FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

台湾旅行4 懐かしい唾液

2017.03.21 (Tue)


パパと奥様、そして、OPに参加したツアーの皆さんと、
はぐれたようにして、夜店の街を散策しました。

DSC_0268.jpg

組まされた腕、Nさんの肘が、私の胸の膨らみを、
確かめるように、何度も、押し付けられてきましたが、
もう、仕方のないことだと、諦めるしかなかったのです。

big_boobs_5312-106s.jpg

夜店を冷やかし、二人で歩きながら、
可愛らしい小籠包とマンゴーカクテルを頂きましたが、
カクテルが美味しくて、二杯も飲んでしまったんですよ。


ホテルには、タクシーで帰りました。
どうせ、私はパパとの部屋に戻るんだからって、そう、思ったのに、
エレベーターに入ると、何も言わないままのNさん、
腕を絡めたまま、自分の部屋のある階のボタンを押したんです。

dsc00104.jpg

「ご主人には、前から、話してあるから」

えっ、前から? 話してあるからって、何を?

その答えを見つけられないままに、Nさんたちの部屋の前まで来ると、
そのまま、背中を押され、仕方なく入るしかなかったのです。

数歩、部屋の中に入ると、
案の定、思わず声が出るほど、強く抱きしめられました。

両腕の手のひらを、Nさんの逞しい胸板に当てて、
押し返そうとしたけど、
仰け反って目を閉じた隙に、くちびる、重なり合い、
彼の熱い舌先が分けた私のくちびるに、ぞろりと差し込まれてきたのです。

1873-12s.jpg

懐かしい匂いのする唾液が、口の中に広がりました。
逃げ惑う私の舌に、分厚く長いNさんの舌が絡みつき、
そして、唾液と一緒に、吸いたてられると、

頭の中に、あっという間に、薄いもやが掛り始めたように思え、
身体中から、力が抜けていくのが分かりました。
抱きかかえられていなければ、そのまま、
カーペットの床に、崩れ落ちたのかもしれません。

二人のくちびる、唾液の糸を引きながら、やっと、離れると、
身につけていた、薄いブラウス、短めのスカート、ゆっくりと脱がせられ、
傍らの椅子に掛けられました。

恥ずかしそうに、ブラに隠された乱れた息遣いの胸、両手で隠しましたが、
背中に回されたNさんの指、
驚くほど上手に、ホックを外すと、
たわわな白い乳房、彼の直ぐ目の前に、こぼれ出たのです。

b9f70468-s.jpg

それまで以上に、Nさんの息遣いが、荒くなったようなきがしました。
そして、私の自身も、治まらない息のままに、

「かんにんして、このまま、返して」

そう言いましたが、私の言葉、聞こえないように押し倒され、
広いベッドの上に横たわるまで、幾らも、時間は、かかりませんでした。

何も身に着けない、産まれたままの身体にさせられ、
その白い身体に、彼の、逞しい身体が、覆いかぶさってくると、
濡れたくちびるが、私の、耳元、首筋、そして、くちびるを這いまわったのです。

b88bbe488efb88ed63de8b6ff0e8a2e7-630x456.jpg

正直に告白すると、
抗いながらも、地中海での時間、少しずつ、身体が思い出し始めていました。

二度の過ち。
すぐ近くに、最愛の夫がいたというのに、
Nさんの欲望の求めるがままに、自分の身体を開き、彼の温かな男の人のしるし、
とうとう、受け入れてしまった時間を。

d0f5c9dc-s.jpg

それは、これまで経験がないほど、強い、悦びの時間でした。
気を失うかもしれない、そうも思えるほどでした。
そして、もっと、もっと、深い悦びにいざなってもらえるように、
人妻であるはずのこの身体のすべてを、Nさんに、与え続けた時間だったのです。

半年振りの私の裸の身体、
長い時間、Nさん、見下ろしているのがわかりました。

9bf5cbd0-s.jpg

あの、怖いくらいに太い男の人のもの、受け入れるために、
自分の女の身体が、正直に、準備を整わせていたのが、
恥ずかしいけど、自分でも、感じらていたんです。

人妻として、夫ではない男の人のもの、受け入れること、
ひどく、抵抗があるはずなのに、
おびただしく濡れてしまった身体の奥から、
つぅーっと、透明な愛液が、伝い流れ出していたのでした。

Nさんの熱い両手が、柔らかな白い太ももの内側に触れ、
ゆっくりと開かれて、彼の熱い身体が触れてくると、
覚悟を決めたことを告げたような、
自分の桃色の細い声、聞くことになってしまったのでした。

630x388.jpg





15:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT