FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ひろしとのこと13 終焉

2019.04.01 (Mon)


「ひろしの、ひろしの好きなようにして」

求められるがまま、動物たちのように繋がり、
その強い突き上げに、長い髪を振り乱しながら、掠れた泣き声をあげ続けていました。
涙が頬を伝うには、仕方のないように、思えていたんです。

間違いなく、自分のものに染め上げた人妻の、その白い背中を、
ひろし、きっと、満足そうな笑みを浮かべながら、見下ろしていたんでしょうね。

819b70e9-s.jpg



主計町のお店で、南さんに引き合わされた、
あの初夏の日の夜から半年ほどの間、
自分でも不思議なほど彼と彼のものに惹かれ続けられ私。

彼に誘われるがまま訪れた二人だけの宿で、
私自身が教えてしまった心配のない周期、その身体の奥に、
彼の思うがまま、何の遮るもののないまま、男の人のおびただしいしるし、
三度も、注がれてしまったあの旅行の日から、
それまで以上に、彼を求める思いが強くなっていました。

creampie_sex_5094-091s.jpg


彼のおびただしい熱い精液を狂おしいほど欲しくて、
何も遮るもののないままに、心配なくそのまま身体の奥に迎え入れられる時期と、
自分でもあきれるほどの喜びの声を、安心して叫べる場所を、
不貞なふしだらな人妻として、
最愛の夫に悟られぬように、巧妙に画策し続けていました。

どうかしていたのでしょうね。
けれど、その時は、こころも身体も、
彼のおんなにさせられてしまっていたこと、間違いありませんでした。



金融会社のお仕事、外交の途中で、突然、私の自宅に訪れる彼、
それは、一度や、二度ではありませんでした。
玄関で、リビングで、
そして、とうとう、微かに最愛の夫の匂いのする寝室にまで、
抱きかかえられるように連れ込まれると、
ぶつけあうようにくちびるを重ね、唾液を啜り合っていました。

1873-12s.jpg

人目を避けて、それぞれが部屋を予約した、駅前の高層ホテルでは、
落ち合った部屋の、薄いレーズのカーテンの向こうの、
昼下がりの街を見下ろしながら、
今しがたまで、私のお口を犯し続けていた彼の男の人のもので、
下からえぐるように後ろから繋げられた身体、
悦びに震わせながら、自分の方から揺すり続けていたのです。

「生で、出されたいんだろ」

あれほど、心配で、嫌がっていたはずなのに、
そう言われ、耳たぶを甘噛みされると、
安全な日ではないというのに、
その恥ずかしい言葉に応えるように、はっきりとうなずき、
慌てるようにして、くちびるねだってしまっていたのでした。

25_20130816004111563s.jpg

幸い、主人には、知られることはありませんでした。
それまでと同じように、毎日、夫のために家事に勤しみ、夫婦の営みにも応えました。
けれど、夫に抱かれ、悦びに昇りつめながら、
私のこころに浮かぶのは、その時、自分を抱いている大切な夫ではなく、
ひろしだったのです。

このまま、自分たちは、どこの行こうとしているのか、
彼と、身体を繋げあうようになって、後、僅かで、半年を迎えようとしていた頃でした。


珍しくひとり、香林坊で冬物の買い物をした後、ちょっと、一息付きたくて、
あぁ、南さんのお店に行ってみることにすると、
ゆっくりと、ウインドショッピングをしながら向かったんです。

daiwa.jpg

「あらっ、順子、久しぶりね」

幸いなことに、昼下がりで、丁度、お客さんはいなくて、
大通りからの午後の光が、広い窓越しに、柔らかくお店の中に差し込んでいました。
私、南さんの前のカウンター席に座ると、紅茶を頼んだんですが、

「聞きにきたんでしょ」
「えっ、何のこと」

私の前に、素敵な花柄のカップに注がれた紅茶を進めながら、
南さん、ちょっと、意味ありげなウインクしたんですよ。

2016080818011471b.jpg

「あいつ、もう、この街には、帰ってこないわよ」
「えっ、どういう事」

ちょっと慌てて、花柄のソーサーにカップを戻そうとしましたが、
思いがけず、大きな音がした気がしました。

「取引先の社長の奥さん、あいつ、孕ませちゃって」

手に包んだカップが、細かく震えて、微かな音を立てようとしていたことがわかり、
頭の中に浮かんだ、これまで、彼から言われた言葉が、ぐるぐると回りだしたんです。

「順子さん、飲んでくれるでしょう。いいでしょ」
「ほら、これ、入れて欲しいんだろ。だったら、そう、言えよ」
「いいんだろう、俺に抱かれた女は、皆、そう言うんだ」
「生で出せるの、いつだったらいいんだ」
「欲しいんだろう、俺の精液」
「たっぷり、だしてやるよ、奥に」

身体の奥に、たっぷりと注がれた彼の精液が、
薄っすらと開いた秘唇からどろりと流れ出したあの時の光景が、
一瞬、目に浮かんだような気がして、もう、諦めたように目を閉じたのです。

creampie_sex_5094-015s.jpg

「地元の北海道に転勤させられるって」

そう言った南さん、丁度、入ってきた数人のお客さんに、目を移したのでした。


「生で出せるときに、抱かれに来いよ。忘れられないんだろ、俺のが」

何か言おうしたけど、そのまま、慌てるように電話は切れて、
それと同時に、私のこころの中から、潮が引いていくように、
それまでの彼への思いが、少しずつ、薄らいでいくのがわかりました。

なぜだかわかりません。
取引先の社長の奥様を抱き、そして、妊娠させてしまった彼、
けれど、あのまま、彼と関係を続けていたら、
もしかしたら、その奥様と同じように、
彼のあの粘り気の強い、おびただしい量の精液で
私自身が、快感に流されるがまま、
妊娠させられていたのかもしれなかったのです。
そんな彼との関係に、怯え、疲れていたのかもしれませんね。

sex_5741-052s.jpg

あれから、随分と月日が流れましたが、
彼からの連絡はありません。
それで良かったって、今は、思っています。

あぁ、夫には話しましたよ。
もちろん、叱られましたが、以前にもまして、情熱的に愛してくれるようになって、
私にとっては、これで良かったんだって、今は、そう、思っています。ふふ。

10:03  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT