FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方4

2017.10.10 (Tue)


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

昨日の夜、いつもと変わらぬ、清潔なシーツの上で、
眠れぬままの闇の中で、長い間、身体をくねらせていました。

思い浮かべたくはない彼とのこと、
明日は、もしかしたら、ただならぬ時間を迎えてしまうかもしれない予感が、
いつも通りの眠りを拒んでいたのかもしれません。

500.jpg


いたたまれなくて、そっと、パジャマの胸元から、右手を滑り込ませ、
今だけは、自分だけのものであるはずの、たわわな乳房をたなごころに包みました。

3ced830e-s.jpg


指の間に挟まれた乳首は、すぐに硬くとがり、
望んでいた桃色の淡い悦びが、身体中に広がり始めると、
濡れたくちびるが薄っすらと開き、甘い声が漏れること、我慢できませんでした。

nipple_5341-002s.jpg


幾らもしないうちに、パジャマと下着を太ももまで下ろし、
もう、蜜液にまみれだしている恥ずかしい柔芽に、白く細い二本の指を添え、
誰よりも知っている自分の身体を、
間違いのない、悦びにいざない始めていたのです。

自分が望む悦びのはずなのに、
それを拒むように、大きく髪を振ってました。
傍らのシーツをかみ締めながら、恥ずかしいほど濡れた指先の動きを早め、
やがて、訪れるだろう、桃色の頂きを予感した途端、、

「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

突然こころに浮かんだ、彼の言葉に誘われるように、
自分ではないと思えるものが、乱暴に乳房をもみ上げ、
自分の身体を走り抜ける、恐ろしいような悦びが白い腰をシーツから跳ね上げると、
とうとう、我慢できなかった悦びに達する声、誰かに聞かせるように漏らしながら、
気を失うような真っ白な悦びの中に、昇り詰めていったのです。

sc677.jpg


「あぁん いっちゃう」

濡れたまぶたを薄っすらと開くと、
望んでいた悦びが訪れたこと確かめるように、
もう一度、柔らかな乳房、ゆっくりと揉んでました。

「ごめんなさい、パパ」

けれど、それは、夫のある身でありながら、自分の指で悦びに震えたこと、
いえ、それ以上に、
桃色の頂に昇り詰めるその瞬間、夫ではない男の人のこと、こころに浮かべたことだったのです。

telephone_sex_5725-010s.jpg

どうかしていたのかもしれません。
今は望めない男の人のものを求めて、
驚くほど蜜液を溢れさせていた秘唇、もう一度開くと、
二本の細い指先、ゆっくりと滑り込ませました。

その指に応えるよう絞まりだした、自分の中の嫌らしくひくついているひだを感じながら、
諦めたように、そっとまぶたを閉じた、そんな夜だったのです。

c3737040-s.jpg

15:26  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT