FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ハワイ旅行5-2 過ち

2019.06.21 (Fri)


ハワイ旅行四日目2 過ち

そっと、瞼を開くと、満天の星空から降り注ぐ僅かな光が、
ベッドの上の天井に、僅かに忍び込んでいるように思えました。
けれど、恐ろしいような快感が、自分の身体を染め上げていることに気が付いたのです。

太ももが、乳房に触れるほど、折り曲げられて、
その太ももの付け根からは、溢れる愛液を、
ぴちゃぴちゃと啜る恥ずかしい音が聞こえていました。

0257.jpg

目を覚まし、幾らもしないうちに、柔芽を上手に舐め上げる舌の動きに耐えられず、
女としての、悦びに昇り詰めること、告げていました。
たわわな乳房が反り返り、腰が持ち上がり、恐ろしいような瞬間に、
誘われてしまっていたのです。

sc677.jpg

治まらない麻痺が走る、白い女体をうねらせて続けていましたが、
うっすらと開き、おびたたしい愛液を滴らせていた秘唇の溝に、
驚くほど熱い男の人のものの先がなぞりつけられると、
「パパ、早く、ちょうだい」
そう、叫んでいました。

resize_img.jpg

それに、応えるように、私が浮き上がるように腰が押し付けられると、
愛液に助けられた太い男の人のもの、
一気に肉壁を押し開き、一番奥にまで、届いたのでした。

そして、その瞬間に気が付いたのです。
今、間違いなく、しっかりと身体の奥に迎え入れた硬い男の人のもの、
それは、パパのものではなく、紛れもなく、M先生のものだったのです。

020109.jpg

「嫌、駄目、先生、どうして」
そう、叫ぶと、激しく身体をくねらせ、
信じられない、その現実から逃げようとしましたが、
しっかりと繋がり合ってしまった二人の身体を、離すことはできなかったのでした。

seijyoui_4438-096s.jpg

身体の奥で、脈打つ太いものを感じていました。
そして、それに応えるように、私の肉壁が、女の務めを正直に果たすように、
M先生の男の人のもの、締め付けているのが感じられたのです。

無題1

自分の男の人のもので、しっかりと繋がった、私の身体の奥を味逢うように
ゆっくりと腰が振られると、
人妻ではなく、女としての正直な身体が、心ならずもそれに応えだして、
湧き上がりだした悦びにから逃れるように、
細い泣き声を漏らしながら髪を振り乱し、もだえる私の白い身体、
見下ろしている彼の視線を強く感じていたんです。

4fb997ffa69f1a28392e39e5159d1b74-630x426.jpg

「あぁ、なんて絞まるんだ、順子さんの」
そんな聞きたくも無い曇った声を聞かされると、

「もぅ、我慢できない」

そんな女の人のような細い声が降りかかり、
それまで、ベッドの上に突かれていた彼の両手、私の肩口から回されて、
息が詰まるほど抱きしめられたのでした。
それは、男の人が、思いを遂げるときが、
もう、間近に迫っていることを思わせるものだったのです。

sex_5741-063s.jpg

「いや、駄目、かんにんして!」

恥毛が絡み合い、幾らの隙間もないほど、身体を繋ぎ合ってしまっても、
夫ではない彼の男の人のしるし、自分の身体の奥に注がれてしまうこと、
それは、いたたまれないことだと強く感じられたのでした。

けれど、私の願いではなく、自分の男の人としての本能に任せた彼、
私の腰が浮き上がるほど、強く逞しい腰を突き上げると、
とうとう、私の身体の中で、それまで以上に太さを増したもの、
脈打ちだしてしまったのでした。

なぜだか、それに応えるように、彼の背中に回してしまった私の両腕、
自分でも驚くほど強く抱きしめていたし、彼がすっかりと済ませてもらえるように、
奥に温かいしるしを注がれだした腰、
跳ね上げるように浮かせながら、擦りつけていたのでした。

何度も、何度も、曇った声を聞かせられながら、
私の太ももを押し開いた逞しい腰、突き入れられました。
その度に、男の人のもの、幾度も脈打ち、おびただしい温かな精液、
しっかりと身体の一番奥に注がれたこと、分かったのです。

2f16f2f1284fc57e7413c5ea22ff940e-630x472.jpg

ベッドサイドのライトから放たれる、淡い光が漂うベッドの上で、
彼の求めた思いを遂げた、繋がり合ったふたりの姿のまま、
抱きしめられ、治まらない喘ぎと息遣いが重なり合う中で、
ただ、涙がつぅーと、私の頬を伝うのがわかりました。

彼のくちびるが、唾液に濡れた私のくちびるを求めてきたときも、
幾らか髪を揺らしただけで、その舌先が、自分のくちびるを押し分けて、
入り込んできたことを許してしまったこと、
彼のしるしを注がれ、
もう、他人ではなくなった事実を、自分でも納得していたのでしょうね。

berochu_5205-018s.jpg

私の身体に入り込んできたときと、
幾らも硬さを失っていないとも思えた彼の男の人のものが、そっと、秘唇から抜かれると、
上質な白いシーツの上に、たった今身体の奥に注がれた、塊とも感じられる彼のしるしが、
ゆっくりと流れ出したことがわかり、
それは、私にとっては、取り返しのつかない時間であっても、
彼にとってはひどく望んでいた時間が、まぎれもなく過ぎたこと、
はっきりと知らされたのでした。

creampie_sex_5094-015s.jpg

喘ぎの治まりかけた私の身体の上を、
M先生の温かな手のひらが、名残惜しそうに這い回っていました。
その指先は、首筋を、乳房を、太ももをなぞり、
身体の繋がりを終え、他人ではなくなった私を、
ゆっくりと「観察」しているようにも思えたのです。

彼の男の人のしるしが、太ももの内側を伝い流れるのを感じながら、
よろけるようにして浴室に向かった私。
テッシュを使ったはずなのに、
太ももをそっと広げると、塊のような、先生の精液が流れ出し、
取り返しのつかない時間を納得させられたのです。

bathroom_6086-042s.jpg

シャワーを終えると、しっかりと巻いた清潔な白いバスタオルが、
くっきりとつくった胸元の深い谷間を気にしながら、
仕方がないままに、リビングに戻りました。


取り返せるのはずのない時間を、今は、忘れようとして、
ソファーに座り込んでいましたが、
入れ違いに入っていた浴室から、暫くして出てきたM先生、
私の手を引いて、傍らの椅子に座った自分の前に膝間づかせました。

頬に当てられた熱いものを感じ、彼が望むことを知らされました。
髪を揺らし、両手で腰を押し戻そうとしたのに、
一度、身体を繋げ合い、他人ではなくなったからでしょうか、
くちびるを押し開き、彼の男の人のものがお口に入り込むの、
拒みきれなかったのです。

「飲んで欲しいんだ」

そんな恐ろしい言葉の終わらないうちに、私の後ろ髪にそっと両手が触れ、
私のお口の中の温かさと、舌の感触を味わうようにして、
ゆっくりと彼、腰、振り出したのでした。

0ee5e817-s.jpg

それは、いたたまれないことでもありました。
けれど、男の人のもの、身体に迎えるときと同じように、
さっきまで、彼の男の人のしるしを滴らせていた秘唇が、
しっとりと潤い始めたことを感じていたのです。

自分でも気が付かないうちに、拒むために彼の腰に当てられていた両手が、
上手にリズムをつけながら、迎えるように、動いていることに気が付きました。
それは、早く、彼の求める瞬間に、導こうと誘う動きだったのかもしれません。

01668.jpg

今夜、二度目だというのに、唸り声と同時に私の口の中に弾き出されたものは、
驚くほど、熱く、おびただしい量のように思えました。
その量と、青臭い強い匂いに、うろたえながらも、
懸命に彼の液、啜り飲んでしまっていたのでした。

02455.jpg




関連記事
16:04  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ハワイ旅行5 

2019.06.15 (Sat)


ハワイ旅行 花火 

今日は楽しみにしていたシダの洞窟の見学。
アパエカア・フォールズで綺麗な緑の中の滝を見学した後、
ツアーの皆さんが乗れるおっきな木造の舟で、ゆっくりとワイルラ川のさかのぼり、
着いたところから、暫く歩くと、
天井にシダが逆さに生えている洞窟に到着、神秘的な雰囲気でした。

src_10134449.jpg

前のテラスでは、五、六人のグループがフラダンスを披露されていましたが、
この踊りを見るためにだけ、ここに来ても良いと思えるほど、
踊りも歌も、本当に素敵で、涙が出るほど感激しましたよ。
皆さんも、是非、来て見てくださいね。

IMG_2005.jpg

午後、カウアイ島からオアフ島に移動。
ハワイの玄関口でもある、ホノルル空港から、
海沿いを30分程走って、ワイキキのホテルに着きました。

hr_1.jpg

わぁ、やっぱり素敵だわ、ワイキキの浜辺、
花が開いたように、色とりどりの水着やビーチパラソルが彩る白い砂浜、
南国のしるし椰子の木々、そして、遠くにはダイヤモンドヘッド。

19988_354_z.jpg

部屋に入り、早速、トランクから水着を出していると、
「ワイキキ用の水着、買ったんだろ。一度、裸になって、着て見せてよ」
なんて、パパが言うから、恥ずかしかったけど、
椅子に水着を掛けると、ゆっくりと下着脱いで、
何も着ていない裸の身体、見てもらったんです。

5062922e-s.jpg

「あぁ、良いね、素敵だよ、順子」
「パパ、どうするの、私、里子さんと、ビーチ行っちゃうわよ」
「後から、M先生と行くから」
「早く来てよ、この水着だって、パパに見てもらうために買ったんだから」

ホテルからビーチまで歩いても直ぐだけど、
日差しのこともあるし、水着だけじゃ恥ずかしいから、
里子さんと一緒に買った、カバーアップ着ていきました。

hm-7.jpg

でも、ビーチに着くまでの、ほんの僅かな細い道で、
同じくらいの歳の日本人の男性から、
「一緒に、ビールでも」って、声、掛けられたんですよ。
素敵な人だったけど、危ない、危ない。

ワイキキビーチ、思っていたよりも人が少なくてよかったです。
それでも、私たちみたいなホテルのお客さんや、地元の人たちが、
常夏の浜辺での時間を、思い思いに楽しんでましたが、
やっぱり、ペアの人たちの方が多かったですね。

0015506_00_MAIN.jpg

ホテルで用意してあるパラソルの下のチェアーに寝そべると、
爽やかに海風が吹き抜ける、ワイキキのビーチでの時間を満喫しました。

里子さんのやわらかな手のひらに、日焼け止めの白い液が滴り、
その手が、チェアーに横になった私の突き出た胸元や、
お腹、そして、太ももを這い回りました。
気持ちが良くて、時折、微かな桃色の声が漏れましたが、
それが、面白かったのでしょうか、里子さんの指、
それまで以上に、危ういところにも、伸びてきたようにも、感じられたのでした。

ロコガール愛用ハワイファッションブランド11

チャアーに横になって、二人でごろごろしてると、
何人もの男の人に、声を掛けられました。
日本人の人もいたし、そうでない人もいました。
若い人も、私たちより歳が上だとも思える人もいました。
いろいろな人たちが、
常夏のこのビーチで、アバンチュールを楽しんでいたのでしょうね。
私も、食べられてしまわないように、気をつけなきゃ。

0012327_00_MAIN.jpg

あっ、ビーチでの飲酒は禁止だし、街中でも、決められたお店でないと、
アルコールは厳禁みたいです。
なんだか開放的な場所だけに、ちょっと、びっくり!


海から戻り、少し早かったけど、夕食にしました。
ハワイ島とカウワイ島では、ハワイの地域の料理を頂きましたが、
ここでは、カジュアルな雰囲気の中で、ステーキやオマール海老、楽しめましたよ。

20140403193836_2_mst_2.jpg

食事が終わった後も、パパたちは飲み足りないみたいだったので、
今夜は、ホテルの前のビーチで見学できると教えてもらった花火を、
里子さんとふたりで、見に行くことにしました。

思いもかけず、日本のものに負けないような、
大きな本格的な花火が、海の上に映って素晴らしい夜景でした。

パパたちも、来ればよかったのに。
けれど、暗い夜空を彩る花火と身体の奥に響くその音は、
不思議に、何かの、幕開けのようにも感じられたのです。

花火、今夜は偶然で幸いだったんですが、曜日を決めて、上げられているようですよ。

knowing31_1.jpg

花火見物の皆さんで、ごった返す歩道を、里子さんと散歩しました。
道の片側に、フードトラックが続いていて、いろいろな食べ物を販売してましたが、
見るだけでも楽しかったですね。

28898-FaWK3U30sFUrXdpKFWaD_lrg.jpg

「ねぇ、里子さん、このガーリックシュリンプだって、美味しそうだわ」

そう言って、隣にいるはずの里子さんに声をかけて、袖を引いたんですけど、
そこには、いつのまにか隣のフードトラックに移っていた里子さんの代わりに、
知らない年上の女性から袖を引かれてしまった、背の高い、男の子が立っていたのです。

20170208_404832.jpg

「あらっ、ごめんなさい、まちがっちゃったわ」
びっくりして、慌てている私を見下ろすようにして、

「えっ、あぁ、美味しいですよ、僕もそれ、よく食べます」
「日本の方なんですね」
「あっ、えぇ、こっちの大学に留学してるんです」
ストレートな前髪が揺れて、利発そうな顔立ちが見えました。

笑いながらこっちを見ている里子さんと一緒に、
彼の行きつけだっていうお店に連れていかれたんです。

大通りからしばらく歩くと、若い人たちが行くには、ちょっと地味なお店でしたが、
外の喧騒からは、想像できないほど、静かな店内で、
ハワイには似つかわしくない、ニューヨークのジャズが流れていました。

IMG_0645.jpg

「へぇ、ホノルルにも、こんなところがあるのね」

里子が店内を見渡しながら、ぽつりと言ったんです。
ウォッカをベースにしているらしい、トロピカルドリンクで乾杯。
里子さんの隣に座った逞しい彼の友人も、
同じ大学に通う日本人の留学生ということでした。

o0620041312988894200.jpg

お話、弾みましたよ。
驚いたのは、彼、私が卒業した京都の大学の、系列校の卒業で、
お母さんは、今私が住んでる街の、ほんの隣町のご出身ということだったのです。
そんな心地よい話が重なり合い、そして溶けあい、
僅かな時間の間に、私のこころ、いくらか彼に引かれていったのかもしれませんね。

それに、夕食の時に飲み過ぎたワインと、
ここでのウォッカが効いていたのかもしれません。
段々と眠たくなって、彼の逞しい胸にしなだれかかった私の視線の先には、
やだぁ、さっきの彼の友人と、
くちびるを重ねようとしていた里子さんの横顔が見えたのです。

deep_kiss_6511-138s.jpg



まだ、それほど遅くなかったはずでしたが、
大通りから少し離れた木立の細道に人影はなく、
うっすらとした街灯が射しているだけでした。
けれど、そこにある木の幹に両手を突かされた私は、
彼がめくり上げようとしているスカートの裾を、慌てて降ろそうとしていたんです。

IMG_4951-1.jpg

後ろから抱き締められ、首筋と耳元に、彼の熱い息遣いと、濡れたくちびるを感じると、
思わず、身体を仰け反らせてしまった私。
後ろから、薄いスカート越しに押し付けられた腰には、
私の身体を求める、彼の男の人としての情熱と、
恐ろしく固い、男の人のものを感じてたんです。

「すぐに済ませるから、いいでしょ」
「駄目よ、夫がいるのよ」
「順子さんが、素敵だから、堪らないんだ」

めくりあげられたスカートの奥から、下着が降ろされようとしたとき、
私は観念して、彼の前に膝間づきました。
もう、そうするしかないように思えたのです。

「堪忍して、出してあげるから。ねっ!」

恐ろしいほど熱い彼の男の人のもの、柔らかな手のひらに包むと、
男の人が女の人を抱いた時に、揺する腰のように、ゆっくりと動かしていたし、
細い彼の声に、我慢できない私のあえぎ声が、重なるように聞こえていたんです。

興奮した若い彼を悦びに導くことは、
人妻の私には、それほど、難しいことじゃなかったのかもしれません。
けれど、もしかして、あと少し、彼が我慢出来たら、
私自身が、燃え上がるような身体の熱さ耐えきれないで、
きっと、驚くほど硬い彼の男の人のもの、お口の中に含んでいたかもしれませんね。

18.jpg

さっき、彼の手が少し乱暴に開いた私の薄いブラウスの胸元に、
彼の曇ったような唸り声と同時に、
塊のような、青臭い強い匂いのする、彼の熱い精液がはじき出されたのは、
幾らもしないうちでした。

a4ec28d4-s.jpg

それは、胸元に、頬にも、そして、くちびるにも、降りかかりましたが、
それは、仕方のないようにも思えたし、
むしろ、私が望んだことのようにも思えたのです。
いえ、それをお口の中に出してもらって、飲み下せなかったのは、
むしろ、残念にさえ、思ったのかもしれません。

10ede1c5-s.jpg

瞼を閉じ荒い息を聞かせながら、私、彼がすっかり出してくれるように、
彼のものを包んだ柔らかな手の平、動かし続けていたのです。


胸元に滲んだ彼の精液の匂いを心配しながら、
ひとりでホテルに戻りましたが、パパはまだ、帰ってませんでした。
急いで、ブラウス、揉み荒いすると、シャワー浴びたんです。

いつもは困るくらいの元気な旅先だっていうのに、
この旅行の間、パパ、私のこと、抱いてくれないんですよ、
里子さん、M先生から、困るくらいたくさん、身体の奥に出してもらっていたのに。
だから、今夜みたいなことになるんだわ。

そんなことを想いながら、冷たいベッドの上で、そっと目を閉じたのでした。

4e8cb764-s.jpg


関連記事
14:40  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

ハワイ旅行4  カウアイ島

2019.05.31 (Fri)


ハワイ旅行三日目 カウワイ島

sex_5741-124s.jpg

昨日の里子さんたちみたいに、
朝から、仲良ししてくれるかなぁって、思ってたけど、
今日は、カウワイ島に移動の予定で、
早めの朝食と荷物の片づけ、残念ですけど、今朝も、おねだりできませんでした。

お昼前に、カウワイ島の飛行場に着いて、島の観光ツアーに出発。
ククイ・グローブセンターで、昼食と、お買い物、
ちょうど、フラダンスがあってて、とても、良かったですね。

EventCalendar_eyecatche_Eheuhula-hoolauna.jpg

私の街でも、時々、ハワイアンのダンス見ることがあるんですけど、
やっぱり、本場は、迫力が違うように感じました。
少しくらい、踊れるようになればいいんですけど。

ファーストフード店のものに比べると、
おっきくて、全部、食べるのたいへんだったけど、
ハンバーガーも美味しかったですね。
お土産に、コーヒーと、小さな写真集を買いました。

2c357e9bb8142ee480dceab493fae8fca3f9074d_56b99529dc9ef_p.jpeg

その後は、ワイメアキャニオンやカウアイコーヒー農園などを見学して、
夕方にホテルに到着。

ダウンロード

昨日と同じように、ホテルにプールがあったので、里子さんとじゃぶじゃぶ。
浜からの潮風が吹いてきて、気持ち良かったです。

imgrc0066937014.jpg

夕食も、地元の料理で、楽しめましたよ。

5bfast.jpg

こうして、ハワイ三日目の夜が過ぎようとしてました。
大好きなパパと、素敵なハワイ旅行、幸せな時間が流れていたんですけど。





関連記事
08:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT