FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

そうた君との神戸1

2021.01.18 (Mon)


guide_seat3_photo1.jpg

九州新幹線の内装やシートって、山陽新幹線や東海道新幹線のグリーン車と比べても、
本当にそん色ない設えで、素敵ですよね。
乗り換えの博多駅で、そうた君が慌てて買ってきてくれた、
ミニボトルのワインとさつまあげ、二人で頂きながら、
車窓を走り去る、晴れた穏やかな水面を見せる瀬戸内海を、言葉少なく眺めていたのでした。

44493160_259859128060342_8484993866126954397_n.jpg

旅行に行くまでは、思いもしなかった天草での時間。
夫が考えたことなんでしょうけど、
その夫が、同じ部屋にいるというのに、
むしろ、私の方から、泣き声さえあげながら、彼を抱きしめ、
若く熱い彼の男の人のしるし、求め続けてしまっていたのでした。
今、この時、その時注がれて、洗い拭えなかった、そうた君の精液、
私の身体の隅々にまで、染み透っていたのかもしれませんね。

ntr_6401-022s.jpg


神戸に一緒に来てほしい、そんな、そうた君の誘いを断り切れないで、
こうして、二人で、神戸に向かっていて、
夫と豊かな乳房の彼女は、一足早く、飛行機で大阪に向かっていたのです。

いろいろなことで、関わりの深い、神戸に着いたのは、夕方近くでした。
そこは、多くの思い出の場所でもあり、
そして、私の身体に刻み込まれた、思い出深い人たちの住んでいる街でもあったんです。
思えば、こんなふうな、他人ではない深い関係になってしまった、
そうた君と初めてお逢いしたのも、この街だったんですよね。

「いいの? 私とこうして歩いてて、知ってる人に見られたら困るでしょ」
「かまわないですよ、順子さんと一緒に居られるんだから。
もし、誰って聞かれたら、親戚のおばさんだって説明するから。
あっ、ごめんなさい、おねえさんですよね」

ちょっと、幼ささえ感じる彼の笑顔、男の人にしては長いまつげと爽やかな横顔、
また、熱い思いが沸き上がってくるようでした。

夕食は、何処に行きましょうかって、言われましたが、
どうせ、後で、そうた君のマンションに行くんだったら、私が、何か作るわって、
まるで、恋人たちのようなことを言って、
二人でいかりやさんで買い物することにしたんです。

天草では、新鮮なお魚や珍しい蟹など、海産物を十二分に堪能させてもらっていたので、
今夜はお肉を食べたいって、二人の意見も一致、そうた君にかごを持たせ、
ちょっと、贅沢だったけど、神戸牛焼肉食べ比べセットとお野菜を買いましたよ。

s_0n93.jpg

山手の傾斜に建てられた瀟洒なマンション、
そういえば、そうた君に初めて抱かれたあの場所から、
そう、離れてはいないようにも、思えました。

部屋に入ると、彼、閉じてあった少し厚手のレースのカーテンを開きました。
丁度、薄っすらと、お化粧をするように、街中のネオンが瞬き始めていて、
やっぱり、神戸の夜景って、素敵ですよね。
週に二回ほど、お願いしている方に来てもらっていて、
お部屋の中は、綺麗に片付いていました。
とても、独身の男の人の部屋には感じられませんでしたが、
彼自身が、奇麗好きで、片付け上手でもあったようにも思えました。

「ねぇ、ごめんなさい、お洗濯させてもらえる。ほらっ、旅行中できなかったから」
「えぇ、どうぞ、乾燥機もあるから、すぐに乾きますよ」
「あぁ、ほらっ、そうた君のも、出しなさいよ。一緒にやってあげるから。
 それとも、私のと一緒じゃ嫌?」
「そんなことないですよ。逆になんだか、嬉しい気分」

彼のスポーツバックから、ポロシャツや下着の引っ張り出し、
自分のものと一緒に、ちょっと驚くほど贅沢な洗濯機に、入れましたよ。

「サラダ作るけど、エプロンってないわよね」
「えーと、確かありますよ。母親が、時々来た時使っているから」

そう言うと、キッチンから、薄緑色の高価そうなエプロンを持ってきました。

お肉の調理には、時間は掛からないから、
その前に、マカロニサラダのために、お湯を沸かしました。

「お風呂、入ってきたら。そしたら、すぐに、食べられるようにしておくから」
「えっ 順子さんと一緒に入りたいけど、駄目?」

そう言いながら、ブロッコリーを分け始めた私の背中に、身体を寄せてくると、
いつもは、お母さんが使っているエプロン越しに、彼の両手が這い上がって、
胸元に両手が被さってきたのでした。

「駄目よ、ほらっ、お湯があるから」
「我慢しますから、僕がバスルームから出たら、裸エプロン、お願いしていいですか」

なんて、そんなことを言いながら、彼、嬉しそうに浴室に向かったんです。

swpeke09.jpg

関連記事
15:40  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ハイアット ホテル

2021.01.12 (Tue)


三が日も過ぎ、当たり前の生活が始まりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

まだまだ、心配な毎日ですが、子どもたちも京都に戻り、
週末に、夫と二人で、昨年8月にオープンした駅近くのホテルに行ってきました。

駅の西側の再開発の目玉として作られたこのホテル、
アメリカの資本による世界的なホテルグループが、
私たちの街に来てくれたことは、やっぱり嬉しかったです。

7667edcdb128364e754f96ca6387d744.jpg

大型のホテルが立ち並んでいる駅東口に比べると、
ちょっと淋しかった西口にとっては、これからは期待できますよね。

主人とは、こうして時々、お泊りのデートをしています。
近くの温泉やホテル、それからモーテルなど、
私の身体の周期を知っている夫から誘われて、
もちろん、断ることなく、嬉々としてついて行ってますよ。

新しいホテルだから、とても奇麗だし、それに、いろいろなところのデザインは素敵でした。
ホテルのコンセプトとして、「自宅でくつろいでいるような」とあるように、
部屋には、キッチンや冷蔵庫、食器や調理器具なども用意されていて、
いろいろなことが、楽しめるようにしてあるんです。

デイナーは、フォアグラをメインにしたお料理をいただきました。
東口と違って、見下ろすことのない西口の夜景を眺めながら、
美味しかったですよ。

d58398-6-555606-3.jpg

14階にオープンテラスのバーもあるんですけど、
流石に、今の時期は開いていないようです。
暖かくなったら、また来て、創作カクテル楽しみたいですね。

DAD211FE-6309-46FC-8607-F8A82179458F.jpeg

バスタブ、それほど広くなかったので、一人ずつお湯を使いました。
脱衣場の鏡に自分の裸の身体を映します。
胸の張りが気になりだして、
パパには変わらないって、むしろ、おっきくなってるよって言われるんですけど。

そんな豊かな乳房、自慢の白い肌、くびれた腰。
今年の姫はじめ、もう済ませていて、
今年一年、大好きなパパだけの、私の身体であればいいんだけどって、
今は、そう思っていたんですけど。

bathroom_6086-006s.jpg

すぐにパパから脱がされることわかっていますが、
上質なバスタオル、ちょっときつめに裸の肌に巻きました。
ああン、もう固くなっている乳首、タオルが擦れて、
甘い声が漏れてしまいました。
私の大好きなパパのもの、早く欲しくて堪らなかったんでしょうね。

furo_agari_4991-070s.jpg

先にベッドの上に横たわって、バスローブをはだけていたパパ、
やだぁ、おっきくしたもの、さすってるんです。
私、何も言われないのに、慌てるようにして、ベッドに上がると、
それに何度か頬擦りして、息を乱しながら、お口に含みましたが、
すぐに、パパの手の動きに促されるようにして、
愛液を滲ませだした秘唇、パパの顔に向けたのでした。

すごいわ、こんなにおっきく、硬くなってる。
女性ならわかると思いますが、男の人のもの、お口に咥えるのって、
身体の中に、それ入れられるのと同じくらい感じちゃいますよね。

目の前の大好きなパパのものに添えた指先を動かしながら、
そして、舌先を絡めながら
できるだけ大きくなって欲しくて、できるだけ固くなって欲しくって、
私、無理だと思えるほど深く、お口の奥にまで迎えて、
髪、振り続けたのです。

six_nine_4920-053s.jpg

せっかく来たんだからって、
パパ、遅くまで、寝かせてくれませんでした。
ベッドで、ソファーの上で、
そして、下から見えちゃうわよって、私、言ったのに、
お化粧をしたようにネオンのまたたく、
思いもかけないほどの雪に埋もれた、駅西側の街の灯を見下ろしながら、
何も身に着けない裸の姿で、
二人、スプーンが重なり合うように、私を後ろから貫き動き続けたのです。

悦びに昇り詰める声、何度、パパに告げたか覚えていません。
けれど、夫婦として、それ以上はない幸せな時間だったはずなのに、
その悦びの頂の瞬間、私のこころに浮かんでいたのは、
パパ、ごめんなさい。
パパではない、今年は忘れなければならない、若い男の人の面影だったのでした。

sex_missionary_position_20191021_021s.jpg


関連記事
15:13  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

皆様 明けましておめでとうございます。

2021.01.02 (Sat)


皆様 明けましておめでとうございます。

三が日、いかがお過ごしだったでしょうか。
こちらは、例年以上に雪の多いお正月で、いつものような尾山神社への初詣も、
別の日に行こうって、主人とも話しています。

1f7e847464946f0953dccf6bbefa3b49.jpg


昨年は、新型コロナウイルスのことで、思いもしなかった一年でしたけど、
今年は、どうなってしまうか、本当に心配ですよね。

毎年、ちょっと心配しながらも、楽しみにしている初夢、
いつも皆さんに読んでいただいているように、
恥ずかしい夢見てて、主人にも叱られています。

でも、夢の中で、知らない男の人に抱かれ、
自分のものではない精液を注ぎ込まれる、妻である私の話を聞いて、
いつも以上に興奮した主人に、情熱的に抱かれて、一番喜んでいるのは私だけかもしれませんね。
ふふ。

sex_missionary_position_20181006_027s.jpg

これまでの初夢のお話、こちらからどうぞ。

初夢

楽しみにしていた旅行の中止や、窮屈になった日常生活。
今年は、新型コロナウイルスの収束で、心配のない毎日が過ごせると良いですね。

皆様も、ご自愛され、ゆっくりとした年始をお過ごしください。

yikituri2.jpg


関連記事
08:40  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT