FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

小舟の行方2

2017.09.22 (Fri)


bukkake-2129-07s.jpg

「堪らないんだ、順子の身体、思い出すと」
「いや、もう、忘れてくださいね」
「ちょっと、待って。あの時の順子とのこと、思い出してもらうから」

暫くすると、電話、ブルブルって震えて、
画像が送られてきたことがわかったんです。

恐る恐る開いてみた写真、
あぁ、それは、ふたりが身体を繋ぎあった彼の別荘で、
幾度とない悦びのために朦朧となった時、
足元に準備されていたカメラで撮られてしまったもの。

見直す必要もなく、ふたりの愛液と精液に濡れた性器が、
これ以上はないほど、しっかりと繋がり合っている姿だったのです。

それも、目を逸らすほど、嫌らしい格好で。

0f7519d0-s.jpg


「嫌ぁ、困るわ」

上ずった声で、やっと応えた私、
手をあてがった、うすいブラウスの胸元が、幾らかの喘ぎのために、
膨らんでうろたえたそんな私を、まるで、見透かしたように、

「大丈夫な時なんだよね」
「えっ!」

彼の言葉の意味、すぐに察した私、
あぁ、どうして、そんなことを知っているの。

「教えてくれたんだ」

えっ 夫が彼に、そんな恥ずかしいこと、言ったの、
それって、ふたりが過ごす時間が、どんな時間になるのか、
夫が許したってことなのね。
それも、最後は、彼が望むままにしなさいってこと?。

141209-0056.jpg


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

傍らの東屋の柱に手を添えました。
軽いめまいを感じ、両足から力が抜けそうだったのです。
けれど、その時になって、
自分の身体が熱を帯び、薄っすらと濡れようとしているのに気が付きました。

遥か遠くからの、彼の声だったはずなのに、
その誘いの声に、素直に応えようとしている自分の身体、
恨めしくも思えたのでした。

吐息をもらし、見上げた虚ろな眼差しの先には、
さっきまでいた貴船神社が、映りました。
あってはならないTさんとの約束。
思いもかけない復縁は、神様の戯れだったのでしょうか。

13116663_299348260396195_1527151561_n.jpg

20:43  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT