FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

同窓会でのピンチ2

2013.12.14 (Sat)

数年ぶりにの友人にも会えて、私たちのテーブルは盛況でした。
日頃の生活での不満を皆で笑いながら暴露し、大いに発散できて楽しかったです。
「ここの皆は、昔と同じように元気で、そして、昔と同じように綺麗だね」
と、そんな私たちに、声を掛けてこられたのは、
そう、あの、M先生だったのでした。

b0188121_20591911.jpg

「桃色の日記」の始めの方で書いたことがある、
大学時代の数年間、私の恋人だった先生です。
毎年、同窓会でお会いしていますが、
学生時代と同じように、
周りの皆に気付かれることのない、何でもない素振りで過ごしています。
主人には、先生とのことお話してあるから、大丈夫なんですよ。

image2.jpg

珍しく私の隣の席に座られたM先生、
「久しぶりだね、ママになったんだって」
私が微笑みながら、うなづくと、
「赤ちゃんを産んで、ますます、綺麗になったね」って、

胸にこみ上げるものを隠すのが、精一杯でした。
あなたの子どもを産みたいって、あの頃、困らせたことがありましたね。
まだ、学生で子どもだった私に、
男と女の、本当の恋を教えてくれたのは、あなただったから。

一次会が終わった後、珍しく二次会。
主人に遅くなるって電話したら、
「ママのこと思い出したら、また、大きくなって、今、さすってるんだ」
ばかぁ、我慢して待っててねって、笑いながら約束しました。

お酒は強いほうでも、弱いほうでもありません。
でも、二次会まで来られたM先生の隣の席に、偶然座らされて、
やっぱり飲みすぎて酔っていたのは、自分でもわかっていました。
周りの皆に、
昔の授業のことや、最近訪れた旅行先のことなどを話されていた先生も、
いつになく陽気に、楽しいひと時を過ごされていたご様子でした。

imagesCA6JYKQ2.jpg

二次会も終わり、ロビーまで下りて皆と別れた後、
一人でタクシー乗り場に向かっていたとき、
これも偶然に、先生とお会いしました。
「夜景でも見に行くかい」
そう、声を掛けていただいて、
やっぱり、お断りすることはできませんでした。

最上階にあるラウンジに向かわれるのかしらと、
エレベーターにご一緒しましたが、
ドアの開いた階は、更に上のホテルの屋上でした。
ちょっと殺風景な場所ではありましたが、
夜景の見えるところまで回りこむと、そこは、二人だけの場所だったのです。

s_00d32.jpg

「申し訳ないね、こんなところで。でも、ほら、ちょっといいところだろう」
って、言われた先生の視線の先には、
お化粧をしたようにライトの灯る、都の見事な街並みを見ることができたのでした。

肩を抱き寄せられて、先生の唇を近くに感じたことに、
私はあらがうことをしませんでした。
今のこの時が、昔と今を僅かに繋げる貴重な時に思われたからです。

先生の手が、ブラウスのボタンを外し、
昔愛し慣れた、私の乳房を這い回り、そして、下着を脱がそうとしたときも、
むしろ、私は、先生の手の動きのお手伝いをしていました。
裸の腰に先生の両手があてがわれると、
私は、目の前の手すりを両手で握り締め、
あの、街並みのどこかで、主人が待っているというのに、
観念したように瞼を閉じたのです。

二人の性器の位置が、合ったような気がしました。
先生のなつかしいものが、
今すぐにでも、私の身体の奥に入り込んでくると思ったそのとき、
先生は急にうなる様な声を出して身体を押し付けてくると、
裸のお尻の上に、暖かいものを降り注ぎ出したのでしたのでした。

imagesCAGEVQZA.jpg

驚くような量の液が、私の身体を伝え流れるのがわかりました。
なぜ、先生が男として、私の身体を貫かなかったのかわかりません。
けれど、経験の深い先生が、興奮のためそうなったとは思えませんでした。

kamonyouko_av_img_1.jpg

とにかく、私が、今夜は貞操を守ることのできた妻として、
愛する主人の元に、無事に帰ることができるのは、間違いのないことだったのです。

都をうっすらと照らす月夜を、
私は後ろから抱きしめられながら、涙ぐんだ目で眺めていたのでした。

imagesCAA0X71H.jpg



関連記事
19:06  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。