FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

O先生との夜7

2018.08.27 (Mon)

28686.jpg

「おはよう、良い天気だ」
「えぇ、先生も、昨夜は、ゆっくりお休みになれましたか」
「おやぁ、野暮なこと聞くね、君も。そんなはず、ないだろう」
「先生がお楽しみだったら、それは、何よりです」
「なんせ、こんなに素敵な娘だからね、外も、中も」

朝にしては、時間が遅くて、少しゆっくりとしたレストラン。
昨日と違って、言われるがままに、O先生の隣に私が座り、
その前に、M先生の笑顔が。
でも、私、朝食の間、顔、上げられませんでした。

もう、他人ではなくなってしまったO先生と私。
先生から求められるがままに身体を開き、
そして、温かな男の人の液、何度も注がれた夜。

昨日とは違う、そんな私の身体、M先生、どんなふうに、ご覧になっていたのでしょうか。

02093.jpg



二日目の夜、同じホテルの部屋で、当たり前のように、M先生に抱かれました。
私が、O先生に抱かれてしまったこと、そのことについて、M先生は何も言いませんでしたが、
営みの後、辛い約束をさせられました。

「君の身体は、僕との関係はそのまま、昨日の夜から、O先生のものになった。
 先生、来月、京都に来られるそうだ、その時は、また、いいね」

驚く私の顔を見ることもなく、言葉を続けました。

「それから、京都では、僕たちふたり、そして、O先生、三人での夜をご希望だ。
 取り乱して、ご機嫌を損なわないようにしてくれよ」

喘ぎのために揺れていた胸に、被さっていた先生の手のひらが、
ゆっくりと動き始めましたが、その左の乳房、乳首のすぐ上には、
昨夜、音を立てて吸い付いた、O先生の鮮やかなくちびるの跡が残っていたのです。

see423.jpg

三人での夜、取り乱す私。
M先生との思いもよらない時間が、
また、ゆっくりと、幕を開き始めた予感を感じていたのでした。

08:30  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |  NEXT