FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

O先生との夜4

2018.08.10 (Fri)


0ee5e817-s.jpg

両手首を、先生の趣味の良いネクタイで後ろ手に痛いほど縛られ、
猫足の椅子に座った先生の前に膝まづかされていました。

髪を揺らして抗う間もなく、
くちびるを押し開いた、先生の恐ろしく太く、グロテスクな男の人のもの、
私のお口の中で反り返り、ゆっくりと、のどの奥にまで届き、
えずきそうになった私、思わず逃れようともしましたが、
逆に、それまで以上に、もっと深くまで、押し込まれてきていたんです。

fellatio_4759-034s.jpg


「さっきまで、上品だった君の可愛らしいくちびるが、僕のものを咥えているなんて」

そう、いいながら、O先生、私の口の中の温かさと感触を楽しんだんです。
私、うっすらと涙を浮かべながら、その動きに耐えていましたが、
思いもかけないことなのに、先生のもので、口を犯されながら、
思いもかけず、自分の身体が熱く激しく燃え上がり、
さっきまで、指を入れられていた秘唇から、
男の人のものを迎えるための蜜液が、滲み出そうとし始めたこと、
気づいていたのでした。

8a97e372-s.jpg

M先生のために、貢物にされること、仕方のないことがと思っていた私でしたが、
それ以上に、女としての身体が、男の人のもの求めてしまっていること、
やっぱり、さっきの白い粉のせいだったのでしょうか、
私、ぼおっとした意識の中で、反り返ったO先生の、驚くほど太いものに舌を絡みつかせ、
懸命にそれ、吸いたてていたのです。

fellatio_4759-024s.jpg

「いく時は、聞こえるように言うんだよ。はっきり」

細く白い私の身体を押しつぶすような、大きな先生の浅黒い身体、
明るくした部屋のベッドの上で、そんな、二人の身体が絡み合っていました。

それは、仕留めた小鹿に、舌なめずりをしながら覆いかぶさる黒熊のように、
そんな風に、見えたかもしれません。

額に汗を浮かべて、焦るような声で、先生、
何も身に着けていない裸の私の身体、後ろから羽交い絞めにすると、
耳たぶに歯を当て、乱れた熱い息を吐きながら、二度、そう言ったんです。

0126.jpg

先生の左手には、恥ずかしいほど大きな音を立てるおもちゃが握られていて、
それが、ゆっくりと、私の中を出入りし、震えていたのでした。

それは、M先生との営みのとき、既に経験していたことではありましたが、
私にとっては、男の人のもので、悦びに昇り詰めるよりも、
はるかに、いたたまれないことのようにも思えていたのです。

images.jpg

「さぁ、僕のおもちゃになるんだ」

いくらも我慢できませんでした。
髪を揺らし、それで、悦びを告げることを抗いながらも、
ぞろりと、分厚い濡れた舌先で首筋を舐められ、
それまで以上に、深いところに、それ、えぐるように強く突き入れられると、
もう、我慢、できなかったのです。

それを咥えたままの腰が跳ね上がり、自分でも驚くほどの叫び声あげながら、
言われた通り、悦びの頂に、あえなく昇り詰めること、先生にしっかりと告げていたのでした。

1_1397628952_8_oYpgN.jpg

19:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT