FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

小舟の行方9

2017.11.16 (Thu)


e6c8611262f6fb9d9e63854efffb5ea0-630x767.jpg

永い間、突き動かされる彼のものを咥え続けながら、
恥ずかしいような喘ぎ声を漏らしていましが、
急に唸るような声を聞かせられると、
強い匂いと、驚くほどの量にうろたえながらも、
私、くちびるをすぼめ、懸命に指を動かし、
男の人のしるしを吹き出し始めた彼のものの先に、舌先を絡めたのです。

02455.jpg

お口の中に納めきれない彼の精液、
喉の奥をゆっくりと伝い流れるのが、感じられましたが、
ふたりの喘ぎが治まり、
彼のものが、精液に濡れた私のくちびるからそっと抜かれるまで、
甘い声を聞かせながら、髪を振り続けましたよ。

すっかりと私のお口に出してもらって、彼に満足してもらいたかったのでしょうね。
それは、彼の妻ではなくても、ひとりの女の身体として、
仕方のないことのようにも思えていたのです。

彼が浴室から出て行って、ひとりに戻った私。
目を閉じたまま、肩を震わせながら俯くと、今しがた注がれた彼の名残の精液が、
くちびるの端から、つうーっと、お湯の中に伝い落ちたのでした。

そして、女としての身体の中に、本当は欲しかった彼のものが、注がれた時と同じように、
自分の恥ずかしい秘唇が、ヒクヒクって、震えたのを感じていたのです。

nyuuyoku_4862-001s.jpg


建物や敷地の佇まい同様、食事は満足できるものでした。
海外でもご活躍した料理長の工夫された日本料理は、ミシュランガイドででも評価されたことが、納得できる内容だったのです。

home_dinig03.jpg

けれど、彼の声を聴きながら、彼の匂いを感じながら頂いた料理、
なんだか、胸が詰まって、こころの底から楽しめなかったこと、正直な時だったのです。

夕食20161118

これから流れる二人だけの夜の時間が、自分にとっては、やっぱり、耐えられないものだと、
そう、思えていたのかもしれませんね。

missionary_position_5262-049s.jpg


関連記事
16:25  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

小舟の行方 8

2017.11.11 (Sat)


cf148b24-s.jpg

耳たぶを、首筋を、肩を、背中を、そして、背中や腰のくびれを、
ゆっくりと這い回る彼の手のひらに、仰け反りながら、甘い声を聞かせてしまっていたし、
身体の前に回された彼の両手が、
持ち上げるように揉み上げる両胸から、少しずつ沸き上がる桃色の快感に、
思わず彼のくちびる、振り返りながら求めてしまっていたのでした。

このまま、ここで、彼の望むままに、身体、繋げてしまうのかしら、
懐かしい男の人のもの、あの時と同じように、身体に迎えてしまうのかしら、
そして、最後には、彼の男の人のしるしを、奥に。

141209-0056.jpg

身体を這い回る彼の手から与えられる快感とお湯の温かさに、
朦朧としながら、もう、諦めようとしていました。

140507c_0018-580x326.jpg


「あぁ、我慢できなくなりそうだ」
そう言うと、ゆっくりとお湯から立ち上がった彼、
自分の方に向かわせた私の顔に、自分の腰、近づけてきたんです。

髪に彼の両手を感じると、喘ぎのために濡れたくちびるに、
彼の燃え上がるように熱い男の人のもの、そっと触れてきたことが分かり、
そして、少しずつ、私のくちびるを押し開き始めたのでした。

c83f259bdde850c5d738542ecc11b473-630x472.jpg

それは、これまでの永い彼との身体のお付き合いの中で、
初めてのことではありません。

夜の兼六園の黒い松の陰で、驚くほどおびただしい彼の男の人の液、
彼が満足するまで、お口の中に注がれたことがあったし、

02455.jpg

夫に言われるがままに、
彼と、他人ではなくなる初めて夜を過ごすため、
ふたりだけで訪れた宇奈月温泉の宿の寝具の上で、
いよいよ、彼の望んでいたその時、
白い太ももを開き、秘唇を濡らしながらも、ひどく泣きじゃくる私を案じ、
自分の温かな液、何度も飲ませることだけで我慢してくれたこともありました。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

「夜まで、時間はあるから、一度、飲んでくれる、あの時みたいに」

私のこと、気を失うまで悦ばせてくれたこともある、彼の男の人のもの、
一度、お口の一番奥にまで、ゆっくりと入ってくると、
私、少しむせながらも小さく頷き、言われもしないのに、舌を絡め、
彼の腰を両手で引き寄せるようにして、髪を揺らし始めていたんです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

関連記事
14:09  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

小舟の行方 7

2017.11.04 (Sat)


1493-23s.jpg

ひとりではもったいないほどの檜のお風呂の柔らかなお湯に、
自分でもほれぼれとしてしまう白い裸の身体を浸して、目を閉じていました。

nyuuyoku_4862-001s.jpg

それほど、広くはない浴室でしたが、
木の香りが満ちていて、身体も、そして、揺れるこころも、
いくらか癒されているようにも思えました。

993eba2a7c392ac16a4a663bbc197c30-630x371.jpg

さっきまで、永い間、重ね合い、吸い続けたくちびるが、
なんだか、腫れぼったくなっていることを、感じていましたが、
それは、仕方のないことのようにも、思えていたんです。

お互いか、恥ずかしい喘ぎ声さえ漏らしていた永い抱擁のため、
とうとう、ずるずると座り込んでしまった私を、やっと、放してくれた彼。

「外、少し歩いてみようか」

そんな、言葉に頷くと、
お部屋に用意してあった作務衣のような着物に着替えましたが、
彼が脱いだワイシャツやスラックス、
かいがいしくハンガーに掛けるなどしてお世話しましたよ。

e542ebdfa77aa91bebcb41d7013693da.jpg

ふたりで、散策に出かけましたが、誰かに逢わないかって心配しました。
高校、大学と京都で暮らした私のこと、知っている人、多いんですよ。

幸い、それほど、広くもない敷地の木々の間を、
見た目には、本当に仲の良い夫婦のようにして歩きました。
ついさっきまで、抱き締め合い、唾液を啜りあった彼、
何も言われもしないのに、私の方から、逞しい腕に、自分の手を絡ませていたのです。

500_19567654.jpg

浴室のドアが開くと、笑みを浮かべながら、彼が入ってきて、
ふたりには、少し狭い檜の浴槽に近づいてきました。

44aee81d4621fdd81fe719d821cd09dc-630x886.jpg

ちょっと、驚いた私、慌ててタオルで、胸元を隠しましたが、
彼、私の背中を見下ろしながら、身体、お湯に沈めてきたのです。

cf148b24-s.jpg

彼の裸を背中に感じて、身体を硬くしましたが、
前に回されてきた手に抱き寄せられ、くちびる求められ、
やっと治まっていた桃色の時間を、思い出してしまったのでした。

02346.jpg

「あの時と同じように、本当に、綺麗な身体のままなんだね」

そう言って、タオルを剥がした彼の手のひらが、私の両胸に被せられると、
ゆっくりと、その柔らかさを楽しみだし、
それに、正直に応えるようにして、私の身体の芯に、
くちづけのときとは違う、はっきりとした快感が、湧き上がってきたのでした。

00670.jpg


関連記事
13:49  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT