FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「桃色の日記」 6月21日 初体験

2009.06.21 (Sun)

今日は忘れられないあの人の誕生日です。
彼も もう40歳になるのね。

女の人なら きっと皆そうだと思うけど、
初めて抱かれた男の人って、やっぱり忘れられないですよね。
私の初体験は18歳の春。
高校は私立の女子校に通った私、
随分とオクテで垢抜けない女子学生だったと思います。
そんな私を上手に女にしてくれたのは、
サークルの素敵なT先輩でした。
痛かったことは確かだけれど、
それより、朝が明けるまで抱きしめられ、
何度も私の身体を彼が喜んでくれたことで、
女として、
すごく満ち足りた気持ちになれたことを覚えています。

T先輩が大学を卒業するまでの間、
彼の部屋で抱かれることが当たり前になっていました。
初めは無理やり飲まされていた精液の味も、
女の自分が、どんな風に自分の身体を使えば男の人が喜ぶのかも、
恋人たちの繋がっている時間の過ごし方全てを、
彼に教えてもらったような気がしていました。
けれど、彼女と別れたばかりだった先輩にとって、
私の裸体は、取りあえずそれを満たすだけの代わりだったのかもしれません。

年が明けてからの送別会も、
そして、卒業式の日も、もう逢いには行きませんでした。
不思議に潮が引いていくように、
自然に心の中で、彼との別れができていたからです。

それから 一年半の間、
私は勉強とサークル活動に勤しむ真面目な学生として、大学生活を過ごしました。
ゼミの担当になられた、M先生にお会いするまでは。


関連記事
16:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。