FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

O先生との夜4

2018.08.10 (Fri)


0ee5e817-s.jpg

両手首を、先生の趣味の良いネクタイで後ろ手に痛いほど縛られ、
猫足の椅子に座った先生の前に膝まづかされていました。

髪を揺らして抗う間もなく、
くちびるを押し開いた、先生の恐ろしく太く、グロテスクな男の人のもの、
私のお口の中で反り返り、ゆっくりと、のどの奥にまで届き、
えずきそうになった私、思わず逃れようともしましたが、
逆に、それまで以上に、もっと深くまで、押し込まれてきていたんです。

fellatio_4759-034s.jpg


「さっきまで、上品だった君の可愛らしいくちびるが、僕のものを咥えているなんて」

そう、いいながら、O先生、私の口の中の温かさと感触を楽しんだんです。
私、うっすらと涙を浮かべながら、その動きに耐えていましたが、
思いもかけないことなのに、先生のもので、口を犯されながら、
思いもかけず、自分の身体が熱く激しく燃え上がり、
さっきまで、指を入れられていた秘唇から、
男の人のものを迎えるための蜜液が、滲み出そうとし始めたこと、
気づいていたのでした。

8a97e372-s.jpg

M先生のために、貢物にされること、仕方のないことがと思っていた私でしたが、
それ以上に、女としての身体が、男の人のもの求めてしまっていること、
やっぱり、さっきの白い粉のせいだったのでしょうか、
私、ぼおっとした意識の中で、反り返ったO先生の、驚くほど太いものに舌を絡みつかせ、
懸命にそれ、吸いたてていたのです。

fellatio_4759-024s.jpg

「いく時は、聞こえるように言うんだよ。はっきり」

細く白い私の身体を押しつぶすような、大きな先生の浅黒い身体、
明るくした部屋のベッドの上で、そんな、二人の身体が絡み合っていました。

それは、仕留めた小鹿に、舌なめずりをしながら覆いかぶさる黒熊のように、
そんな風に、見えたかもしれません。

額に汗を浮かべて、焦るような声で、先生、
何も身に着けていない裸の私の身体、後ろから羽交い絞めにすると、
耳たぶに歯を当て、乱れた熱い息を吐きながら、二度、そう言ったんです。

0126.jpg

先生の左手には、恥ずかしいほど大きな音を立てるおもちゃが握られていて、
それが、ゆっくりと、私の中を出入りし、震えていたのでした。

それは、M先生との営みのとき、既に経験していたことではありましたが、
私にとっては、男の人のもので、悦びに昇り詰めるよりも、
はるかに、いたたまれないことのようにも思えていたのです。

images.jpg

「さぁ、僕のおもちゃになるんだ」

いくらも我慢できませんでした。
髪を揺らし、それで、悦びを告げることを抗いながらも、
ぞろりと、分厚い濡れた舌先で首筋を舐められ、
それまで以上に、深いところに、それ、えぐるように強く突き入れられると、
もう、我慢、できなかったのです。

それを咥えたままの腰が跳ね上がり、自分でも驚くほどの叫び声あげながら、
言われた通り、悦びの頂に、あえなく昇り詰めること、先生にしっかりと告げていたのでした。

1_1397628952_8_oYpgN.jpg

関連記事
19:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

O先生との夜3

2018.08.06 (Mon)


nightriver1.jpg

薄っすらとした灯りの中、
壁一面の広いガラスのすぐ前に、街の灯とそれを映した綺麗な川面が見えました。
まぁ、素敵な部屋。
でも、その眺めを楽しむ余裕は、その時の私にはまったくなかったのです。

そんな背景の前に、
猫足の素敵な椅子に座った白いバズローブ姿のO先生がおられ、
傍らの小さなテーブルの上には、
よくわからないドリンクの空の容器が、数本、だらしなく倒れていました。

2010_0911k0033.jpg

「窓際に行ってごらん」
言われるがままに、部屋の前に広がる川の見える窓際に行きました。
部屋の灯りが僅かだから、
外からは、きっと、私の薄い影しか見えないだろうとも思えたのです。

「裸になりなさい」

背後に掛けられたO先生からの望まぬ言葉に、自分の身体が震えたのが分かり、
私、髪を振ったんですが、
そんな私に、追い打ちをかけるように、先生の言葉が続いたんです。

「Mにとって、これからが、大事な時だってわかるね」

肩を落とした私、仕方なく、夏物のワンピースの背中に手を回すと、
細いファスナーを下ろし、それ足元から抜くと、
近くにあった高級そうな椅子の背もたれに掛けたんです。
今夜の自分の身体が、まぎれもなく、M先生からO先生への貢物であること、
納得した私には、もう、そうするしかなかったのでした。

5062922e-s.jpg

O先生、そんな私の後姿、後ろから見ていたんでしょうね。
「下着も」って、掠れた声、聞こえました。

言われるがまま、ホックを外すと、肩ひもをずらし、
膨らみの上から手を被せ、ブラもショーツも、ワンピースの上に置きました。

ad0f8002-s.jpg

「ここに来てごらん」
隠すことのできない何も身に着けない裸、先生の言われるがままでした。

先生、暫く、そんな私の身体をゆっくりとご覧になった後、こう、言ったんです。

「上品な可愛らしい顔をしてるのに、なんて嫌らしい身体なんだ。
 腰はそんなに細いのに、あふれるような乳房だ」

140527a_0005-580x829.jpg

私、目を閉じて、先生の言葉が終わるのを待つしかありませんでした。
この身体を愛してくれた、M先生の望む通りの時間が、
その時、流れ始めてしまっていたのです。

それまで目を閉じていた私、「あっ!」って、声を出していました。
太股の間に、O先生の指を感じたからです。

「やわらかい、くちびるだ」

そう言うと、その指、溝に沿って動き始め、
ふらついた私、先生の肩に手を乗せて、
もう、されるがままに、僅かな桃色の声漏らすしかなかったのです。

先生の太い指、熱い恥唇を開きながら、
その太い二本の指先の根本まで、身体の奥にまで、ゆっくりと入ってきて、
顎を仰け反らせた私に、細い声をあげさせたんです。
恥ずかしいけど、身体の感じるままに、そう、してしまったのでした。

shutterstock_565980976.jpg

「なんて、狭いんだ」
肉ひだの中に差し込まれた二本の太い指、段々と開きながら、

「今夜は、寝かせないよ」
私の耳たぶを噛むと、O先生、低い声でそう言ったのです。

関連記事
13:25  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

O先生との夜2

2018.07.30 (Mon)


P023016607_480.jpg

お店の奥の窓際の席に、先生、あらっ、ご友人かしら?
お相撲さんのように、太って恰幅の良い、先生より随分と年上に思える男性の方。
簡単に会釈して、M先生の隣の席に座ると、

「去年から、僕の講義を受講している学生なんです」
って、始めは、そう、紹介していただいたんですけど、

「昼間は、清楚で優秀な学生だけど、
夜は、僕の言いなりの従順な愛人なんですよ」

私、驚いて、俯いたんですよ。
きっと、その慌て方で、先生の言われたこと、嘘ではないってこと、
O先生にもわかったと思います。

「まぁ、あなたみたいな、上品なお嬢さんがね。
まぁ、悪い冗談はそのくらいにして、さあ、食事にしましょう」
そう言うと、O先生、分厚い舌で、くちびるを舐めまわしたのでした。

pg-1461688165-3660.jpg

コース料理が始まりましたが、私、あまり食欲はありませんでした。
どうして、あんなこと、先生、言ったのかしら。
二人のこと、皆には知られないようにって、いつもご自分が言われてるのに。

1003-24s.jpg

ご一緒した方は、M先生が大学時代からお世話になっている教授で、
今も、いろいろと、お付き合いがあるとのことでした。

ダウンロード

「この間の君の論文、読ませてもらったよ。白馬節会とは、目の付け所が良かったね」
「ありがとうございます。年中行事や有職故実は昔から好きで、
何気なく読んでいてテーマにまで持っていったんですけどね」
「そちらの学部長に、良く言っとくよ。あと、何本か面白いのが書ければ、
もし、その若さで教授になったとしても、いろいろ言う奴はいないだろうからね」
「先生にそう言っていただくと心強い、宜しくおねがいします」

文学部の学生の私にとって、
お話の途中での先生方のお話は、ひどく興味深いものだったし、
ビールから始まったお酒も、ワイン、そして、日本酒と続き、
お二人とも、随分と今夜を楽しんでおられるように思えました。

e228_0_1.jpg

コースが終わる頃、
「イスタンブールに行った友人から、面白いものもらったよ」
そう言うと、O先生、茶色の皮のバッグから、細いスッテックを取り出されると、
口を開き、ふいに私の目の前に置かれたワイングラスに注ぎ込んだんです。

「さぁ、口直しに飲んでみてごらん。いや、なに、危ないものじゃないから」

きっと困った顔、私返したんだと思いますが、
言われるがまま、その白い粉が溶け込んでしまったワイン、飲み干してしまうと、
O先生の、満足そうな濡れたくちびる少しだけ緩んだのが見えたんです。

suzu_20160210_4.jpg

O先生、ナプキンを使いテーブルに置くと、M先生に声掛けられました。
「いつも、悪いね」
「いえ、お部屋で待っていらしてください」

もう一度、私の身体、舐めるようにご覧になったO先生、
ゆっくりと、席を立たれたんです。

「わかるね、大事な先生なんだ」
「どうすれば、いいんですか」
「先生の部屋に行けばわかるさ」
「えっ!」
けれど、その返事の応えは聞けないままに、M先生、そっと、立たれたんです。

随分と混乱していました。
O先生のお部屋の番号、教えていただいていましたが、
そのドアを開いたら、どうなってしまうのか、
思いもしなかった夜が、始まってしまうこと、間違いないように思えたのでした。

02627.jpg

けれど、さっき、飲まされた白い粉のせいだったんでしょうか、
身体の芯から、恥ずかしい感情が、ゆっくりと湧き上がってきたようにも思えたのです。

M先生に言われたままに私、
O先生のお部屋のドア、ノックしてしまっていました。
それが、M先生が望まれていることであるのなら、
もう、仕方がないと、そう、思うしかなかったのです。

1422.jpg




関連記事
09:49  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT