FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行7

2018.06.20 (Wed)


昨日の夜は、パパから、しっかりと愛してもらったし、
その後も、お宿の次男坊の青年と、驚くほど硬いもので身体を繋げ合い、
そして、若く熱い男の人の液、溢れるほど身体の奥に注がれた恥ずかしい夢を見た私、
ちょっと、お寝坊して、遅い朝ご飯になりました。

furo_agari_4991-193s.jpg

他の人に気づかれないように、小さなあくびをしながらフロントに行くと、

「まぁ、随分とお寝坊だったのね、可愛がってもらったの?」

って、奥様に言われちゃいました。
俯いて何も言えない私の様子が、その応えだったのです。
もぅ、恥ずかしいわ。

berochu_5205-052s.jpg

午前中に、『城崎にて』のイモリのシーンに出てくる桑の木の場所に行ってみたいって、
女将さんに言うと、
歩いても行けない距離じゃないけど、ちょっと、遠いからって、
お宿の自動車を出してくれることになりました。

暫くすると、玄関先にライトバンが来て、
「おはようございます」って、
あぁ、次男坊の彼が、爽やかなご挨拶。
私、なんだか恥ずかしくて、彼の顔、まともに見られなかったんですよ。

若い人のものらしい、驚くほど硬い、彼の男の人のもので、
お口の中を犯され、背中を見せながら、身体の奥に迎えたのです。
そして、最後には、熱い男の人の液、たっぷりと注ぎ入れられた、
そんな、夢、見ちゃったんですものね。

blowjob_6688-004s.jpg

やっぱり、自動車、お願いしてよかったみたい、
舗装された道路だけど、ずっと上りだし、歩道がないところもあって。

降ろしていただいたところ、
『城崎にて』で、城崎温泉に逗留されていた志賀直哉先生が、
お散歩の時に来られ、ふと偶然見つけたいもりとの関りをもった場所。
その場所なのか、その場所の手前なのか、
書かれている桑の木の場所が、ここだそうです。

141024_kinosaki_03_03.jpg

道路沿いでしたが、静寂が、私たちを包んでいました。
見上げた桑の木の葉が、ヒラヒラヒラと忙しく動くことを待ち、
傍らにあるのだろう流れを探しました。
思いもかけず、道沿いの少し下を、電車が走り抜け、
暫くすると、また、同じような静寂が、皆を包み始めていました。

来てよかったって、思いましたよ。
大好きな夫、その妻でありながら、心ならずも身体を開き、今は、他人ではないNさん、
そして、夢の中で、あんなに狂おしく、迎え入れてしまった青年。
そんな、大切な男の人たちに、包まれていました。

『城崎にて』で、
尊敬する志賀直哉先生が、そのテーマのために使われたこの場所は、
今の私にとって、まったく、かけ離れた、違った意味合いの場所でしたが、
ある意味、幸せなところだったのかもしれませんね。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

次男坊君の運転で、来た道を下っていくと、
「ロープウェイに乗ってみようか」って、Nさん、私の手を握ったのです。

「Nさんたち、行ってくればいいですよ、僕たちは、外湯めぐりしときますから」

えっ、そんなことって、思いましたが、
何か言葉を探そうとする間もなく、三人を乗せた自動車を見送っていたんです。

ロープウェイ乗り場の階段の前に、足湯や源泉の施設があって、
二人で温泉玉子、スプーンで頂きましたが、自然な塩味で美味しかったです。

o0671037313740712495.jpg

大師山頂までを結ぶロープウェイ、
幸い、前に並んで立って、前を見ている若いペアだけ、
私たち、一番後ろのシートに座ると、Nさん、私の腰に、手を回してきたんです。
傍目には、仲の良い夫婦のように見えたかもしれませんね。

「昨日の夜は、どうだったの。可愛がってもらったの?」

髪を分けてささやく、Nさんの熱い息遣いを感じました。

「駄目ですよ」

ちょっと、笑みを浮かべながら、そう言いながらも、
昨日の夜、悦びの声をあげながら、自分から白い太ももを開き、
大好きなパパのもの、迎え入れたこと思い出し、
そっと、まぶたを閉じたのでした。

数分で着いた頂上には、見晴らしの良いカフェがあって、
お団子が美味しかったですよ。

3983590019ca3baebd1230c0f157d5ce6fb67f34.jpg

城崎温泉街を、見下ろす素敵な眺めでした。

「温泉しかない小さな街ですが、皆、頑張って、工夫をして暮らしているんです」

そう教えてくれた自元の叔父さんの言葉が、こころに沁みましたよ。

000014026006002000000A001.jpg



09:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |  NEXT