FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

恩返し3

2019.08.09 (Fri)


それから半年ほどして、
ご主人が帰国したって、明子さんから、連絡があったんです。
出身も、大学も東京だったご主人、
ぜひ、私の街に行ってみたいと、二人で訪れてくれました。

週末、主人の運転で能登に行くことになっていたので、
平日だったその日は、私が、兼六園やひがし茶屋街、お城公園などをご案内。

ダウンロード

歴史好きだったご主人、喜んでくれました。
おもてなしなので、着物着ましたよ。
私が一番気に入っている絞りのもの、
そんな、私の着物姿も、とっても、誉めていただきました。

o1440176313887486072.jpg

有名商社のパリ支店勤務、センスの良い身なりと品のある口調。
私も、なんだかどきどきしちゃう、素敵な男性なんです。

「永く外国にいると、この街のような、純日本風な佇まいが、心に染みるし、
 やっぱり、自分が日本人なんだと、実感できますね」って、
私の着物姿舐めるように見ながら、そう、言ってくれました。

「それに、順子さんみたいな、美しい黒髪の清楚な女性にも、
こころ揺れるものを感じますよ」

美しい緑の絵が映る池のほとりを、三人でゆっくりと歩きながら、
この街に来ていただいたこと、嬉しく思ったのでした。

5011.jpg



次の日は、朝早くにホテルの明子さんたちを拾って、二時間ほどのドライブ。
一度、予約してあったホテルに到着した後、
楽しみにしていた朝市に、タクシーで出発。

Y313418666.jpg

露天のお店を覗いた後、新鮮な魚介類を、安くいただける小さなお店に入り、
立ち飲みでしたが、朝からお酒まで頂いてしましました。

アワビや珍しく串に挿してあるお刺身、そして、日本酒。とっても、美味しかったですよ。
私たちには、行き慣れたところでしたが、
明子さんご夫婦には、ひどく喜んでいただいて、良かったです。
その後は、輪島塗の美術館や酒蔵の見学。

f0094d9e3ba0bb57d7ce7d362751f4d8_s.jpg

お昼過ぎに旅館に戻ると、せっかくだからと温泉に入り、
私たちはリビングの大きなソファーで、明子さんたちは、奥の洋室で、少しお昼寝。
座敷から日本海を眺められる、素敵なお部屋予約してあったんで良い気持ちでした。

十四畳の和室に眺めが楽しめる板の間付の和室と、箱庭の緑が楽しめるリビングルーム、
その奥に、セミダブルのベッドが二つ並んだ寝室と、
四人でも、ゆっくりと寛げる間取りだったんです。

楽しみにしていた夕食の前に、もう一度、お風呂頂きました。
お部屋にも、立派なお風呂あったんですけど、
目の前に広がる海を眺められる波打ち際の大浴場があったので、
明子さんとご一緒しました。
タイミングが良かったんでしょうね、二人きりだったんですよ。

img_sky_roten.jpg

「初めての能登だったから、主人も楽しんでくれたみたい。良かったわ。」

明子さん、白い胸元にお湯を掛けながら、そう言ってくれました。
えぇ、私も嬉しかったですよ。
けれど、その後の言葉に、びっくり。

4911c007.jpg

「それに、やっと、ご恩返しできそうだし。
がっかりしないように、順子のこと、しっかり可愛がってあげてねって、
そう、言ってあるから」

「もう、いいのよ。そのこと、
明子さん、お願いだから、この間のこと、忘れてね」

「それが、主人、旅行前から、順子とのこと、楽しみにしてるみたいだし、
 私だって、旦那様とのこと思い出して、恥ずかしいけど、しっとり、しちゃって」

そう、言うと、目の前に広がる穏やかな海に、濡れたような視線を移したのでした。

sex_5741-052s.jpg

やだぁ、ご恩返しのこと、明子さんたち、すっかり忘れてるって思ったのに、
まぁ、きっと、へんなことには、ならないだろうけど。って、
その時は、そう、思っていたのです。

穏やかな水平線の西側の空が、淡い茜色にゆっくりと染まり始めていたのでした。

nk3001.jpg
08:45  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |