FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

マスカレード5

2019.11.13 (Wed)


そう言われた時には、濡れた肉襞、ゆっくりと押し開きながら入り込んできた、
彼の太い男の人のものが、
私の身体の、一番奥にまで届こうとしていて、それだけで、もう、
強烈な悦びに導かれ始め、身体を仰け反らせていたのでした。

resize_img (8)

「この別荘のオーナーの息子なのよ、悪い子じゃないわ、お金持ちだしね。
あぁ いやらしい、ご覧なさいよ、あなた、ほら、こんなに根元まで咥えこんでるのよ」

「あぁ、すごい狭いんだね」

そんな彼からの、聞きたくもない言葉聞かせられながら、
その時、気が付いたのです。
知らないうちに、私たち、二人の前のジュータンの上で、
動物のように繋がりあっていた、仮面を着けた知らない裸の二人に、
しっかりと性器を繋げあった私たちの恥ずかしい姿、見られていることに。

208a5ae1-s.jpg

彼の両手に後ろから腰を抱かれ、突き上げるようにして、下から何度か揺すられると、
彼女から言われるたように、夫のことはこころから消え去っていきました。

身体の求めるがまま、自分から手繰り寄せようとした悦びの頂に、
もう、幾らもしないうちに昇り詰めることがわかり、
私、自分のいたたまれない恥ずかしい叫び声を聞かせないように、
慌てるようにして振り向くと、
彼のくちびる、また、自分からねだってしまっていたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

それに、繋がった二人の性器を這いまわっていた彼女の二本の指、
私の濡れた柔芽に添えられて、上手に震わせていたのです。

「あぁ、もう、我慢できない。ほらっ、出すよ」
「ほらっ、出してくれるって、旦那様のこと忘れて、全部、受け入れてね」
「嫌ぁ、堪忍して。あぁん」

sex_6576-059s.jpg

そう言って、髪を振って抗ったのに、
急に息を乱した彼、
私の身体が浮き上がるほど腰を突き上げ、
後ろから回した両手で、乳房をこねるように握りしめると、
曇った息を聞かせたのでした。

身体の奥で、私の肉壁を押し開いていた彼の太いもの、びくっびくって何度も脈打ち、
男の人しるしが、はじき出されのがわかると、
それにつられるようにして、悦びのタイミングを上手に合わせた私、
悲しげな細い声を漏らし、仰け反りながら、昇りつめてしまったのです。

d3eb7b01-s.jpg


ひきついていただろう秘唇から、彼の男の人のものがゆっくりと抜かれた後も、
横たわった裸の身体から、激しく昇りつめた名残の麻痺は、なかなか治まらないで、
その度、甘い声を漏らしていました。

彼と彼女のくちびる、私の方から、何度も、吸い続けたせいでしょうか、
なんだか、くちびるが熱くなって、いくらか、腫れたようにもなっていて、
そんな恥ずかしい自分を、いたたまれなく感じてもいたんです。
その肌に、しばらく、彼女の手のひらが這いまわっていましたが、

「ほらっ、彼からのプレゼントよ」

って、今しがた私をあんなに泣かせた彼の男の人のものから、
外されたスキン手渡されたのです。
それは、驚くほどの量の男の人の液で満たされていて、温かささえ感じました。
今夜、初めて逢って、肌を合わせてしまった若い素敵な彼、
でも、私の身体を、こんなにも喜んでくれたくれたのかと思うと、
なぜだか、愛おしさえ、こころに染みたのでした。

72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

「セックス、しちゃったわ。それも、三人と」
「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」
「夫以外の人に抱かれるって、どうして、あんなに良いのかしら」

そんな桐子さんの言葉、思い出されました。
名前さえ知らない若い男の人に抱かれてしまった、思いもかけなかったパーティー。
けれど、桐子さんの言っていたように、これだけでは、済まなかったのです。

関連記事
09:29  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

マスカレード4

2019.11.01 (Fri)


どうかしていたのは、間違いありません。
彼女の巧みな指に、何度も悦びの声をあげさせられ、裸の身体を震わせ、
そして、彼女と入れ替わるように隣に座ってきた若い男の人に、
強引に肩を抱き締められ、顔を寄せられても、
何も抗うことなく、ねっとりとくちびるを重ね合い、
差し入れられてきた舌を、むしろ 私のほうから、絡めあうように委ねてしまっていたのでした。

仮面越しではありましたが、端正な顔付の、若い青年だったらしく、
黒いバスローブの重ねがはだけ、筋肉質の身体が見て取れました。

2715.jpg

「あの、不思議なお酒のせいだわ」

バスローブがはだけ、身に着けるもののない私の裸の身体を、
彼、ソファーに深く座った自分の腰の上に、軽々と股がらせると、
くるって回転させ、私を背中から抱き寄せたのです。
後ろから、脇の下から差し込まれた彼の手のひらが、
もうろうとした私の乳房を揉み上げ、いいように味わっているようでした。


「なんて素敵な身体なんだ、おっきな胸なのに、腰はこんなにくびれて。
聞いてた通りなんだね」

首筋に、さっきまで吸いあっていた濡れたくちびるが這いまわると、
そのくちびるを望んで顔を後ろに向け、私の方から、ねだっていました。

彼、二度、三度、そんな私に、どろりと唾液を飲ませ、
上手に膝の後ろに手を添えると、私の、太ももを大きく開きました。
そして、おびただしく愛液を滴らせている秘唇に、
その若々しく太い男の人のもの、擦り付けてきたのです。

0f7519d0-s.jpg

「さぁ、入れてもらうわよ。ほらっ、こんなにおっきいの」

そう言うと彼女、硬くなった私の乳首を甘噛みしながら、
二度、三度しごくように動かしていた彼のもので、私の滴るように愛液を潤ませた秘唇、
上手に押し開きだしたのです。

sex_5795-019s.jpg

「あぁ、駄目、かんにんして。夫がいるの」
「ここじゃ、旦那様のことは忘れて、今は、彼のおんなになるのよ。ほらっ」

私の掠れるような声に重なるようにして、彼女、嬉しそうにこう言ったんです。

「虜になるわよ、彼の」


関連記事
09:04  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

マスカレード3

2019.10.26 (Sat)


薄暗いと言ってもいいような、広い玄関ホールで靴を脱ぎ、
そこに待っていた、白いバスローブを羽織った、
そして、素敵な仮面を付けた女性に案内された先は、
白い壁のバスルームでした。
Tさんは、どこか違うお部屋に行ったみたいで、
なぜだか、彼女の仮面の唇に、意味ありげな微笑みが浮かんだ気がしたんです。

images (2)

バスタオルとその上に乗せられた、布のできた黒いレース仕立ての仮面を渡されて、
促されるがままに、シャワールームに入りました。

シャワーを終えて、着替えようとすると、さっき脱衣場のカウンターに置いたはずの、
小さなトラベルバッグと、そして、脱いだはずの下着が見当たらないので、
仕方なく、素肌の上にバスローブを身にまといました。

furo_agari_4991-070s.jpg

「あぁ、バッグと下着は、お部屋に運んでおいたわ。
あぁ、ほら、仮面つかないと、知らない人に、顔、見られちゃうわよ」

バスルームからのドアを開くと、薄暗い廊下に、彼女が待っていてくれて、
そんなことを言われながら、ちょっと強引に手を引かれたんです。

ダウンロード

確かにレース仕立ての仮面を付けると、
えぇ、なんだか、自分ではない気分にはなったんですけど。
何も尋ねられませんでした。彼女に誘われるがままに、反対側のドアを開き、
背中を押されるようにして、薄暗い部屋の中に入ったのでした。

light13.jpg

「Tさん、どうしたのかしら」
遥か眼下にきらめく神戸の街の灯を見下ろす、広いガラスのお部屋、
その手前に素敵なテラスも見えていましたが、
薄墨が広がっているような部屋の中には、
僅かな光だけが広がり、背もたれの高いソファーや柱の陰のために、
この部屋で、今、何があってるのか、直ぐにはわかりませんでした。

けれど、時折、やるせない女性の細い声が漏れ聞こえ、それに誘われて目を凝らすと、
大きな観葉植物の広い葉の向こう側に、男の人の上にまたがり、
下から延ばされた手から胸を揉まれ、いやらしく腰を揺らしながら、
喉を逸らせている白い裸の女体が見えたんです。

819b70e9-s.jpg

狼狽えて声を失った私のこと、
傍らの上質なソファーに、抱き寄せるようにして座らせた彼女、
座り終えるまもなく、バスローブの重ねの前から、手のひらを差し入れてきました。

「この部屋では、自分が人妻ってこと、忘れるのよ」

そう言うと、私の髪を分けて、熱い息を吹きかけながら、ゆっくり乳房を揉み上げ、
もう、硬くなりかけだした乳首を、柔らかく摘まんだんです。

思いもかけない桃色の快感に、思わずくちびるを開いて仰け反った私、
けれど、その口に、ねっとりとくちびるが重ねられると、舌先に開かされた口の中に、
どろりと、何かしら甘い液体が流し込まれました。

078.jpg

「さぁ、もっと飲んでね、恐ろしいくらい、何度もいけるから、
 きっと、あなた、今夜、失神するわ」

嫌がっても良かったはずなのに、丹念に胸、揉まれながら、何度もそうやって、
口移しに、その液体飲まされたんです。

lesbian_4818-069s.jpg

なにも拒まないまま、バスローブの前がだらしなく開かれ、
それまで這いまわっていた乳房から、彼女の細い指先が、這い下りてきて、
恥毛を分けながら、
もう溢れるほど愛液を滴らせようとしている私の秘唇に滑り込んでくると、
同性である彼女の、快感の糸口を開く巧みな指使いと、
口移しで飲まされたあのお酒のせいでしょうか、
ほんの幾らもしないうちに、思いもかけないほどの強い悦びの麻痺が、身体を走り抜けました。

onanie_6888-028s.jpg

幾らもしないうちに、私の身体の中に滑り込んでいた指が二本に増えると、
拒むこともなく、それまで以上の悦びを求めて、
その指をもっと深く迎えるために、自分から太ももを開いてたんです。

喘ぎの治まらないくちびるに、ねっとりと彼女の濡れたくちびるが重なってきて、
また、どろりと甘い液体が注がれると、
むしろ、私の方から、彼女のくちびるに吸い付いていたようにも思えたんです。

lesbian_4818-027s.jpg

関連記事
11:29  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT