FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

マスカレード8

2019.11.29 (Fri)


曇ったノックが、僅かに聞こえたような気がして、
そっと、木製のドアを開くと、
薄っすらとした廊下には、何人かの男の人が、並ぶように立っていました。

先ほどの部屋で、彼も着ていた、黒いバスローブを、皆、羽織っていましたが、
前の重ねが、だらしなく開かれていて、
その間から突き出た、驚くほど大きな男の人のもの、ゆっくりと動かし、
怒ったように、脈打っていた赤黒いもののその先からは、透明な液が滴っていました。

「なんて素敵な身体なんだ」
「写真で見てたように、清楚な顔立ちなのに、身体は、こんなに嫌らしいんだ」

そんな不思議なことを聞かされながら、
両脇の人から引かれた手の先に、
驚くほど熱く反り返った男の人のもの、握らされてしまったんです。

3p_sex_6459-077s.jpg

「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」

そんな、桐子さんの言葉のとおり、私の裸の身体に群がってきた男の人たち、
けれど、私、抗うこともしないで、
当たり前のように、自分の、もう、愛液に濡れた秘唇、
肉壁を押し開いて突き入れられてきた太い男の人のもの、
されるがままに太ももを開いて、迎え入れてしまっていたのでした。

3p_sex_6459-099s.jpg

「ここにいる男の精液、全部、受け入れるんだよ」

そんなことを言われながら、私、嫌がりもしないで、大きくうなづいてしまっていたのです。

懐かしい匂いが、包んでいることを感じ、
薄っすらと目を開くと、
自分を抱きしめている肌が、誰のものであるのか、間違いはない気がしてました。

「他の男に抱かれている夢、見てたんだね」

そう言うと、Tの懐かしいくちびるが触れ、
私、諦めたように、自分のくちびるを委ね、絡められた舌先に、
ねだるようにして、吸いついていたんです。

夢の中の出来事と同じように、おびただしく愛液を溢れされていた秘唇に、
いつの間にか、Tの懐かしい男の人のもの、根元までしっかりと迎えていることが感じられ、
もう、それだけで、短くも鋭い悦びが、身体の芯を走り抜けると、
逞しい背中に回した両手で抱き寄せ、仰け反りながら、そのこと、告げてしまっていたのです。


「何人に抱かれたんだ」

悦びの余韻に喘ぐ私の裸の身体を撫ぜ回しながら、そんなことを言った彼。

「順子の裸の写真、今日の男たちには、メールで送ってたからね。
 ほらっ、別荘で、俺と繋がってる、あの写真。
 今夜は、皆、順子の身体、狙ってきてるはずさ」

blog_import_5286c6b20cdf0.jpg

そんな恐ろしいことを言いながら、ふいに私の腰を持ち上げると、
後ろから、もう一度、繋がりあう性器の位置、探り出していたんです。

pakopako_sex_6828-016s.jpg



14:17  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT