FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

別荘での忘年会6

2013.12.27 (Fri)


imagesCAN9DL4G.jpg

その時、脱衣場の方で、女性たちの声が聞こえました。
その声に、目を覚ましたように気を取り戻した私は、
それまで、自分の乳房を楽しんでいたTさんの両手を慌てて振り払うと、
身体を離し、立ち上がったのです。
幸いなことに、間一髪で、
私は、Tさんのものになることから、逃げ果せました。
そして、バスタオルを身体に巻いて入ってきた桐子や葵たちと、
入れ替わるようにして、浴室から出て行ったのです。

部屋に戻ると、主人が横になっていました。
「抱かれたのか」
私はぶつけるように、主人の隣に身体を横たえました。
「パパがあんなことするから、ばかぁ」
きっと、泣きじゃくっていたと、思います。
泣きながら、主人の部屋着を脱がせると、
先程以上にそそり立ったものに、慌てるようにして跨っていったのです。
早く、欲しくて、欲しくて、堪りませんでした。
早く、主人のものを、いつもにように、自分の身体に迎え入れることが、
過ちを犯そうとした自分を、許してもらえる一番のことのように思えたのです。

20130618a13.jpg

「出されたのか」
主人も興奮していたのでしょう。下から私のこと強く突き上げてきました。
「だって、あんなこと言うから」
その瞬間、私の身体の奥で、大きく膨らんだものの先から、
大切な液が噴出すのが分かるような気がしました。
「ごめんなさい、嫌いにならないでね」
主人に息が詰まるかのように抱きしめられながら、
私は、仰け反りながら、迸る温かい液体を、身体の奥に迎えたのでした。

思い切ってたくさん出して、主人も満足な様子でした。
私も、息遣いが、やっと治まっていました。
ほら、主人にとって、私が誰かに抱かれたと思ってくれることが、
それまで以上に私のこと、強く愛してくれる、薬なんですよね。

1873-12s.jpg


関連記事
20:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。