FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

天草旅行6

2020.09.15 (Tue)


222.jpg

膨れ上がった、硬く、太い彼のものが、
それまで、知らなかったと思える身体の奥の、更に奥にまで届き、
さらに、押し開こうと突き入れられようとしているように思えると、
背中に回した両手に、それまで以上に力が入り、
彼の逞しい腰に、自分の太ももを絡めてしまったこと、自分ではどうしようもなかったことだったのです。

そして、最初の一突きで、身体の中に、短くも鋭い悦びが走り抜けることを感じると、
そのこと、正直に彼に告げてしまったのでした。


その後、どれほど、抱かれ続けたのか、はっきりとは思い出せません。
数えきれないほどの深い悦びを、自分よりも随分と若いはずの彼に、
教えられ続けたのです。

腰に当てられた彼の手のひらに促されるように、
ふらふらと気だるそうに膝を立て背中を見せると、
できるだけ深く、男の人のもの迎え入れるために、
後ろから突き入れられる彼の腰の動きに、上手に合わせるように、
自分でも驚くほど激しく、自ら腰を振っていました。

pakopako_sex_6828-064s.jpg

求められてもいないのに、
ごろりと横たわった彼の身体に、覆いかぶさるように跨ったのも、
私の方からでした。

そして、彼の湯気が上がりそうに熱くなった、自分の手にした濡れた男の人もので、
うっすらと開いていただろう秘唇を開きながら、
慌てるように身体の中に埋め、桃色の恥ずかしい声を漏らしていたんです。

sex_5795-019s.jpg

僅かな間、気を失っていたのかもしれません。
けれど、良い匂いのする愛おしい彼の身体が、重なってくると、
当たり前のように、太ももを開いていました。

missionary_position_5262-040s.jpg

「スキン、付けたから、安心してくださいね」
「えっ」
「ご主人に言われたんです。危ない時だからだって」

恥ずかしそうに眼差しを上げた私、見下ろす彼に微笑むと、くちづけをねだったのでした。
彼の、大切な男の人の液。
心配のなかった奈良での夜、何も遮るもののないままに、一度は受け入れていたんです。

d0f5c9dc-s.jpg


関連記事
14:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

天草旅行5

2020.09.08 (Tue)


5142.jpg

「あぁ、無理。おじさまの」

隣の部屋から、彼女の、糸を引くようなやるせない甘い声が漏れ聞こえました。

これまで、夫に言われるがままに、その夫ではない男の人たちと、
あってはならない時間を過ごしました。
それも、一度や二度ではなかったことは、皆さんもご存じの通りです。
けれど、同じ部屋で、夫ではない男の人に身体を開き、
繋がりあう、恥ずかしく、そして、申し訳ない自分の裸の姿、
見せてしまったことは、数えるほどしかなかったのです。

resize_img (8)

抱きかかえられるようにして連れてこられ洋室のベッドの上、
開かされた太ももの間から、
ぴちゃぴちゃと、溢れだした愛液を啜る音が聞こえていました。
まだ、若くて、それほど経験はないはずなのに、
幾らもしないうちに、彼の、巧みな、唇、舌先、指使いに、
あえなく二度、悦びに昇り詰める声を聞かせていました。

「良くなる時は、教えてくださいね」

開いた膝の向こうから、熱く言った彼の言葉に応えるように、

「あぁ、また、いっちゃう」

そう、はっきりと、伝えると、手繰り寄せるように彼の髪に手のひらをあて、
たわわな胸を揺らしながら、仰け反ったのです。

kn266.jpg

悦びの余韻に荒い息を吐きながら震える身体に、
彼の腰が、ゆっくりと跨ってきたように感じると、
涙に濡れていた頬に、彼の熱い男の人のもの、摩り付けられたのがわかりました。

何の躊躇も、ためらいもありませんでした。
今まで、自分を悦びに導いてくれたお返しに、彼の望んでいるままに、
私、恥ずかしいほど、大きく開いたお口の中に、彼のものを迎えたのです。

ベッドの宮台に両手を付いた彼、ゆっくりと腰を揺らして、
私のお口を犯し続け、
時折開いた目の前には、彼の逞しい筋肉質のお腹が動いていました。

嫌ではありませんでした。
幾らかした後、きっと、彼と私の身体を繋げあう、大切な男の人のもの、
出来るだけ、硬く、太く、なってもらいたかったのでしょうね。
彼の腰に上手に動きを合わせ、髪を揺らした私、
一生懸命にくちびるをすぼめ、舌先を絡ませていたんです。

150109a_as036tn.jpg

「あぁ、もう、お願い」

私が、そう言うと、彼も我慢できなかったんでしょうね。
汗に濡れた身体をずらすと、今まで、私のお口に含まれていた自分の男の人の先で、
私の秘唇の溝を探り出したのです。

膨れ上がった、硬い男の人のものが、
濡れた秘唇の溝を押し開こうとすると、私は、首筋を仰け反らせ、
彼の背中に回した両手を手繰り寄せていました。

sex_5795-003s.jpg

夫のことは、こころにありませんでした。
大切な夫は、すぐ隣の部屋にいるというのに、
その夫ではない、違う人の男の人のもの、その彼の求めるがままに、
今、身体の奥に迎えようとしていたのに。


関連記事
13:34  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

天草旅行4

2020.08.29 (Sat)


前に書いた純君をはじめ、福岡や熊本に親戚があるし、
小松空港から福岡空港まで、1時間半ほどで行けるおかげで、
九州には、毎年のように来ています。
いろいろと観光地も多いし、美味しいものもあるんですけど、
私の街では、余り馴染みではないお魚も多くて、楽しみしているんですよ。

s-IMGL9670.jpg

目の前に置かれた蟹も、そのひとつですね。
渡り蟹って言われるこの蟹、ずわいがにを頂くことの多い私には、珍しいものです。
上品な味のずわいがにに比べると濃厚な味で、違った美味しさがありますね。
お刺身のお醤油も、溜まり醤油っていうのかしら、
どろっとして甘い味なんですよ。でも、とっても美味しくて、私は好みですね。

「この蟹、美味しいんですね」

そんな渡り蟹、嬉しそうにしゃぶって私に向けて顔を上げたいたそうた君、
その濡れた口元を見て、ちょっと、どきってしてしまいました。

他人ではなくなった初めての神戸での夜、
そして、お互いの身体を確かめ合うように求めあった奈良での夜でも、
その濡れたくちびるで、私の秘唇から溢れる愛液を啜り飲み、
腫れぼったさを感じるほど、
お互いのくちびる、長い間激しく吸いあったことを思い出したのです。
また、あの時のようなことが、あるのかしら。

deep_kiss_6511-023s.jpg

部屋に戻ると、お座敷に贅沢な二人分のお布団が敷いてありました。
二人はお布団で、もう二人は隣の部屋のベッドで、休むのでしょうか。

夕食の時の日本酒の酔いのため、
ソファーにぐったりと横たわった彼女の隣に座った主人、肩を抱き寄せて、
太ももに手のひらを這わせ始めていました。
今夜がどんな夜になってしまうのか、その幕が上がり始めたことを思い知らされたのです。

img_visual.jpg

「ああん、おじさまの、すごい」

そんな、笑いの混じった弾けるような声が、遮るもののない声が聞こえ、
夫と彼女の、隣の和室での様子が、思われました。

そして、私たち、洋室のベッドの上、
成り行きのままに座り込んでしまっていた私の肩から、
そっと、後ろから置かれた彼の手先が、白いバスローブを滑り落とすと、
上手に、ブラのホックを外そうとするの、私、もう、拒めないでいたのです。

「僕たちも、ねぇ、いいでしょ」

外されたブラ、そっとサイドテーブルの上に置いた彼の両手、
柔らかさを楽しむように、ゆっくりと、私の胸揉み上げ、
固くなりだしてしまっていた乳首、そっと、摘まんだんです。

9708b51b-s.jpg

息をひとつ漏らし、諦めたように瞳を閉じてしまった私、
そんな私の首筋に、濡れた彼のくちびるが這いまわると、
思わず振り返って、彼のくちびる、ねだってしまっていたのです。

関連記事
10:56  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT