FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと6 ビューサンセット2

2019.02.12 (Tue)


「俺のが欲しいんだろ、そう、言えよ」

それまで以上に、彼から強く突かれ続けられ、
数えきれないほどの悦びのため、
もう、何も考えられなくなっていたように思います。
けれど、そう言われて、少しだけ、自分に戻ったんでしょうね。

男の人が、女の人との営みの中で、満足するためには、
自分のしるしを、相手の身体の奥深く注ぐこと。
人妻である私が、知らないはずはありません。

私に、経験のないほど、永い時間、悦びの頂を与え続けた彼の、
男の人として、当たり前の言葉を聞かされたのです。

「かんにんして、それだけは」
「たっぷり、だしてやるよ、奥に」

そう言うと、一度、抜き出した、
二人の愛液でしとどに濡れた自分の濡れた男の人のもの、
もう一度、私の秘唇に当てがいなおすと、一気に奥にまで突き入れてきたのです。

sex_6509-049s.jpg

恐ろしいような快感が、再び、身体を襲いました。
たった、そのひと突きで、治まりかけていた悦びの頂に向かってしまうこと、
また、はっきりと分からせられたのです。

心配のない周期が、微妙な期だと思われましたが、
朦朧として、はっきりとはわかりませでした。

曇った声を聞かせ始めた彼に、息が詰まるほど、抱きしめられると、
それに応えるように、抱かれ続けられた女として、
彼の腰に太ももを絡ませ、
膨れ上がりだした彼の男の人のもの、もっと身体の奥に欲しくて、
擦り上げながら、自分の腰に引き寄せ、
嘘ではない、どうしようもない、自分の身体の正直な思い、
叫んでしまっていたのです。

「あぁ、欲しい、ひろしのが欲しい」

02802992-s.jpg

こんな瞬間が、出会って間もないはずの彼との間に訪れるなんて、
思いもしませんでした。
けれど、自分の身体の奥で、
それまで以上に、熱く、膨らみ始めた彼のものを感じると、
諦めるように納得した私、
初めて迎える彼の精液、できるだけ沢山出してもらいたくて、
腰、いやらしく振り続けながら、悦びの頂に昇りつめていったのです。

020109.jpg


急に、彼の唸り声が聞こえ、身体が自分から離れると、
胸元に、熱いものが振り注がれるのを感じました。
曇った声を聞かせられながら、二度、三度、乳房に撒き散らされたのは、
まぎれもない彼の、驚くほどたくさんの精液だったのです。

bukkake-2129-17s.jpg

まだ、硬さを失わない男の人のものの先から、
粘り気の強い、塊のような名残りの液が、伝い流れるのが見えましたが、
それ何度か、柔らかい乳首に擦り付けると、私の顔に近づけてきました。

「孕んだりして、面倒なことになるの、嫌だからな、ほらっ」

そう言うと、その濡れたもので、私のくちびるを押し開きだしたのです。
彼が何を望んでいるのか、分からないはずはありませんでした。

私、彼の望むままに、私をあれだけ悦びに誘ってくれた、
今は愛しくも思われるものに舌を絡ませると、
脈を打ち続ける彼のものの中から、残った精液、全部出してもらいたくて、
ゆっくりと髪を揺らし続けていたのです。

12c92dea.jpg

13:35  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT