FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

初めての混浴3

2013.11.07 (Thu)

「初めての混浴2」をUPしてから初めての週末の朝は、
旅行先のダブルベッドの上で迎えました。

imagesCACB7W3O.jpg

「混浴の夜の話、読んだよ。」
主人は私の手とると、自分のものに誘いました。
優しく触れると、動かすまでもなく大きくなっています。
ふふ、幸せな気分。

「まさか、彼と混浴風呂に行ったんじゃないんだよね。」
私は少しだけ、髪を横に揺らしました。
「混浴のお風呂が混んでたからって、彼、家族風呂を予約してくれてたの。」
そう言うと、主人のもの急に固く熱くなったみたい。

imagesCA6O7OFE.jpg

「二人だけで?。」
「壁一面の硝子から日本庭園が見える、素敵な檜風呂だったわ。」
それまでよりも、強い力で後ろから抱きしめられ、
荒い息遣いが耳元に聞こえてきました。

「バスタオルは?。」
「湯船に入るまでは巻いてたけど・・・。」
「それから。」
「ごめんなさい。抱き寄せられてキスされた時、脱がされちゃったの。」

手の中で、主人のものが跳ねたように動き、
私の濡れた秘唇にその硬くなったものを、
慌てるように当てがってきました。

「入れられたのか。」
主人のいつになく太いものが秘唇の入口を通り抜け、
奥まで乱暴に届いたことで仰け反った私は

「だって。」
掠れた声で、そう、言うしかありませんでした。
激しい腰の動きに突かれて、
驚く程早く頂きが見えてきました。

「まさか、中に。」
「大丈夫な日だったから、たくさん。」
私の言葉が終わらないうちに唸り声をあげた主人のものは、
膨れ上がってたいせつな液を噴出し始めました。

「あなたがいけないのよ。混浴に行こうなんて言うから。」
主人の温かいものを身体の奥に注ぎ込まれながら、
私も同時に、激しい麻痺に襲われたのです。

窓の外の潮騒が、聞こえているように思えました。

喘ぎが静まりました。
「ばかぁ、パパ、本気にしたの、全部嘘に決まってるじゃない。
 私の身体はあなただけのもの。他の男の人には、バージンよ。」

まだ、私の身体の奥にある主人のものが、
また、大きくなった気がしました。

あの夜のことは、これからも、私だけの ひ・み・つ になりそうです。 

関連記事
14:37  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。