FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

一条戻り橋5

2018.02.23 (Fri)


彼の手が、優しく後ろ髪にあてられ、裸の腰が近づいてくると、
驚くほど熱い男の人のものが、
私のくちびるを押し開こうと触れてきたのがわかりました。
けれど、その先から滴る透明な液と、私の唾液に助けられているはずなのに、
彼の望むこと、とても、無理だとも思えたのです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

はしたないほど、お口を開いて、
喉の奥にまで、彼のものを含んだつもりでしたが、
それは、彼のもののすべてから比べてみれば、ほんの僅かにしか過ぎませんでした。

涙を浮かべながら、彼のゆっくりとした腰の動きのままに、
いつのまにか、彼の逞しい裸の腰を両手で引き寄せるようにして、
お口の中で、更に膨れ上がり脈を打つものに、まるで、許しを請うように、
激しい喘ぎの中で、ただ、一生懸命、舌を絡みつかせていたのです。
そして、その舌に応えるようにして、
脈打つ彼のもの、ますます、大きく太くなってくれていたのでした。

01668.jpg

このまま、彼の濃い、おびただしい精液、飲まされても良いと思いました。
いえ、そのすべてを飲ませて欲しいと、
むしろ、私の方から、そう思っていたのが、正直な気持ちだったのかもしれません。
それほど、その長大なものを知らされた私の身体と気持ちは、
もう、彼のそれの、従順な虜にさせられていることを、
しっかりと、思い知らされていたのでした。

cum_eating_4549-082s.jpg

男の人の身体と繋がり合う、最も自然な形を望まれていることが察せられ、
両方の白い太ももの内側にそっと熱い手を添えられると、
むしろ、私の方から、これ以上は無理だと思えるほど、
開いた恥ずかしい姿を、彼の前にさらし、
彼のものに合わせるように腰を浮かし、迎えるその時を、求めてしまっていたのです。

see24.jpg

その先から滴り落ちる透明な液と、
正直に身体の奥から滲み出す私の愛液の、混ざり合うような恥ずかしい音が、
二人の性器がゆっくりと擦られ合う度に、聞こえてくるようでしたが、
そんな居た堪れない時間が続くとき、とうとう我慢できないで、
腰をくねらせ、その時を求める桃色の声をあげたのは、私の方からだったのでした。

ju65s.jpg

お口を犯されたとき、自分の身体では、
とても迎えられないと思えた、恐ろしく太く長大な彼のもの、
けれど、その根元まで、一気に、
身体の一番奥の肉壁にまで、突き入れられてきました。
そして、幾らの隙間もなく、それがしっかりと届いたこと感じた瞬間、
大きく口を開き、聞こえない声を叫びながら、一瞬で、鋭い悦びに昇り詰めていたのです。

無題1

私をどうするつもりなのでしょう。
私はどうなってしまうのでしょうか。

えぐられるような腰の動きと、経験のない身体の奥を押し開くような感覚に、
何度も、何度も、悦びの頂に昇り詰めさせられていました。
胸を仰け反らせながら、声を嗄らしながら、涙を流しながら、
彼のもので、しっかりと繋がった恥ずかしい白い姿、
見せ続けていたのです。

ju65s.jpg

けれど、その重ね続く強い悦びに耐え切れなかった私、
いくらもしないうちに、とうとう、敢え無く気を失ってしまうと思った瞬間、
彼の背中越しに見上げた天井に、幾つかの眼差しが見えたような気がしました。
その光は、あぁ、一条戻り橋の下ですれ違った人から向けられた、
あの眼差しの不思議な光のようにも思えましたが、
もう、その時には、何も分からないところに、誘われていったのです。

mig.jpg

関連記事
15:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

一条戻り橋4

2018.02.18 (Sun)


1485744443.jpg

「ここなんだよ、仕舞屋造りなんだ」
そう言って、懐かしささえ感じる優しい音とともに、
誘われるがままに格子戸を潜り抜けると、
出窓格子からのうっすらとした光が、建物の中の向こうまで射し込んでいました。

mainimg-18.jpg

あぁ、前に書いたことがある、留学生のボブのところも、
ここよりはずっと狭かったけど、
町家と呼ばれている、こんな建物だったこと、思い出していました。

「子どもたちも独立して、独りだからね。でも、リフォームには随分かかったんだよ。
 ちょっとしたマンション、買った方が安いくらいさ」

昔からの、京都の町家の間取りを活かしながらも、
床も壁も、吹き抜けの天井もモダンな設えで、裏庭の苔庭の可愛らしい木々なども、
本当に素敵に出来ていました。

nana1.jpg

外見からは、きっと、想像できない洋風なフローリングの部屋、
興味深げに見ていた私の視線の先に、
あらっ!これ、さっき、清明神社でみた、あの、五光星の置物が、
微かな光を放ちながら、光っていたのを見つけました。
「あぁ、それ、清明の力が、少しでももらえるかなぁって。
 ちょっと待っててくれる、飲みもの持ってくるから」」

mig.jpg

そう言って部屋を出ていった、まぎれもない彼の声だったのに、
レストランで重ねてしまったお酒の酔いのせいでしょうか、
それとも、その五光星から放たれた怪しげな光のせいだったのでしょうか、
急に、めまいのようなものを感じ、
身体にまとわりついた何本の手に引き下ろされるようにして、
ふらふらと、傍らの趣味の良いソファーに、座り込んでしまった私。

そんな私の身体を包み込むように、
どこからか、彼のものではない、低い響くような声が聞こえてきたのでした。

「あなたとの契りを求める男の祈りをかなえるために、
戻り橋の下で、式神たちと逢わせたのです」

えっ! 式神って、あの陰陽師が使う妖怪? 
あぁ、もしかして、戻り橋の濃い影の中で擦れ違った、あの人たちのこと。

肌触りの良いソファーに寄り掛かるしかなかった私、
その言葉さえ、虚ろな頭の中では、
蕩けるようにしか、聞くことしか出来なかったのでした。


「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

sex_5165-158s.jpg



関連記事
11:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

一条戻り橋3

2018.02.14 (Wed)


1274549630.jpg


「ここも、面白いよね。知ってる?」

幾らもしないうちに着いたのは、あらっ、ここ、晴明神社。
平安時代に活躍した陰陽師、陰陽寮で占いや祭祀を司った人ですよね。
鳥居をくぐると、清明縁の五光星がデザインされた井戸がありました。
洋の東西を問わず使われている、あの魔術の記号、
ペンタグラムとかデビルスターとも言われるものです。

240px-Seimei_Shrine-3500.jpg

学生時代、有職故実の授業の時に、幾らかお勉強をしたことがありましたし、
最近は、夢枕獏先生の作品で、映画にもなってましたよね。

「あなたの専門かもしれないけど、当時の人たちって、占いって大事だったんだね」
「そうですね。方違えなんかも、大切なことだったみたいだし」
「方違えか、今日、あたなとこうして向かう方向って、吉なんだろうか、凶なんだろうか」

二人の向かう方向っていう言葉に、ちょっと、どきってしました。
奥様を亡くした彼と、
そして、夫ではない人と、
こうして寄り添う合う時間を過ごす人妻であるはずの私。
いったい、どこに、向かおうとしていたのでしょうか。
そして、それは、吉なのでしょうか、それとも、凶なのでしょうか。
境内の奥の本殿で手を合わせながら、そんなことを思っていたのでした。

yaku-kyoto-769-01.jpg


北山駅の直ぐ近くの洋食レストラン、京都にお住まいなら、
ご存知の方、多いでしょうね。
私も、叔父さんたちに何度か連れて行っていただいて、
美味しい料理を楽しんだことがありました。

9cf0b760-b6a1-4065-88e2-bbdfe44997b2.jpg

でも、今夜は、予約していただいていたもったいないような個室での、
おまかせのコース料理みたいです。

photo0jpg.jpg

トマトのコンフィのアミューズ ブーシェから始まり、
食前酒はキールをお願いしましたが、美味しかったです。
リキュールとワインのカクテルで、ちょっと、強かったんですけど、
今は、いろいろなこと、忘れたかったのかもしれませんね、
ちょっと、飲み過ぎたみたい。

オードブルは、バプールとコンソメジュレって、よく覚えてるでしょ。
テーブルに置かれていたコース料理のメニュー持って帰ってきて、
今、ここにあるんです。ふふ。

DQzsqZEVAAEY9HI.jpg

食事を終えると、彼、タクシーを呼び、
私、背中を押されるがまま、車中の人になりました。
「すぐ近くなんだ」
どこが?って、そうも思いましたが、
その時には、もう、両側に町家の続く細い石畳の路地に、降り立っていました。

1485744443.jpg





関連記事
08:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)
 | HOME |  NEXT