やだ、本当だわ、乳首のすぐ上に、薄っすらと。
けれど、確かに、ごまかせないような薄桃色の唇の跡。
男の人って、相手をした女の人を抱いた証として、
皆、こうやってキスマーク付けるのでしょうか。
「それって、Tさんにつけられたの」って、
誰に付けられたのかしら、主人? それとも、Tさんかしら、
どっちにしても、
何人もの男性に乳首吸われてたってこと、言い訳できないですよね。

imagesCAZO7RS3.jpg

いろいろなことがあった、今回の忘年会。
取り返しのつかないことにならないでよかったと、
すぐには消えてはくれないだろうキスマークを、
そっと、指先でなぞりながらそう思っていたのでした。

能登の別荘。
また、皆で遊びに来る時を、楽しみにしています。

yikituri2.jpg



関連記事
23:06  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |