FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと6 ビューサンセット2

2019.02.12 (Tue)


「俺のが欲しいんだろ、そう、言えよ」

それまで以上に、彼から強く突かれ続けられ、
数えきれないほどの悦びのため、
もう、何も考えられなくなっていたように思います。
けれど、そう言われて、少しだけ、自分に戻ったんでしょうね。

男の人が、女の人との営みの中で、満足するためには、
自分のしるしを、相手の身体の奥深く注ぐこと。
人妻である私が、知らないはずはありません。

私に、経験のないほど、永い時間、悦びの頂を与え続けた彼の、
男の人として、当たり前の言葉を聞かされたのです。

「かんにんして、それだけは」
「たっぷり、だしてやるよ、奥に」

そう言うと、一度、抜き出した、
二人の愛液でしとどに濡れた自分の濡れた男の人のもの、
もう一度、私の秘唇に当てがいなおすと、一気に奥にまで突き入れてきたのです。

sex_6509-049s.jpg

恐ろしいような快感が、再び、身体を襲いました。
たった、そのひと突きで、治まりかけていた悦びの頂に向かってしまうこと、
また、はっきりと分からせられたのです。

心配のない周期が、微妙な期だと思われましたが、
朦朧として、はっきりとはわかりませでした。

曇った声を聞かせ始めた彼に、息が詰まるほど、抱きしめられると、
それに応えるように、抱かれ続けられた女として、
彼の腰に太ももを絡ませ、
膨れ上がりだした彼の男の人のもの、もっと身体の奥に欲しくて、
擦り上げながら、自分の腰に引き寄せ、
嘘ではない、どうしようもない、自分の身体の正直な思い、
叫んでしまっていたのです。

「あぁ、欲しい、ひろしのが欲しい」

02802992-s.jpg

こんな瞬間が、出会って間もないはずの彼との間に訪れるなんて、
思いもしませんでした。
けれど、自分の身体の奥で、
それまで以上に、熱く、膨らみ始めた彼のものを感じると、
諦めるように納得した私、
初めて迎える彼の精液、できるだけ沢山出してもらいたくて、
腰、いやらしく振り続けながら、悦びの頂に昇りつめていったのです。

020109.jpg


急に、彼の唸り声が聞こえ、身体が自分から離れると、
胸元に、熱いものが振り注がれるのを感じました。
曇った声を聞かせられながら、二度、三度、乳房に撒き散らされたのは、
まぎれもない彼の、驚くほどたくさんの精液だったのです。

bukkake-2129-17s.jpg

まだ、硬さを失わない男の人のものの先から、
粘り気の強い、塊のような名残りの液が、伝い流れるのが見えましたが、
それ何度か、柔らかい乳首に擦り付けると、私の顔に近づけてきました。

「孕んだりして、面倒なことになるの、嫌だからな、ほらっ」

そう言うと、その濡れたもので、私のくちびるを押し開きだしたのです。
彼が何を望んでいるのか、分からないはずはありませんでした。

私、彼の望むままに、私をあれだけ悦びに誘ってくれた、
今は愛しくも思われるものに舌を絡ませると、
脈を打ち続ける彼のものの中から、残った精液、全部出してもらいたくて、
ゆっくりと髪を揺らし続けていたのです。

12c92dea.jpg

関連記事
13:35  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

ひろしとのこと5 ビューサンセット

2019.02.08 (Fri)


日本海の夕焼けが素敵な、ビューサンセットは、
能登半島の西側にあるお料理の美味しいことでも有名なホテルです。

人目もあるから、私をは電車に乗って、
いつもとは別の駅の駐車場で、彼に拾ってもらうことにしたんです。
能登の有料道路を快調に走り、途中のICで降りた後、
左側に日本海を眺めながらのドライブ。
BGMはショパンでした。

図1 能登有料道路(千里浜付近)-thumb-500x333-682

快晴の海は、見事な眺めでしたが、
夫ではない人と過ごす時間、
やはり、人妻である私には、空のようには、晴れやかではありませんでした。


「私、先に行って、お昼寝しとくから。順子たち、後からおいでよ」
「えっ、それって、困るわ」
「いいじゃない、別に」

そう南さんに言われ、行くことにしてしまった、
彼との、昼食を兼ねたドライブだったのです。

mv05.jpg

「まぁ、立派な部屋ね、見て、日本海が一望よ」
「特別室、奮発したんだ」
「悪いわね、それに、お部屋でお食事なんでしょ」
「あぁ、夕食、予約してあるから」
「あらっ、南ちゃん、お昼寝してるって言ってたけど」

DSC9190_-345x230.jpg

そう言って、ふたつあるダブルベッドを覗いてみたんですけど、
やっぱり、いないわ。

「あいつはこないよ」
「えっ、だって、南ちゃん …」

けれど、思いもかけない強い力で抱き寄せられると、
言葉を続けようとしたくちびるに、彼のくちびるが重なり合ってきたのです。

1873-12s.jpg

「駄目よ、そんなつもりで来たんじゃないわ」
「いいだろう、この間の続き」

そう言うと、もう一度、濡れたくちびるが触れてきたんです。
驚くような成り行きだったはずなのに、
舌を吸われると、思わず甘い声を漏らしてしまい、
どろりと注がれた唾液は、あの夜の懐かしい匂いがしました。

逃げるようにくちびるを外し、幾らか抗いましたよ、
けれど、乱暴だと思えるほどの力で、ベッドに押し倒され、
二人の身体、もつれるように、重なり合ったんです。


「駄目よ、こんなこと」
「忘れられない時間にしてやるさ」
「嫌、私、夫がいるのよ」
「俺の方が良いって、思うようになるから」

僅かな時間の間に、ブラウスのボタンが外され、
スカートも脱がされそうになりました。
抗ってその手を外そうとした隙に、反対の手で胸元を開かれ、
ブラの前ホック、上手に外されてしまったんです。

彼の目の前に、露わになった両乳房があふれ出ました。

158_19.jpg

「堪らない胸なんだね、子どもいるなんて嘘みたいだ」

そんな聞きたくもないこと聞かせられながら、
ベッドの上をずり上がって、もう一度逃げようとしましたが、
その時、もう、さっきまで重ね合っていた彼のくちびる、
私の、柔らかい薄桃色の乳首に、吸い付いてしまったっていたのです。

8fa2362a-s.jpg

相手が誰であっても、どうして乳首って、こんなにも、感じてしまうんですか。
身体に広がる桃色の快感に、思わず、甘い声を漏らしてしまった私。
そして、その声が、もう、取戻しのつかなくなった、
ひろしとの本当の時間の、始まりになってしまっていたのでした。



関連記事
16:11  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

ひろしとのこと4 秘密

2019.02.04 (Mon)


彼の、恐ろしいほど反り返った男の人のものの先が、
薄っすらと開いていただろう、おびただしく濡れそぼった私の秘唇を何度も擦り、
滲み出たお互いの愛液が、
二人が繋がり合うための準備、もう、充分にできていることを知らせていました。

sex_6509-039s.jpg

そして、彼の煮えたぎるように熱い反り返ったものが、
私の肉壁をきしませるように、押し開き、進み、戻り、また、進み、
とうとう、身体の奥にまで、しっかりと迎え果たしたことがわかった瞬間、
経験のないほどの、強い悦びのために、
私の腰は、跳ね上がり、
それ以上の悦びを求めて、お互いの恥毛が絡みあうように、
今までの自分は、知らないような細い声をあげながら、
彼に自分の腰、擦りつけていたんです。

see376s.jpg

「いいだろう。、俺に抱かれた女は、皆、そう言うんだ」

続けて二度目の悦びに打ち震えるまま、そう言われて彼を見上げると、
くちびるを舐める、いやらしい笑みが見下ろしていました。
それは、自分のもので、これだけ、私を強い悦びに誘い、
泣かせたことに、十二分に満足した笑みだったようにも見えたのです。

麻痺に震える私の柔らかい身体の上に倒れ込み、抱きしめてきた彼、
ぶつけるようにくちびるを求めた私は、彼の逞しい腰に、自分の両太ももを絡めると、
彼が言った言葉に応えるように、二人の性器のしっかりと繋がり合った腰、
それまで以上に、激しく、擦り上げてしまっていたのでした。

222.jpg


彼の求めるがままに、身体を繋げあいました。
引き上げた腰に、後ろから覆いかぶさった彼。
両乳房を、下から持ち上げるように揉み上げながら、
それまで以上に、驚くほど固く感じた男の人のもので、
突きさすようにして、激しく私の身体を犯し続けたんです。

pakopako_sex_6828-011s.jpg

それまでとは違う、更に深い奥にまで彼のものの先を感じると、
私は、彼のものが届いているだろうと思るお腹に手を当てながら、
どうしようもない快感から、逃れるように髪を振り続け、
恥ずかしい声、あげ続けていました。

強い突きに朦朧となりながら、何度か、お尻を叩かれる音を聞かされました。
これまで、男の人との営みの中で、そうされたのは、初めてだったのかもしれません。
けれど、その鋭い痛みには、私がその時まで以上に、彼のものに染め上げられること、
思い知らされたような気がしていたのです。

「良いって言うんだ、じゃないと、止めるぞ」

そんな恥ずかしいこと、言えるはずもなかったのに、
もっと、もっと、深い悦びが欲しくて、
シーツに顔を埋め、髪を振り乱しながら、彼の望む言葉、叫んでいたんでした。

back_5252-031s.jpg

数え切れないほどの悦びの頂に昇り昇りつめ、息も絶え絶えになった私の身体を、
しっかりと性器で繋げたまま、自分の腰に跨らせた彼。

下から突き上げ続けられた私は、たわわな乳房を揺らしながら、
彼のために、そして、自分の身体が求めるがままに、腰を揺らし続けていましたが、
彼の指先が、二人の繋がった性器に伸びて、濡れた柔芽を摩るたびに、
私、声を嗄らして、泣きじゃくっていたのです。

b689b57f-s.jpg

夫のこと、ほんの僅かも、こころに浮かびませんでした。
その、目を被うばかり姿の間、彼から与えられる、深く怖ろしいほどの快感を、
ただ、求め続けるしかなかったのです。

パパ、ごめんなさい、隠してて。



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT