FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

M先生とのこと7 納涼床3

2017.02.23 (Thu)


20120513_2677647.jpg

西楼門の境内側の暗がりで、私、佇んでいました。

納涼床で、皆が来る二人だけだった時間に、
先生、私の太腿に手の平をあてながら、こう、言われたのでした。

「ここの席が終わったら、西楼門のところで待ってるんだよ。
 もっと、浴衣姿の君を、楽しみたいから」

神社までは、歩いて少しかかりました。
日頃、履きなれていない下駄だったので、すこし、鼻緒がすれたような感じだったんです。

季節が、そうだったから、そんな浴衣姿、それほど、珍しいことではなかったけど、
道路沿いだったら、人目につくからと思い、楼門の裏に、隠れるようにしてました。

それほど待つことなく、先生、来られ、腕を組むように誘われました。

浴衣の腕に、私、嬉しそうに腕を絡めると、ゆっくりと、歩きはじめたんです。
先生の肘が、私の胸元に押し当てられ、
その柔らかさを確かめるように、揉まれました。
淡い快感が身体に広がり、乳首まで反応して、ゆっくり、膨らみ始めたのがわかったのです。

oppai_5297-078s.jpg

本殿に向かって、先生にしな垂れかかるように歩きながら、
こうして、先生の身体に触れながら歩ける幸せを感じていました。

前に何度か来たことのある、本殿、見事な灯り、
けれど、その時の私には、なぜだか、ちょっと、眩しい感じがしたんです。

舞殿まで来ると、少しだけでしたが、人影がありました。
私たち、そこで左に曲がると、本殿の横を通りながら、
そのまま、北門の方に向かったのでした。

あぁ、もう、帰るのかしら、先生に腕を絡めたまま、そう、思ったのですが、
緩い階段を登ると、先生、本殿の裏手の道に回ったのです。

境内の明るさに比べると、そこは、暗がりと言えるような小路でした。
そして、その小路に入っていくらもしないうちに、
先生、私の手を引くと、更に暗い、小さな社殿の裏に、私のこと誘ったのです。

「かんにんして、先生。駄目、こんなところで」

私、慌てて、そう、言いましたよ。
けれど、ほらって、浴衣の前に手を引かれると、
もう、熱く、太く、脈づいていた先生の男の人のもの、
握らされてたんです。


先生、何も言わないで、私の身体を後ろから抱きしめ、
浴衣の裾をまくり上げました。
何も付けていない、私の白いお尻が、暗がりの中にあっただろうと思います。

1daeadb1.jpg

私、目の前にある、錆びた手すりに手を当て、
観念したように喘ぎながら、先生のもの待ちました。
男の人のものの先が、まだ、潤いの足りない、秘唇を、何度も突き上げ、
その度に、私の口から、小さな声がこぼれたんです。



こんなところで、
すぐ、近くには、人の声さえ聞こえそうなのに、
くちづけもなく、甘い言葉もかけられないままに、
動物たちのようにして、性器だけで身体を繋げ合うのでしょうか、

ひどく、恐ろしいことのように、恥ずかしいことのように思えましたが、
身体もこころも、この人のものである自分には、
もう、仕方のないことだと、諦めるしかなかったのでした。

浴衣の重ねから、先生の手が、入り込んできて、
右の乳房を被い、少し乱暴に揉み上げ、乳首を摘まみました。

納涼床で、先生の隣に座っていながら、
なにも、できなかった数時間の焦りが、今、ただれ流れ出したのでしょうね。
私の、秘唇も、驚く程早く、うっすらと開き始め、
そして、むかえるための、透明な液を、潤ませ始めたのです。

先生も、興奮されていたのでしょうか、
焦るように、私の腰を抱き寄せると、腰を押し付け、
とうとう、自分のもの、強引に私の中に、突き入れてきたのでした。

waki033.jpg

早く、私の中に、済ませたかったのでしょうね。
私の身体を、大きく揺らしながら、何時になく、激しく動き、
いくらもしないうちに、私の奥に、温かいものを迸らせたのです。

そして、その温かさを感じた途端、私、
上手に、先生と悦びの頂点を合わせると、
血が滲むほど、くちびるを噛みしめ、がくがくって身体を震わせながら、
あえなく、昇り詰めていったのでした。

私、先生と身体を繋ぎ合わせたまま、
喘ぎの治まらない身体を襲う、強い麻痺に、身をゆだねてました。

今しがた、身体の中に注がれた、温かい先生の液が、
秘唇から漏れ、太股の内側をつうって、流伝うのを感じていました。

5d945b31-s.jpg

帯が緩み、浴衣の重ねがはだけ、
今しがたまで、男の人のものを咥えていた秘唇から、
射精されたばかりの、温かい液を、滴らせていました。

そして、くちびるにあてがわれた、
先生の少しだけ柔らかくなったものを慌てるように咥えると、
必死に、髪を揺らしながら、残りの白い液を吸い取っていたのです。

18.jpg

部屋の中でもなく、ベッドの上でもなく、人の声が聞こえる、そんなところで、
こうして、男の人のもの、身体に迎え入れたのは始めてでした。

そして、こんなこと、これが最初で、最後だろうとも思ったのに、
それからの、先生と過ごした永い時間の中では、
この夜のことは、ただの、ささやかな始まりだったと知ったのは、
それから、暫くしてからのことだったのです。


関連記事
15:41  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

M先生とのこと7 納涼床2

2017.02.20 (Mon)


少し早目にホテルに着くと、予約してあった納涼床に案内されましたが、
近くにいる男の人たちの横を歩くとき、なんだか、視線感じて、恥ずかしかったんです。

裾が乱れないように、腰を下ろすと、
夕暮れの川面に、何かしら啄んでいる、数羽のアオサギが見え、
お昼は暑いほどの気候だったのに、
少し早いと思えた納涼床に、涼しげな風が吹き抜けてました。

room01 (1)

「早かったんだね」

暫くすると、先生、ひとりで来られて、隣に座られましたが、
なんだか、良い匂いがしました。
衝立があったからでしょうか、先生、人目を気にしないで、
私の、太股に、手のひらを乗せられたんです。

「約束、守ってるよね」

私、少しだけ慌てましたが、小さく頷いたんです。
そんな私の応えに、先生、嬉しそうにされて、
浴衣の裾から、手を忍ばせるようにしたんです。

「先生!」って、私、小さな声。
前は河原だし、衝立のお陰で人目の心配はないけど、
後ろにあるホテルのお部屋からは、偶然、覗かれているかもしれないわ。

s_0058.jpg

先生に、そうされたこと、本当は嬉しかったけど、
やっぱり、ここでは困るわ。

「すいません、遅くなりました」

暫くすると、先輩たちが揃って来られました。
先生から言われて、皆、浴衣姿、それぞれの柄、いいですね。

「まぁ、順子の浴衣、良いわね、それに、髪飾りも素敵だわ」
「本当、柄も可愛いし、順子にぴったりだけど、
 でも、おっぱい大きいのって、こんなとき、困るのね」

4d8e12c6a.jpg

その言葉に、皆の視線が、私の胸元に注がれたのわかりました。

着物用のブラ、叔母さん、用意してくれてたけど、
先生の約束を守って、素肌に浴衣、着てきたんです。

やっぱり、ブラ着けてる時と違って、こころもとないし、
ふくらみ、ちょっと、隠せなくて。
紺色の柄だったから、良かったけど、
その時、もう、着物に擦られて、乳首、少しずつ、膨らんできてたんですよ。

oppai_5297-078s.jpg

運ばれてきたお料理、
はもつくしや、湯葉、そして、鮎。

02540-25263-pc.jpg

男性の先輩方には、ちょっと、ボリューム不足だったかもしれませんが、
やっぱり、美味しかったですよ。
日頃は、とても食べられないお料理、喜んで頂きました。

今度行く、山陰のこと、先生、お話されました。
石見銀山や柿本人麻呂、そして、万葉集のことなど、
難しくなりそうなお話でしたが、
私たちが旅行を楽しみにするように、上手に、説明していただいたんです。

いつものように、お酒、随分と飲まれていました。
お強いから、醜態さらさるようなこと、ないんですけど、
それに、楽しいお酒だから、皆も、一緒に盛り上がったんですよ。

夕闇が広がり、すっかりと夜が川面を流れ始めたころ、
楽しかった宴の会、散会になりました。

先輩方は、もう少し、どこかで飲まれるとのこと、
随分と誘われたんですが、
私は、ひとり、そのまま帰ることにして、ホテルの前で、皆とお別れしたんです。

4567315af443c-6b55-49f8-ac54-331917051240_m.jpg



関連記事
15:45  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

M先生とのこと7 納涼床

2017.02.17 (Fri)


「納涼床にでも、行こうか」
そう、先生が言われ、コーヒーカップに口を付けられました。

先生のテーブル越しに座っていた先輩、

「いいですね、って、高いから、我々学生にはちょっと無理かなぁ」
「いいよ、出してあげるから、山陰に行くメンバーに、声、掛けてくれないか」
「ええっ、いいんですか。そりゃあ、断る奴なんていないですよ ねぇ」

本当に嬉しそうな笑顔の先輩、私の方に、端正な顔、向けたんです。
教授室で、島根への旅行の打ち合わせをしている時のことでした。

納涼床、京都の夏の光景として、有名ですよね。
私も、叔父さんたちに連れられて、時々、行ってました。

room01 (1)

鴨川沿いのホテルの前に造られた納涼床、
夕刻、川面からの涼しい風に吹かれて、美味しい京料理をいただきます。

でも、先輩が言ったように、ちょっと、お値段が。
学生には、敷居が高いですよね。
先輩、皆に連絡してくれて、週末に行くことになったんですよ。

02540-25263-pc.jpg

あぁ、それから、先生のご希望で、皆、浴衣で来るようにってご命令でした。
奢ってもらうんだから、仕方がないわね。
でも、皆と違って、私、下着を着けないで行くのかしら、
やだぁ、心配だわ。

009117.jpg

浴衣、叔母さんに連絡すると、取りにくるようにって。
昔、ミスなんとかに選ばれたことがある叔母さん、
私と同じくらいの身長で、着物、よく借りてたんです。

「順ちゃんは色が白いから、濃いめのが良いわね」

って、朝顔の柄の紺色の浴衣、黄色の帯を用意してくれてました。
良かったわ、もし、白地で透けたりすると、下着、付てないの、わかっちゃうから。

「簡単でいいから髪は上げるのよ、それから、髪飾りもつけなさい」

昔から、叔母さん、着物にはうるさくて、
お陰で私、振袖なんかも、自分で着付けできるようになりました。



シャワーを浴びて、浴衣、着ました。
姿見に映る、裸の私。
白い肌、括れた腰、そして、豊かな乳房。
自分でも言うのもおかしいけど、綺麗だと思えました。

oppai_5297-037s.jpg

先生が、少しでも私のこと振り向いてくれるように、もっと、もっと、素敵になりたい。
たわわな乳房、組んだ両手でそっと持ち上げると、そんなこと、思ったんです。
下着、随分と迷ったんですが、先生から言われてるようにしました。

叔母さん、着物用の下着も、準備してくれてたんですけど。

関連記事
16:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT