FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お外で、えっち!4

2013.12.06 (Fri)

imagesCA3ON7QL.jpg

私の喘ぎが少し治まったところで、
主人私の中から、自分のものをゆっくりと引き抜くと、
私の身体をフロントガラスの方に向かせ、
再び、その大きなものを押し入れました。
後ろから両胸を揉まれ、肩口に歯を当てられ、
時折繋がっているところに指を使われました。

「いやん」。
日ごろは、殆どない体位でした。
私は両手を前のシートに乗せてましたが、
主人たら、繋がったまま腰を前にせり出してきたのです。

主人のおっきなものが、
私の濡れたものを押し開き、深く挿し込まれ、
そして、上下している様子が、
きっと見えるだろうと慌てましたが、
喜びの声を上げていたも正直な私でした。

人に見られたら、これ以上恥ずかしい姿はないわ。
けれど、ちょっと異常な興奮と強い主人の動きに、
二度目の高まりが迫ってきたのです。

imagesCAHAH2BH.jpg

「見られてるよ」
はっとして、顔を上げると、
助手席のガラス窓の外から、先程のお二人。
繋がっている私たちの営みを、覗き見ていたのです。

顔を背けたのが、私が出来る僅かな抵抗でした。
けれど、揉まれ続けている乳房も、
主人のものを受け入れている濡れた秘唇も、
全て、お二人はご覧になっていたんですね。

見られている。
二人とも、そのことが、引き金になったのでしょう。
主人のものが、私の中でそれまで以上に大きく膨らみ、
それに応えるように、
私も待っていた二度目のアクメに登り詰めたのでした。

imagesCA6D0N11.jpg


主人の大切な温かい液体を身体の奥に注がれ、
喜びは、長く強く私の身体を包みました。

私の喘ぎ声が治まり、
役目を終えたものが、私の身体から抜け出た後、
今しがた身体に受けた液体が、
ツウーッと滴り落ちていることが分かりました。
うっすらと開いた秘唇までも、見られているのかしら、
そう思って恐る恐る目を開いてみると、
さっきのお二人の姿は、もう、そこにはありませんでした。

「ばかぁ」って、
拗ねたように身体を背中越しに向けると、
主人の唇をねだりました。
恥ずかしくて、恥ずかしくて、
そうするしか思いつかなかったのです。

営みを終えて、見繕えの途中。
主人の温かいものが、身体の奥にまだいっぱい。
秘唇から流れ出ないように、テッシュを当てています。

aa9d8189.jpg

これが、私が主人との営みを、人に見せた最初です。
お外でえっち。
この夜を境にして、
私たち二人にとって、
それほど、珍しいことではなくなったのでした。


関連記事
12:42  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。