FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

天草旅行8

2020.10.09 (Fri)


「奥様、すごいんですね。可愛らしいのに、あんなに嫌らしいんだ」

自分ではどうにもできない、治まらない麻痺が、
甘い喘ぎと同時に身体を揺らしていましたが、そんなうつろな耳に、
微かな声が聞こえてきました。

涙に濡れた瞼をゆっくりと開くと、
白い裸の彼女とその後ろに立って、そのふくよかな乳房、
ゆっくりと両手のひらで揉んでいる夫の姿が見えたのです。

65e697aa-s.jpg

「そうたの、ほらっ、あんなに出されちゃって」

二人の目には、今しがた彼から注がれた若い精液が、
うっすらと開いていただろう、私の秘唇から、どろりと、溢れ伝い流れているのが、
見えてたんでしょうね。

ito_mayuki_8848-091s.jpg

「あぁ、私も堪らなくなっちゃた。旦那様、もう一度、お願い」

そう言うと、二人、和室の闇の方に、姿を消したのです。


けだるそうに身体を起こした私、傍らにいた彼の腰に顔を近づけると、
私を悦びに誘い、狂おしいほど求めた精液を注いだ彼の男の人のものを、
お口に含みました。
私のくちびるや舌先に促され、時折、脈を打ち、名残りの強い匂いの精液が、
お口の中に広がりましたが、それは、嫌ではありませんでした。
それどころか、私の身体を悦んでくれた彼と、
その時間に満たされた自分の幸せを、感じてしまっていたんです。

jukujyo_9093-015s.jpg

シャワーも使わないまま、彼の匂いに包まれ、
何も身につけないで、身体を寄せ合った夜を過ごしました。
時折、隣の部屋から、夫と彼女の話し声や、明らかな営みの様子が聞こえましたが、
なぜだか、そのことは気になりませんでした。
今、夫ではない、彼の胸に抱かれていることのほうが、
私にとっては大切なことだったのでしょうか。

c3737040-s.jpg

こうして、天草の旅行は終わり、
次の日、熊本から、夫と彼女は飛行機で、
彼と私は新幹線で、それぞれ、別の帰路を辿りました。

二日後に自宅に戻りましたが、夫はその次の日に帰ってきたんですよ。
申し合わせたように、お互い、その間のこと、話しませんでした。
そうた君と私が、どんな時間を過ごしたのか、
夫はいつかこの日記で知ることになるのかもしれませんね。

ダウンロード (1)

15:21  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT