FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

奈良での夜7

2020.05.26 (Tue)


263-3.jpg

薄い茜色のベッドサイドの明かりが、
絡みあった、うごめく二人の裸の肌を染めていたように思えます。
夕食の後の散策から部屋に戻ってきて、
永い間、お互いの身体を、求め合い続けていました。

何度、悦びに昇り詰めることを告げる声、彼に聞かせたのでしょうか。
そして、白いシーツの上で、たわわな乳房を揺らし、髪を振り乱した、
そんな私に応えるように、彼も、何度も自分の欲望のしるし、私に注いでいたのです。

d0f5c9dc-s.jpg

声が嗄れて、何も身に着けない身体を離し、逃げるように、やっと横たえても、
幾らもしないうちに、また、彼の手のひらが、乳房を這いまわり、
背中にくちびるを感じたのでした。

「なんて素敵な身体なんだ。いつまでも、繋がったままでいた」

そう言ってくれた、彼の言葉と、にじり寄ってきた彼の腰に応えるようにして、
私、迎え入れるために、太ももをそっと開いたのでした。

彼から注がれたおびただしい量の精液と、流れ伝うほどに潤ませた私の愛液に助けられて、
若く固い男の人のもの、ずぶずぶと、私の身体の奥にまで、突き入れられると、
何の抗いもなく、まるで、愛する夫のもののように、
彼の背中を抱きしめながら、泣き声を漏らしながらも、しっかりと迎え入れていたんです。

2f16f2f1284fc57e7413c5ea22ff940e-630x472.jpg


「好きなんだ、順子さん」
「あぁ、駄目よ、そんなこと」
「堪らないんだ、順子さんのこと、離したくないんだ」

そう言うと、それまで、緩やかだった腰の動きが、
それまでになかったように、えぐり入れられてきたのです。

「あぁ」
「愛してるんだ、順子さんのこと」
「そんなこと言わないで、夫がいるのよ」
「でも、いいんでしょ、僕の。ほらっ」
「あぁん、すごいわ、」
「旦那さんのより、良いって言って」
「いやっ、駄目よ、そんなこと」
「ほらっ」
「もう、堪忍して」
「あぁ、締まる」
「あぁ、太い」
「順子さん、また、出そうだ」
「欲しい、全部出して」
「今 ほらっ」
「いっちゃう」
「あぁ 出る」
「一緒に、お願い、一緒に。好きよ、あぁ、そうたくんが、好き」


パーティーでの、彼との出会い。
成行きのままに、身体を繋ぎあって、まぎれもなく、他人ではなくなり、
そして、誘われて一夜を過ごしてしまった今夜、
あの時と同じように、彼の若さに、翻弄された私、
たわわな乳房を揺らし、身体を仰け反らせながら、
自分の熟れた身体の欲望のままに、彼の若い精液、求め続けていたのです。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg


関連記事
14:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

奈良での夜6

2020.05.14 (Thu)


six_nine_4920-053s.jpg

お互いの性器、お互いのくちびると指先で探りあうことも、
私から望んだことだったような気がします。

迎え入れる彼の男の人のもの、できるだけ、固く太くなってもらいたくて、
曇った声を漏らしながら、くちびるを窄め、舌を絡め、髪を揺らしました。
そして、そうしながら、愛液を滴らせながら、
うっすらと開いてきただろう自分の秘唇のひだと濡れた柔芽で、
彼のくちびると舌先が、ぴちゃぴちゃと音を立てるのを聞いていたんです。

six_nine_4920-012s.jpg

何も身に着けない裸の腰に、手のひらが延ばされた時も、
望まれるままに、慌てるようにして膝をたて、白い背中を見せました。

彼の温かさが触れてくると、後ろから二人の性器の位置を探る彼を助けるように、
自分から腰、押し付けていたんです。
ずぶずぶと、あっという間に、根元まで彼のものを受け入れ、
恥ずかしい声を彼に聞かせ、彼の動きを助けるようにしながら、
髪を振り乱し、腰を振っていたのでした。

pakopako_sex_6828-054s.jpg

伸ばされてきた彼の掌が、持ち上げるように乳房を揉み上げ、
硬くなっていた尖った乳首、強く摘ままれても、甘い声を漏らしながら、
ただ、されるがままでした。
今はもう、他人ではない彼から求められることだから当然だし、
そうされることは、女としての努めだと思えたのかもしれませんね。


「このまま、いいんですね」

そう言って、それまで以上に、強く肩を抱きしめてきた彼。
そんな彼を、涙にぬれたまぶた、うっすらと開いて見上げると、
その言葉に、応えるように、くちびるをねだったのでした。

はっきりと安全な時期ではないようにも思いましたが、
けれども、何も遮るものがないまま、彼の若い男の人のしるし、
そのまま、私の身体の奥に注いでも構わないと、そう、主人が彼に言ったのだから、
今は、そのまま、受け入れるしかないと思えたし、
それ以上に、自分の燃え上がり、悶えるこの身体が、
どうしようもなく、彼の熱い精液を欲しがっていたのです。

ntr_6401-022s.jpg

髪を分け、耳元に吐き掛けられる彼の息遣いが、それまでにもまして熱く感じらると、
抱かれている男の人のしるしを注ぎ入れられる、女の務めとしてのその時が、
もうすぐそこまで来ていることが、感じられ、
私は、息を乱しながら、彼の逞しい腰を迎え入れていた太ももを、
さらに、開き、両手で腰を、手繰り寄せるようにして、
ぶつけるように、くちびるをねだったのです。

「あぁ、欲しいの」
「いいんですね」
「ちょうだい、たくさん、あなたの精子」

2322.jpg

目のくらむような、恐ろしいような悦びに昇り詰めことがわかり、
その瞬間、彼の曇った声を聞かされました。
身体の奥に挿し込まれ、動かされた彼のものに、えぐるように何度か突かれると、
それまで以上に、太く、脈をうった、膨れ上がったものから、
私の中に、彼のおびただしい、
そして、若く熱いものが、とうとう注がれだしたことがわかったのです。

強く抱きしめられ、さらに強く押し付けられた彼の腰が、二度、三度、震え、
身体の中の男の人のものが、何度も、脈打つのが感じられました。

夫ではない、彼の若く熱い男の人の精子が、身体の奥を満たしだしたことがわかると、
その温かさに添われるようにして、声にならない泣き声をあげながら、
真っ白になるような、悦びの頂に、昇りつめていったのでした。

resize_img (1)


関連記事
11:05  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

奈良での夜5

2020.05.11 (Mon)


自分の女の身体の奥から湧き上がる疼き、もう、我慢できなかったのでしょうね。
私、泣くような細い声を漏らしながら、慌てるようにして彼の逞しい腰に跨ると、
湯気の立つようにも感じられる熱く膨れ上がった、
彼の若い男の人のものに手を添えました。

sex_5795-019s.jpg

「あぁ、順子さん、いやらしいんだ」
「あぁ、ごめんなさい」

自分から、繋げようとする二人の性器、見られようとしているのに、
その恥ずかしさよりも、その時はただ、彼のもの、
早く、自分の身体の奥に迎え入れたかったのです。

彼の熱いものの先が、少しづつ、滴らせるほど愛液に濡れた、私の秘唇を、押し開きだすと、
早く根元まで迎え入れたくて、擦り付けるように腰、振っていたんです。


「中に入っていくのが見える」
「あなたのがいけないのよ。あぁ、すごい、大きすぎるわ」

そう、彼が言うのと同時に、
肉ひだを押し開きながら入り込んできた男の人のものの先が、
濡れた肉壁の奥に突きあたり、
それだけで私、鋭い悦びが走り抜けるのがわかると、
どうにもできない麻痺に、仰け反らせた身体を震わせ続けたのでした。

kj720s.jpg

その夜、思いもかけず、自分の身体に隠れていた、
恐ろしいような、女としての欲望を知らされた気がしました。

これまでの男の人との営みでは、導かれるままに、身体を開き、
望まれるがままに、男の人の欲望に応えてきたと思っていたのに、
この日の夜は、何度となく襲う悦びの後だというのに、
朦朧としながらも、何度となく、彼の若い身体にむしゃぶりついて、
その男の人のもの、自分の方から迎え入れ続けたのでした。

熟れ始めた私の女の身体が、同じ年ごろの夫のものではなく、
彼のような、若い男の人のもの、
どうしようもなく、欲しがる時期だったのかもしれませんね。

それは、自分では、どうすることもできないことのようにも思え、
身体の芯から湧き上がる悦びの求めるがままに、
そして、情熱的に求める彼のために、身体を与え続けたのでした。

020109.jpg

関連記事
09:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT