FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

石川観光

2020.01.20 (Mon)


東京からの真っ白な新幹線が、金沢駅のホームに滑り込んできました。
号車が分かっていたので、その前で待っていたから、
開いたドアから出てきた、みどりさん夫婦、すぐにわかりましたよ。

こぼれるような笑顔のみどりさんの後ろに、背の高いスマートなだんな様が見えて、
なぜだか急に昔のことが思い出され、胸が、きゅんってなりました。

でも、良かったわ、とんでもない暑さだけど、雲ひとつない、いいお天気で。

d4ee10849bbe9e13c1410b6b7ae8c912.jpg

大学時代の友人、みどりさん。
外人さんみたいなスタイルだし、お勉強ができて、クラスでも人気者でした。
学生時代からお付き合いのあった、同じ京都の大学に通っていた彼と
卒業した後、暫くして結婚、
今は、東京で暮らしながら、二人の子どもさんにも恵まれ、お幸せな毎日です。

A73119px01_12315A.jpg

在学中、何度か私の実家に泊まりながら、一緒に北陸や新潟を尋ねましたが、
だんな様は、今まで、こっちには来たことがないとのことで、
今回、二人で旅行に来てくれたんですよ。

「まぁ、すごいわ、昔とはぜんぜん違うのね」

駅前のもてなしドームや鼓門に歓声、
確かに北陸新幹線が来て、前とは見違えるようになってるんです。
皆さんも、一度、遊びに来てくださいね。ご案内させていただきますよ。

20151123_0264.jpg

駅前の背の高いANAホテルのフロントに荷物を預けて、
5階のレストランで、お昼を頂きました。
兼六園を思わせる日本庭園を眺めながら、
北陸のお料理を楽しみに来たわって言ってくれた、みどりさんたちの期待を裏切らない、
美味しい和風ランチでしたよ。

crowne-plaza---ana-kanazawa-shi-3892402540-4x3.jpg

「ますます、綺麗になったんだね」

みどりさんが席を外した間に、急に真剣な眼差しになった彼、
テーブルの上のコーヒーカップ、ゆっくりと廻しながら、
そんな、私を困らせるようなこと、
小さな、それでいて、はっきりとした声で言ったんです。

23-h14016-mt.jpg

「もう、忘れてね。昔のことだから」
「忘れたって思っても、急に、思い出すんだ、君の身体のこと」
「駄目よ、みどりさんに悪いわ」

目を伏せると、私、そう言うのが、精一杯でした。

学生時代。みどりさんのマンション、
シャワーを使っていた浴室で、そして、隣の部屋にみどりさんがいるというの客室で、
彼の求めるがまま、身体を繋げ合い、若く熱い彼の男の人のしるし、
おびただしく、注がれました。
そして、彼が大学を卒業するまで、みどりさんに隠れるようにして、
ただ、身体の欲望が求めるままに、ただれるような時間を過ごしたことがあったんです。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg

それに、二人が結婚した後、
思いもかけず東京で出会った時も、まるで、約束をしていたかのように、
身体を繋げ合ったことも。

主人には、お話してあるんですよ。

「みどりさんの彼と」はこちらからどうぞ

関連記事
15:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あけましておめでとうございます

2020.01.06 (Mon)

皆様、あけましておめでとうございます。

比較的平穏だった天候のお正月、
皆様、いかがお過ごしだったでしょうか。

私の方は、家族や親戚一同と、
穏やかな三が日を過ごしましたよ。
 
いろいろなことがあった昨年、
今年は、そんな出来事に引きずられない日を過ごしたいと思ってはいるのですが。

今年も、よろしくお願いします。
皆様の、ご多幸の多い一年を、お祈り申し上げます。

gazo69 (2)
関連記事
10:13  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「幸せの行方」 その22 革靴

2019.12.26 (Thu)



142292197.jpg

薄茶色の洒落た紐靴が、玄関の上り口に綺麗に揃えて並べてあった。
客用の車庫に車がなかったので、気づかなかったが、
来客は、誰なのか察しはついていた。

背広をリビングのソファーに掛けると、ネクタイを緩める。
院長職は、一見気楽そうに見えるが、
診察の他に、経営に関わる会議も多く、何かと気苦労が多い。

ソファーに座るとテーブルにあったリモコンで、テレビをつけてみた。
丁度、知人の二人が、医療功労賞を受けることが報じられていて、
祝賀会はいつだろうと、日程が案じられた。

ビールでもと思って、腰をあげようとしたとき、
二階から、桐子が下りてきた。
髪が乱れ、素肌に羽織ったのだろうか、白い胸元が見えた。

140517c_0021-580x773.jpg

そのカーディガンのボタンを閉めながら、
慌てた様子だったところを見ると、
予想した来客に、抱かれていた途中だったのは、間違いないと思えた。
ダイニングのテーブルの上には、
高級そうなワインと、寿司の食べ残しがまだ残っていて、
まだ、食事は終わっていなかったらしい。
それとも、食べること以上に、抱き合うことを待ちきれなくて、
どちらかが、誘ったのかもしれない。

「ごめんなさい、帰ってらしたんですね」

桐子は髪を撫でつけながら謝ったが、
その口紅は、すっかりと取れているのが分かった。

「きてるのか」
「今夜は遅いって、あなたが、おっしゃったから」

何時から、そんな風に、あいつのことをかばう様になったのだろうか、
きっと、逢いたいと連絡したのは、彼からだったと思えるのだが。
そう言った桐子の身体は、
二階のベッドにいるだろう恋人の胸に早く帰りたい様子が感じられた。

「いいよ、外で済ませてくるから」

そう言うと、車の鍵を手に取って立ち上がった。
玄関先まで、見送りには来てくれた桐子だったが、
ドアが閉まった後、急ぐ足跡が聞いてとれた。
息を弾ませながら、
身に着けているものを脱ぎながら二階に向かったのかもしれない。

車の鍵を挿し込むと、エンジンを掛ける。
行先はいくらでもあった。
けれど、自分たちの寝室で、恋人に抱かれる妻を残し、
夫である自分が、出かけて行くことに、
滑稽な自分を感じてしまうのは、当然だとも思えた。

桐子は、相変わらずの美貌と、見事な張りをもった身体であったが、
すでに、子どものことを心配する必要はなかった。
恋人は、心置きなく、そんな桐子の身体を楽しみ、
そして、当然のように、安心して男のものを注ぎこむことが察せられた。

sex_4610-001s.jpg

仕方のないことでもあったのだ、
彼が幾度も拒んだことを、二度も強要したのだから。
男としての役目を終えた後も、
桐子の身体を忘れられなくなってしまった彼を、
今更、邪険にするわけにはいかなかったのだ。

いくらかの人の幸せのために、
ひとりの人間の人生が大きくかわることはいたしかたないことだと、
その時は、そう、納得をしたつもりだったし、
その時は、そう、説得ををしたつもりだった、
けれど、そう考えていた幸せの行方は、
実は、思っていたようなものでは、なかったのかもしれない。


関連記事
09:33  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT