FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉6

2018.10.17 (Wed)


朝方になって、彼を起こさないように、そっと、床を抜け出すと、
浴衣も着けないまま、テラスの露天風呂に身を浸しましたが、
水音に気づいたんでしょうね、暫くすると、
彼が、笑顔を浮かべながら、湯船に入ってきたのです。

images.jpg

身体の隅々まで知られてはいましたが、
やっぱり恥ずかしくて、背中を向けましたが、後ろからそっと抱き寄せられ、
両の乳房に彼の手のひらが被さってきました。

温かなお湯に浸りながら、身体の中に、淡い桃色の快感が蘇ってきて、
小さな息を吐くと同時に、薄っすらと開いたくちびるに、彼のくちびる、重ねられてきたのです。

いくらの抗いもなく、その舌先を迎えていました。
むしろ、私の方がいくらか息を荒げ、求めていたのかもしれません。
お互いの舌を絡め合い、温かなお湯の中で、今は、彼のものである乳房を好きに揉まれ、
そんな時間を、私の方から、求めていたのかもしれません。

それは、もう、身体を繋げ合い、彼のしるしを幾度も注がれたのだから、
仕方のないことだったのかもしれなかったし、
その時は、私の身体も、そして、こころも、はっきりと、彼のものだったのかもしれませんね。

onsen_6701-099s.jpg

この日に帰れると思っていましたが、明日まで、二泊で予約してあることを知らされましが、
そのことは、嫌じゃなかったし、彼がそう決めているのなら、仕方がないとも思えました。

お部屋で、朝ご飯を済ませると、
頼んであったタクシーで、山城温泉郷を観光に連れて行ってくれましたよ。
魯山人先生ゆかりの展示館や、九谷焼の窯元など、何度か来たことがあったところもあったけど、
この時は、やっぱり、特別な時間でした。

お昼は、腰の強い、真っ白なお蕎麦をいただきました。
運転の心配がないからって、Nさん、お酒を飲まれ、私も、ご相伴させられましたが、
久し振りの日本酒、美味しかったですね。

午後過ぎに宿に戻ると、Nさん、暫くお昼寝するって、自分のお部屋に、
私も部屋に戻ると、一人でお風呂、頂きました。
そこは、今朝、Nさんに抱き寄せられながら、くちびるを重ね合ったところだったけど、
今は、山城温泉街を眺めながら、ひとりで、ゆっくりとお湯を使いました。

bathroom_6086-006s.jpg

どうして、私はここにいるのでしょうか。
夫ではない男の人と、その大切な夫のいる街から、こんなにも遠いこの場所で、
なぜ、こうして、お湯に浸っているのでしょうか。
けれど、湯殿から上がって、鏡の前で綺麗にお化粧をし直すのは、
今ここにいない夫のためではなく、紛れもなくNさんのために他ならなかったんです。

暫くして、床の間にある、インターフォンの淡い緑色のランプが光ると、
それは、昨日と同じような時間が流れ始めるサインだと、
私、諦めたように、そっと、目を閉じたのでした。


関連記事
13:55  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

山城温泉5

2018.10.10 (Wed)


「もう、お願い、かんにんして」

数え切れないほど、悦びの頂に昇り詰めました。
どうか、なってしまうかもしれないって、そうも思えるほどでした。

身体の相性って、あるんでしょうね、
もう、無理だって思っても、改めて身体を繋ぎ合うと、
それまで以上に、目もくらむような悦びを感じさせられていたんです。

pakopako_sex_6828-026s.jpg


「月に一度は、こうして逢いたいね」


身体を揺すられ、舌先を絡め合いながら、そう、言われました。
息も絶え絶えに、彼の逞しい腰の動きに太ももを開かれ、
恥毛を絡ませ合いながら、それでも、彼の背中を両手で引き寄せながら、
また、襲ってくるだろう悦びの予感を感じている時でした。

そんなこと、できるはずもないのに、しちゃいけないのに、
そう、思いながらも、こうして、彼から教えられた身体の悦びから、
逃れられるのか、自分でも不安さえ感じ始めていたのです。

「あなたの、愛人にしてください」

もしかしたら、そう、言ってしまったかもしれません。

夫には内緒で、いえ、もしかしたら、夫にも公認のうちに、
定期的に、喜んで彼に抱かれるために、逢瀬を重ねるような関係になってしまう、
そうなるかもしれない、そう、思えたんです。

少しずつ、動きの速くなった彼の腰を、迎えるように両手で引き寄せ、
近づいてきた桃色の頂を、身体の望むがままに迎えようとしていたのでした。

sex_5741-125s.jpg

午後に、一度、私の中に済ませてたけど、
夜、永い時間、私のこと、抱いていたせいでしょうね、
Nさん、いつになく、堪え性をなくしていました。

覆い被さったまま、重なり合ったお互いの胸の隙間から、差し込んできた手のひらで、
私の乳房の柔らかさを楽しみ、腫れるほど吸い続きけていたくちびる、
唾液の滴らせながら重ね、息遣いを荒くし始めていたのです。

「たくさん、あげるから」

耳たぶを甘噛みされながら、熱い息遣いの中でそう言われた私、
人妻でありながら、夫ではない彼の首に両手を絡め、
私、覚悟を決めたような大きな息をひとつすると、驚いたことに、そっと、二度、頷いていました。

そして、その瞬間を思い浮かべながら、ふたりが、一緒に悦びの瞬間を合わせられるように、
腰、浮き上がるように擦りつけてしまっていたのです。

sex_5741-052s.jpg

彼の曇った唸り声と、それまで以上に力の感じられた、私を抱きしめていた腕が、
その時を告げていました。
私の身体の一番奥に、膨れ上がった彼の男の人のものが、
彼のしるしである熱い精液、脈を打って注ぎ入れ出したのです。
そして、それにに誘われるようにして、私の肉壁が、そんな彼のものを、
上手に絞り出していることがわかると、
泣き声を聞かせた私、目も眩むような悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

rich_sex_6734-027s.jpg



何も身に着けない姿のまま、彼の胸に抱き寄せられ、その夜を過ごしました。

茜色の淡い灯りが、裸のふたりを照らしていて、
時折り、思い出したように、彼の慣れた手の平が、
私の、さらさらとした肌触りの乳房、そっと触れていたんです。

昨夜のことを、思い出していました。
おびただしい液を注ぎ入れられ、麻痺の治まらない私から、身体を離そうとした彼、
なぜだか私、その背中に廻していた両手に力を込めて、息を荒げながら抱き寄せていました。

まだ、身体の中で繋がっている彼のもの、離したくなかったんでしょうね。

夫との間に赤ちゃんが欲しかった新婚のころ、大切な男の人のしるし、一滴残らず欲しくて、
両膝を胸に付くほど折り曲げられ、繋がったその姿のまま、
ずっと抱いてもらうこと夫にお願いしたこと、よくありました。

溢れるほど注がれた、大好きな夫の温かな液が、
身体の一番奥の、更に深いところにまで伝い流れることを感じながら、
それは、涙の出るような幸せを感じた時間だったんです。


自分の身体から、離れようとした彼を、思わず抱き寄せてしまった私、
その時の私にとって、夫以上に、離れられない大切な人だったのかもしれませんね。

berochu_5205-064s.jpg

「ああん」

硬さを失わない彼のものが、ヒクついてただろう私の秘唇からそっと抜かれると、
小さな艶めかしい声を漏らしましたが、
彼の手、ゆっくりと私の白い太もも、開いたんです。

身体を走る麻痺に震えながら、顔を上げると、両膝の僅かな隙間の向こう側に、
携帯電話を持って、私の両足の間を覗き込んでいる彼が見え、
その途端、もう一度、全身を襲った、
自分ではどうしようもない、悦びの名残の麻痺、
同時に、薄っすらと開いていただろう、恥ずかしい秘唇から、
納めきれなかった、今しがた彼から注がれた、塊のような男の人の精液が、
どろりと、伝い流れ、後ろの方にまで、つうって流れ落ちたのが感じられました。

mashiro_sae_7411-012s.jpg

気持ちのおもむくがままに、私と身体を繋ぎ合い、男のしるしたっぷりと注ぎ、
その証を、今、目の前にした彼。

いつまでも鳴り続ける、携帯電話のシャッターの音、
私は、潤ませた目を閉じながら、我慢して聞くしか無かったのです。


関連記事
13:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

山城温泉4

2018.09.30 (Sun)


一緒にって言われ、
今しがた注がれた彼のしるし、太ももに滴らせ、そんな、ふらつく身体を支えられるようにして、
ベランダにある木製の湯船に身を浸しました。
周りを木製の目隠しが囲んでいて、人目の心配はなく、
それでいて、こちらからは、戸張が包み始めていた街の様子、
伺うことができるように工夫してあったのです。

images.jpg

幾らかのぬめりのあるお湯を、胸元に掛けると、
思いもかけず、そこに淡いくちびるの跡を見つけ、
あって、小さな声を漏らしていました。
悦びの頂に仰け反ったとき、彼が吸ったものでしょうか、
夫が見つけたら、どう、思うのかしら。

「これが消える前に、また、愛し合おうね」

後ろから回してきた両手で、私のたわわな乳房を楽しみながら、
熱い息の中で、彼、そう言ったのでした。

cf148b24-s.jpg

お夕食は、Nさんのお部屋に準備してありました。
日本海の食材を使ったもので、私には珍しいものではありませんでしたが、
能登鶏の竜田揚げや治部煮、それに、のど黒の塩焼きなど、
それに、素敵な器も、Nさんに喜んでもらって良かったですよ。

ただ、詳しいお料理の説明をしてしまうと、
彼と私の関係、仲居さんに勘繰られてしまいそうだったので、
黙って、聞いてたんです。

353a2e3256c7c0b527fba58d0aeaa515.jpg

食事の片付けが終わるまで、暫く、街中をお散歩しましたが、
途中、暗がりの公園の、更に、木立の中で、浴衣の重ねの間に引かされた手のひらに握らされたのは、
さっき、一度済ませているはずなのに、驚くほど熱い、彼のものでした。

「君のうなじ見てたら、ほらっ」

そんな、恥ずかしいことを聞かされながら、
手のひらに包んだもの、溜息を漏らしながら、ゆっくりと、動かしてしまっていたのです。
持ち上がるように、硬くなりだした彼のもの、
その熱さを感じながら、女としての身体が、受け入れる用意を始めていたのかもしれません。

KMQ94_plan_20171209012100882_1_original.jpg

彼の舌先に誘われるがまま、二度、悦びに昇り詰めること、正直に告げていました。
心ならずも、夫ではない男の人に、身体を開いてしまっていたのに、
Nさんとの逢瀬を、断ってほしいって願ったはずなのに、
夫のこと、こころの中に、僅かも思い受かべませんでした。

0257.jpg

そんな、私の震えの治まらない身体の上に、彼が跨ってきて、ベッドの宮台に両手を突くと、
自分の恐ろしく太いもので、私の喘ぐくちびるを押し開き、ゆっくりと腰を振り始めましたが、
それは、地中海旅行で、彼で初めて身体を繋ぎあった後、
名残の液を滴らせながら、私のお口を犯し続けた時のことを思い出させました。

それに、あの時は、そんな居たたまれない姿、
旦那さんを呼んで、見てもらおうかって、そんな恐ろしいことも、言われたのです。
それは、夫ではないNさんに身体を開き、数え切れないほど悦びの叫び声を上げさせられながら、
とうとう、彼のおびただしい男の人のしるしを注がれ、
そして、朦朧としたまま、名残の液を吸いたてている、恥ずかしい人妻の姿だったのです。

12c92dea.jpg

彼の見下ろすままに、太腿が広げられ、今しがたまま、私のお口を楽しんだ濡れた男の人のもの、
幾度も私の秘唇をなぞり、桃色の細い声をあげさせられました。
もう、何の必要もないほど濡れていた私、ふたりのおびただしい愛液が、
恥ずかしい音を聞かせていたんです。

missionary_position_5262-049s.jpg

「欲しいんだろう」
「もう、かんにんして」
「こんなに濡れてる」
「いやぁ」

彼のものが、私の肉壁を押し開きながら、
少しずつ、進み、戻り、そして、また、進み、
とうとう、太く長いものを、
すっかりと身体の奥にまで納めたことがわかったのと同時に、
恐ろしいような鋭い悦びが、身体を走り、
声にならない声をあげ、仰け反ったたわわな乳房に、
尖った乳首を甘噛みした彼のくちびるを感じ、
更に、重ねるように甘い声、漏らしていたんです。

resize_img (4)

「何度抱いても、素敵だ」

自分の男の人のもので、求めた女性の身体と繋がり合い、そして、相手に悦びの声をあげさせる。
男の人にとって、やっぱり、至福の瞬間なんでしょうね。

くちびるを寄せられても、抗えませんでした。
身体を繋ぎ合う以上に、くちびるを重ね合うことの方が、
こころのつながりを認めることに他ならないのに、
自分の身体と繋がったままの彼のものが、どくっどくって脈打つのを感じながら、
正直な自分の肉壁が、それに応えるように締まるのも、もう、仕方のないことだと思え、
滑り込んできた彼の舌先に、自分のものを絡めてしまっていたのでした。

rich_sex_6734-002s.jpg

背中を舐めまわす、唾液に濡れた熱い舌を感じると、
後ろから腰を抱き寄せられ、私のものとの位置を探っていた彼のものが、
それまで以上に、深いところまで、突き入れられ、
私、喉を反らせて、動物のような、ふしだらな声をあげるしかありませんでした。

24135-690x900.jpg


下から突き上げるような腰、たわわな乳房、持ち上げられるように揉み続けられ、
否応なく与えられ続けられる快感に、
左右に髪を振り乱しながら、泣き声を上げながら、
自分の身体を、彼が満足してくれるまで、待つしかなかったのです。

間違うことなく自分のものにして、乱れる女の人の姿、やっぱり、残しておきたいんでしょうね。
彼、そんな、私の恥ずかしい様子を見下ろしながら、
ベッドサイドに置いていた携帯電話、何度も、手にしていました。

「僕のもの、ほらっ、全部、咥え込んでるよ」
それは、彼に跨って、下から突き上げられる腰の動きに上手に合わせていた時も、
ふたりの性器が、しっかりと繋がったところ、覗きこむように、携帯電話寄せていたのです。

rich_sex_6734-016s.jpg


関連記事
10:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME |  NEXT