FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ひろしとのこと2 蔦の店2

2019.01.21 (Mon)


腰に腕を回され、ちょっと強引に抱き寄せられても、
恥ずかしそうに笑みを浮かべながら、私、それほど、嫌がりませんでした。
酔いがそうさせていたって、言い訳していいですか。
それに、店の奥にあるカーテンで仕切られた個室、他の人には気付かれないんですよね。

そんな私の様子を見ながら、そっと、首筋に顔を埋めた彼、
私、赤く染まっていただろう耳たぶに、その熱い息を感じると、
身体をくねらせ、身悶えしてしまったのです。

imagesCAQAXHVC.jpg

「あぁん、駄目よ」

けれど、そう、甘い息を漏らしながら、
そっと、顎先に指を添えられ、くちびるが近づいてきたことも、拒めませんでした。

そんな私を見透かしたように、
いい匂いのする濡れたくちびるが、ねっとりと重なってきた時でさえ、
私、少しずつ息を荒げながら、彼の熱い舌先が、自分のくちびるを押し開きだすのも、
そのまま、許してしまっていたのです。
逢って、まだ、二度目の夜だっていうのに。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg

頭の中が、赤く染まり、身体が熱く燃え上がりだしたのが感じられました。
薄いブラウスの胸元を押し開いて、忍び込んできた彼の手のひらが、
ハーフブラの上から、胸の膨らみをちょっと乱暴に揉み上げだしたのです。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

「あぁん、嫌ぁ」
「思ってた以上に、大きんだね」

小さな掠れた声を漏らした唾液に濡れた唇に、
もう一度、彼のくちびるが這いまわるように重ねられると、
差し込まれて舌を、抗うこともしないで、むしろ、私の方から迎えてしまうと、
絡ませあい、吸いあっていたのかもしれません。

粘り気の強い唾液がどろりと流し込まれた時も、なんのためらいもなく、
音さえ立てるようにしながら、啜り飲んでいたのです。

deep_kiss_6511-015s.jpg

「ほらっ」

そう言われて手を引かれ、眩しそうに眼を開くと、
彼のいやらしそうな笑みが見下ろしていました。

引かされた手のひらには、
いつの間にか、スラックスの前から飛び出すようにした、
彼の熱い男の人のものを、握らされたのです。

tekoki_2367-060s.jpg

「あぁ、なんて、大きくて太いのかしら、それに、こんなに反り返って」

そう思って、思わず引こうとした手を、彼の手が、強引に包みました。

「でかいでしょ。ほらっ、こうやって動かしてみて」

私の手の動きに誘われるようにして、
その先から、透明な液が、だらだらと伝い流れ、私の手のひらを濡らしました。
ぼおってして、甘い声を漏らしてしまっていた私、
彼の手の平に包まれたまま、自分の手、ゆっくりと動かしてしまったのです。

tekoki_2367-040s.jpg

「下着脱いで。後ろから入れてあげるから」

そんな恐ろしいこと、私、その言葉に、少し覚めたのかもしれません。
耳元で、荒い息の中でそう言われて、拒めそうもない自分に呆れていましたが、

「ごめんなさい。私、人妻なのよ。そんなことできないわ」

そう、掠れた声で言うと、
それまで以上に膨れ上がった、熱い彼のものから手を離し、
ふらふらとしながらも、かろうじて、立ち上がって、
白いブラウスの胸元、やっとの思いで、直したんです。

100000.jpg

その夜、かろうじて、
彼と身体を繋げ合うことも、若い精液を飲まされることもなく、
身体の求める欲望を押さえながら、やっとの思いで、お家に帰ることができたんです。

けれど、今思えば、それは、
私とひろしとの、ただれるような時間の、
ほんの幕開けにしか過ぎなかったのでした。





14:24  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT